箱○が好きじゃけぇの

わしゃ箱○(Xbox360とXbox One)が好きなんよ。じゃけぇ、箱○ソフトについて書いとる。割合は少ないけど箱○以外も書いとるけぇね!(箱○ソフトのレビューがメインじゃけぇ)

モンスターハンター4

『モンスターハンター4』をプレイした。

(←画像をクリックすると公式サイトに飛べます)

タイトルから解る通り『モンスターハンター』シリーズ。


概要
ハクスラ系ハンティングアクション。


ストーリー
団長の所持しているアイテムの謎を解け。



美点
美点は本作から高低差の概念が導入され戦闘の幅が広がった部分に尽きる。高低差の概念は安置を無くし、常に変化する戦場をどう対応するかが求められる。今までであれば平面から地形考慮はほぼ必要無く、モンスターの動きのみに注目しておけば良かったが、今回はそこに地形が加わっているのだから、前作で登場したモンスターと言えど気が抜けない。故に新たな最適解を模索する必要がありトライ&エラーを楽しめる。それでいてモンスターの素材は確率で出現するので中毒性が当然高い。UIも改良が加えられており、弓であればクリティカルヒットが良く解り、オプションの細かい設定も可能になった。ソフトも進化していると言える。クドクド書くよりも、実際にプレイしてもらい新要素を楽しんで貰った方が早い。極太なハンティングアクションを是非ご堪能あれ。

欠点
弓でのタイプ1操作での背後カメラワークが最悪。カメラが移動する間に棒立ちになりとてもではないが使用できない。『MHF』では既に実装されている、「全てのアイテムをアイテムBOXに送る」が未だに使えない。どうせ大抵の戦利品はBOXに送るのだからこれぐらいつけても良いだろう。



相性
シリーズ好きにお勧めかと言えば実はそうでもない。高低差の概念がかなり変化をもたらしており、合わない方には本当に合わない。従来の攻略法では微妙に段差にひっかかったり、上手く攻撃が当たらなかったりと、ストレスが溜まることも多い。新要素で購入を躊躇されている方は、一度購入された方に触らせてもらうと良いだろう。ネットでマルチプレイができるので、普段会えない方には本当にお勧め。一方で野良はマナーが悪い人も多いので耐性が無い人は注意。


時間
時間は、飽きるまで。エンディングまではメインクエストをクリアして24時間前後。



個人的感想
弓強えぇええええ。今まではX軸のみの射撃で物足りなかったけど、今作はY軸エイムが必要な箇所も多く、狙いをつけるのが楽しい楽しい。それでいて、弓の新要素「剛射」が実に素晴らしい。「剛射」は単純に言えば2回攻撃なのだけど、クリティカル距離での2回攻撃はDPSが跳ね上がると同時に毒などの属性値が乗り上げるので、拡散弓で撃てば即座に状態異常にできるし、狂竜ウィルスがこちらの強化にしかならない点は流石。今作に最適化された操作方法も素晴らしい。Rでの射撃は指も疲れないし、常時エイムモードはまさに狩人で本当に狙っている気がして良いね。あとはやっぱり従来の攻略法が通用しない箇所が多いのも新鮮で良かったかな。モンスターが進化してる感じがした。進化がコンセプトだけありこちら(プレイヤー)も適応進化するのが良いね。いやぁ、本当、良いソフト。沢山売れる理由が解る。
[ 2013/09/18 00:00 ] レビュー 任天堂系 | TB(0) | CM(0)

The Wonderful 101

『The Wonderful 101(ザ ワンダフル ワンオーワン)』をプレイした。

(←画像をクリックすると公式サイトに飛べます)


概要
極太集団アクション


ストーリー
異星人の魔の手から地球を救え!出動せよ101!



美点
パッケからは想像もつかないアクション性とWiiUパッドを用いたタッチ操作が秀逸なソフト。本作はヒーロー物だけあり、各キャラに特色がある。それをタッチパネル操作により適宜変更することで、柔軟に対応可能な戦術を構築可能だ。『大神』をプレイされた方には、あの筆システムで遊ぶヒーロー物と説明すると解りやすい。それでいて、アクション性も高く、連打ゴリ押しではクリアできず、トライ&エラーを積み重ねることで見えてくる攻略性は流石、プラチナゲームズと言える。ステージ毎の攻略法や敵キャラの数も多く、常に最適解を考えさせられることになるだろう。アクションゲームが好きなユーザーにはツボを突いたソフト。コミカルでありながらもきっちりアクションが加味されたソフトを是非ご堪能あれ。


欠点
タッチパネルの認識が多少甘い。キャラが多すぎてゴチャゴチャしている。次の目的地が若干わかりにくい。



相性
難易度もそれなりに高く、ある程度のゲーマー向け。プラチナゲームズ製作のアクションが好きな方であれば存分に楽しめるだろう。『大神』の筆システムをWiiUパッドで遊びたい方にもお勧め。世界観はお約束のヒーロー物なのでその手の作品が好きな人にも合う。


時間
プレイ時間は10時間前後。(未クリア)



個人的感想
良い意味で期待を裏切られたソフト。難しさと攻略の楽しさを詰め込んでいる。アクションに関しては定評のあるプラチナゲームズだけはあるなぁと。ストーリーのノリもベタベタで良い感じ。ただ…長時間プレイはきっつい。『GOD HAND』の頃は、ボス戦に数時間かけてもクリアしようとする気概はあったけど、本作はWiiUパッドが重いこともあり、一度休むとプレイするのが億劫な。勿論、WiiUプロコンでもプレイ可能なのだけど、こちらを使用すると、線を描くのが難しくて中々成功しない。軽さを選ぶか重さを選ぶか悩ましい。とは言え、ゲームとしては素晴らしい出来なので、プラチナゲームズが嫌いでなければ是非遊んでほしい作品。
[ 2013/08/25 16:36 ] レビュー 任天堂系 | TB(0) | CM(0)

LEGO CITY UNDERCOVER

『LEGO CITY UNDERCOVER(レゴシティ アンダーカバー)』をプレイした。

(←画像をクリックすると公式サイトに飛べます)

タイトルから解る通り『LEGO』シリーズ。


概要
箱庭レゴ


ストーリー
脱獄犯を捕まえろ!

71k2LT65spL_AA1280_.jpg

美点
本作は組立玩具であるレゴの要素がゲームにマッチしており、分解→組立のプロセスが楽しい。謎解きもレゴを組み立てて突破し、時には数万ブロックを使用して新たなレゴを組立てるなどレゴの使い方が実にレゴらしく、改めてレゴの凄さを実感できるだろう。無論、車両、建物だけでなく主人公も好きにカスタマイズ可能だ。自分だけのレゴを追求できると言える。それでいて、箱庭ゲーとしてもよくできており、職業を変化させながらの攻略の柔軟性はお使いになりがちな箱庭ゲーにスパイスを加えている。ゲームパッドとの相性も良く、WiiU独得のプレイも可能。また、値段も安価であり、コンプを目指すとなるとかなりの時間を要し、やり込み要素、コスパ的にも文句なしだ。


欠点
ロードが長い。ミッション中に中断する(電源を落とす)と警察署からのスタートとなり、目的地に行くまでが非常に手間(ミッションは一気にクリアすることをお勧めする)。箱庭ならではの理不尽なハマりあり。

71dDAbGQ0ZL_AA1274_.jpg

相性
レゴの要素から子供向けと思われそうであるが、実は大人向け。映画『ショーシャンクの空に』や映画『マトリックス』のネタなどもあり、有名な映画を鑑賞された方にこそ楽しめる作品。ストーリーやジョークもベタベタなので、海外映画が好きな方にもお勧め。箱庭ゲー好きにもお勧めできる。


時間
メインストーリーだけを進めていけば12時間前後。

71bejDqtM0L_AA1280_.jpg

個人的感想
レゴのシリーズは結構プレイしていたけど、本作はまた違った味わいがあって楽しめた。レゴならではの破壊からの創造は中々に面白い。コテコテの展開だけに、ストーリーはオチが読めてしまうけど、B級映画を見ているようで、それはそれで良いなぁと。WiiUはゲームパッドならではの楽しみ方があるのが良いよね。
[ 2013/07/26 20:57 ] レビュー 任天堂系 | TB(0) | CM(0)

スーパーロボット大戦UX

『スーパーロボット大戦UX』をプレイした。

(←画像をクリックすると公式サイトに飛べます)

タイトルから解る通り『スーパーロボット大戦』シリーズ。

(先に謝っておきます。当方、『スパロボ』シリーズはウィンキー製しかプレイしたことがないのでレビューが偏っているかもしれません)


概要
群像劇SLG


ストーリー
集え!



美点
本作はロボット大戦シリーズらしく群像劇SLGだ。自分の好きなキャラで物語を楽しめば良い。この辺はアニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』シリーズに通じる部分があり、登場キャラも豊富だ。故に、SLG部分では死にキャラがいない。どんなキャラであろうと改造、強化していけば戦えるのだ。これはファンにとっては嬉しい仕様だろう。それでいて、物語が破綻しておらず、収束する点は素晴らしい。最適運用を模索するソフトではなく、物語とSLG性を楽しむソフトなのでSLGが苦手な方にもお勧めだ。UI部分も高速スキップや恒例のソフトリセット、キャラ毎の音楽が設定されており文句無しだ。

さて、少し話しは逸れるが、本作の魅力としてやたらとパロディが多い点も挙げられる。キャラの台詞の所々に、他の作品のネタが込められていたり、戦闘シーンがまんま時代劇『必殺仕事人』であったりと妙に笑えるシーンが多い。(笑えた部分は下記の個人的感想にて)


欠点
女性のボイスが割れている。(高い音が割れる)誤字脱字が多い。



相性
自分の好きなキャラがいれば楽しめる。敗北条件を満たしても経験値などは引き継いでやり直せるので、SLGが苦手な方にもお勧め。逆に、最適運用を求めて、何度もトライ&エラーを重ねるようなSLGを求めている方には向かない。『スパロボF完結編』辺りの難易度を求めている方は別のソフト推奨。

時間
時間は、1周して50時間前後。



個人的感想
15年ぐらい前(『第4次スパロボ』の頃)はアニメを見ていたので、参戦作品もほとんど知っていて発売を楽しみにしていたシリーズだけど、アニメを見なくなると同時に興味も薄れていったシリーズ。今回も元ネタがゲームの『デモンベイン』や『フェイイェン』は解ったけど、他はさっぱり。そのためか、キャラに愛着は沸かないが物語は存分に楽しめた。原作展開を知らないから、次に何が起こるか解らずワクワクしながらプレイできたのは良かったなぁと。キャラがあっさり死んでしまうと、運用方針を転換させられるので、これまた良いスパイス。やたらと多いパロディも良かったなぁ。「コービィ…お前、運がなかったな…」の台詞を見た際には『エリア88』を思い出してしまった。懐かしいネタ。主人公達が『必殺仕事人』のネタを出してくるのも懐かしくてねぇ。OPの歌詞だったり、必殺シーンの再現だったりと妙にニヤニヤしてしまう。最強技は主水の殺陣だよね。久々のSLGだったけど存分に楽しめた。クリアに50時間近くかかるとは思わなかったよ。
[ 2013/07/20 19:39 ] レビュー 任天堂系 | TB(0) | CM(0)

ピクミン3

『ピクミン3』をプレイした。

(←画像をクリックすると公式サイトに飛べます)

タイトルから解る通り『ピクミン』シリーズ。


概要
ピクミンで遊ぶRTS


ストーリー
食糧資源を確保しろ!



美点
不思議な生物「ピクミン」を操作して、食料を確保しつつ、任務を果たすソフト。愛らしいピクミン達は色により特性が異なり、その特性を考慮して運用しなければならない。ピクミン達の得意分野を活かした開拓は冒険心をくすぐられ、あっさり原生生物に食べられてしまう生物界の掟に哀愁を感じ、何度も挑戦することで巨大生物を倒した際の達成感は病み付きとRTSの楽しさを存分に詰め込んでいる。手詰まりと感じても咄嗟の閃きで打開できるバランスも素晴らしい。これだけであれば、パズルゲーでしかないのだが、食料問題が時間制限に繋がっており、最適化のためのトライ&エラーの楽しさも含まれている点も好評価だ。リトライを閲覧しながら反省し、過去に戻れる仕様はリプレイ性が高くRTSは敷居が高いと思われている方に是非遊んでほしいソフト。


欠点
UIが洗練されていない。特に空中戦などは操作ミスが増える。リモコンやWiiUコントローラーでのプレイを想定しているため、しょうがない部分ではある。



相性
『ピクミン』シリーズが好きな方、RTSは敷居が高いと思われている方にお勧め。可愛らしいキャラ好きにも合う。一方で、RTSはキーボードをピアノの如く叩くぜ!みたいな方には合わなさすぎる。ピクミン(パッケのキャラ)が可愛くないと思う方にもお勧めしない。


時間
全食糧資源を集めて15時間前後。



個人的感想
マルチタスクが苦手なので、結構苦戦した。色違いのピクミンが足りずに何度も同じ場所に足を運んだり、うっかり溺れさせたりとどうにもRTSは苦手だ。操作も慣れず、思い通りに運用できなかったのも原因かなぁ。オレの相性はともかく、ゲームとしてみれば、本当に良いソフト。プレイする度に効率化を実感できて楽しめる希有なソフトかなぁ。パズルゲー好きな方にも合いそう。可愛いね、ピクミン。
[ 2013/07/14 19:04 ] レビュー 任天堂系 | TB(0) | CM(0)
プロフィール



コアプレイヤー。クリア後、もしくはクソゲーと判断後に即売却する派。

所持ハードは
・ゲーミングPC
・XboxOne(北米版)
・WP7(IS12T)
・WP8(NOKIA Lumia 930)
・Android(302SH)
・New 3DS LL
・Nintendo Switch

ソフトは楽しめればジャンル不問、同人ソフト、外国産ソフト、大人向けソフト、女性向けソフトなども偏見無しにプレイ。トラウマがあるので、オンライン対戦はしない。

プレイ後、理系のレポートのようなレビューを書いています。

ゲームとは直接関係ないですが、『トランスフォーマー』シリーズ大好きです。特にG1。

当ブログはリンクフリーです。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
購入予定ソフト(6/16更新)
自分用の購入予定ソフト一覧。
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。
マークは海外での発売日です。
のマークがついているソフトは
18歳未満購入不可能ソフトです。
18歳未満は閲覧しないで下さい。


11/10 Tyranny
てぃらーに


6/22 アライアンス・アライブ
アラアラ


6/29 ラジアントヒストリア
パーフェクトクロノジー


7/21 スプラトゥーン2
イカ


8/29MARIO+RABBIDS
KINGDOM BATTLE


9/28 OCCULTIC;NINE
xbox iconオカルト


10/27 マリオ オデッセイ
スーパー


11/7 XboxOne X
xbox iconハード


11/7 Crackdown 3
xbox iconクラックダウン


2/27 Far Cry 5
xbox iconファークライ
クラウドファンディング
自分が出資したソフトまとめ
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。

Pillars of Eternity
出資日:2012/10/8
出資額:$140
発売日:2015/3/26

Project Phoenix
出資日:2013/9/4
出資額:$120

Mighty No. 9
出資日:2013/9/2
出資額:$60
発売日:2016/6/21

Bloodstained: Ritual of the Night
出資日:2015/5/13
出資額:$120

Tokyo Dark
出資日:2015/5/30
出資額:$15

マイクラサーバー
出資日:2015/8/19
出資額:2000円
発売日:失念

Divinity: Original Sin 2
出資日:2015/8/28
出資額:$26
発売日:2016/9/16

PILLARS OF ETERNITY II
出資日:2017/2/21
出資額:$45
発売日: