Shadow Tactics: Blades of the Shogun メモ1

わしゃ箱○(Xbox360とXbox One)が好きなんよ。じゃけぇ、箱○ソフトについて書いとる。割合は少ないけど箱○以外も書いとるけぇね!(箱○ソフトのレビューがメインじゃけぇ)

Shadow Tactics: Blades of the Shogun メモ1

『Shadow Tactics: Blades of the Shogun』の箱1版の実績解除用の個人的メモ。

恐らく箱1で発売される来年の春には殆ど忘れているので、書き留めておく。


ステージ1 大阪攻城戦



バッジはステージクリア後に確認可能になるが、箱1でプレイする際には恐らく、バッジ全解除実績があると思われるので最初からバッジ条件を確認しておき、効率的に解除を目指す。

上の三つのバッジはクリア後に解除される。同時進行も可能だが、難易度と手間を考えると別々に解除していくほうが効率が良い。最初は「誰も殺さない」を目指す。下のバッジは任務中に解除でき1度だけ解除すれば解除扱いになる。(ロード後でも解除された状態)

最初に操作可能なキャラは忍者のハヤト。
・足が速く、鍵縄を使え、死体を持ち上げて移動できる。
・手裏剣で遠距離からの暗殺が可能。(侍には効かない)
・敵の視界を一時的にそらす石投げもできる。

まずは


(↑画像をクリックすると拡大。以下同じ)

ここまで道なりに進める。忍者刀から素手に変更し、敵を気絶させ先に進む。




上から敵が視線をそらしたスキに進む。下はタイムロス。




先に進むと、見張り二人。石投げのチュートリアル。特筆すべき点は無いが、「茂みに触れない」バッジ解除のため、ここで茂みに触れないように注意。




ここで手裏剣を使用可能になるが、使用すると殺害してしまうので、石投げで視線をそらし、気絶させて木桶へ隠す。SSでは「死体を隠す」になっているが、死体でも気絶でも死体を隠す表示になる。また、木桶や井戸に気絶した敵を隠すと気絶からの復活もなく、永遠に見つからないので、積極的に隠して行く。(隠す実績もあるので)屋内は復活したりするので、気絶マークが消えるかどうか要確認。1人は確実に隠せる?2人以降は駄目っぽい?全部井戸に放り込んできたので未確認。殺さずに復活させず、敵を隠したいなら井戸へ放り込む。

もう一人の敵を隠したら、仕掛を起動させムゲンに交代。

侍のムゲン
鎧を着ているので移動は遅い。
酒を投げて敵をおびき寄せることができる。(侍、編み笠兵には効かない)
風斬りで範囲内の敵を同時に殺害可能。殺害のみで気絶はできない。(侍には効かない)
死体を同時に2体まで担げて走れる。死体を持っている時の方が移動が早い気がする。
体力が一番高いが、白兵戦は稀なのであまり関係ない。


門をくぐり、敵を酒でおびき寄せ気絶させる。

ハヤトに交代して、セーブ。(セーブ1




画像では範囲円が表示されていないが、石投げで3人同時に気を引くことができる。
ここで「ハヤトの石投げで一度に3人の敵の気を引く」を解除。
敵が石に気を取られている隙にムゲンの風斬りで3人同時に殺害。
「3人の敵をムゲンの風切りで殺す」を解除。

セーブ1を読み込む。

もう一度、ハヤトで気をそらし、ムゲンで大砲を使用する。この時に敵が死んでしまうが、「誰も殺さない」には引っかからないので問題なし。(移動時に茂みに触れないように注意。石そらしは時間が長いので焦らず行く)

ムゲンとハヤトが合流するので、もう一度セーブ(セーブ2

ここからはハヤトをメインに操作していく。

まずは、指示に従い上へと登り下記画像の屋根まで行く。




ここが鬼門。左の敵を石投げでそらしつつ、右の敵が真ん中の敵のほうを向いた瞬間に門をくぐり茂みに隠れなければならない。慣れない内は、ムゲンの酒で釣ったりしながら敵の数を減らして行くと良い。とにかく、タイミングを合わせて門をくぐる。門をくぐった後は、見つからない様に上記画像から見て右へ行き、ツタを登り、茂みに隠れながら編み笠兵のところまで行く。(茂みバッジは解除できなくなるが後からやり直すので問題無し。同時進行は骨が折れる)




ここまでくれば、門をくぐるだけでイベントが発生し、ムゲンとハヤトが合流しつつ、門の中へ入れる。




右の建物から敵の後方へと回り込み、ハヤトで上二人の敵を気絶させる。ハヤトで気絶させたら、ムゲンを火薬樽の近くへと移動させる。ハヤトも合流し、石投げなどで気をそらして敵を気絶させていく。

全員気絶させたらセーブ。(セーブ3

ハヤトでタクマの所まで登れば(「じいさん」のSteam実績解除)

火薬樽を少し移動させ、気絶している敵も火薬樽の近くへ運ぶ。




画像の位置ぐらいであればタクマの射線が通る。火薬樽を射撃して気絶した3人を同時に殺害。
「樽を爆発させて3人の敵を殺す」のバッジを取得。




タクマで赤線の女性を殺害する。SSには名前が表示されていないが、開発者の名前がつけられた敵なので殺しておかないと実績解除ができない。

もう1つの火薬樽をムゲンに持たせて、それをタクマで射撃。(「早すぎる」のSteam実績解除)

セーブ3を読み込む。


火薬樽は普通に運搬すると敵に見つかるので、一度茂みに放り込む。




ムゲンで巡回兵の視線を回避しつつ、樽まで移動し、屋根へと移動させていく。敵の死角を確認しながら移動すればムゲンだけで最後まで行ける。樽を放り投げたらタクマで射撃してステージクリア。

これで、「誰も殺さない」、「警報を鳴らさせない」、「タクマで誰も射撃しない」のバッジを獲得。
(警報を鳴らされた場合は、見つかっていないセーブからやり直し)

次のステージに進んだ後、セーブ2を読み込む。

「茂みに触れない」バッジを獲得しにいく。

問題なのは




ここだけ。今度は敵を殺せるので門をくぐる前にあらかた片付けておく。画面中央の敵と右側の敵には手裏剣も酒も届かないので、タイミングを計り、中央を手裏剣で、右側を忍者刀で殺害する。タイミングが少しシビアだが、慣れればできるのでクイックセーブ&ロードを駆使して頑張る。後は殺害しながら進んでいけばOK。タクマの射撃も使いたい放題なので特に難しい点もない。

ハードは敵に見つかる時間が早くなった程度なので、確実に敵を殺しながら進んでいけば簡単にクリアできると思われる。

タイムアタックは、上記の殺害しないルートの内容を通してプレイできるようになれば、大丈夫。ただし、ロードしても時間は経過しているので、数回ミスったら最初からやり直した方が良い。

まとめ
殺さないプレイ1週
茂みに触れないプレイ1週
ハード1週
タイムアタック1週

計4週

ステージ2へ続く。
スポンサーサイト
[ 2016/12/17 21:12 ] 雑記 Xbox以外 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール



コアプレイヤー。クリア後、もしくはクソゲーと判断後に即売却する派。

所持ハードは
・ゲーミングPC
・XboxOne(北米版)
・WP7(IS12T)
・WP8(NOKIA Lumia 930)
・Android(302SH)
・New 3DS LL
・Nintendo Switch

ソフトは楽しめればジャンル不問、同人ソフト、外国産ソフト、大人向けソフト、女性向けソフトなども偏見無しにプレイ。トラウマがあるので、オンライン対戦はしない。

プレイ後、理系のレポートのようなレビューを書いています。

ゲームとは直接関係ないですが、『トランスフォーマー』シリーズ大好きです。特にG1。

当ブログはリンクフリーです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
購入予定ソフト(11/15更新)
自分用の購入予定ソフト一覧。
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。
マークは海外での発売日です。
のマークがついているソフトは
18歳未満購入不可能ソフトです。
18歳未満は閲覧しないで下さい。


11/10 Tyranny
てぃらーに


12/1 ゼノブレイド2
ゼノ


2/22 ランス10
決戦


3/1 Far Cry 5
xbox iconファークライ
クラウドファンディング
自分が出資したソフトまとめ
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。

Pillars of Eternity
出資日:2012/10/8
出資額:$140
発売日:2015/3/26

Project Phoenix
出資日:2013/9/4
出資額:$120
発売日:

Mighty No. 9
出資日:2013/9/2
出資額:$60
発売日:2016/6/21

Bloodstained: Ritual of the Night
出資日:2015/5/13
出資額:$120
発売日:

Tokyo Dark
出資日:2015/5/30
出資額:$15
発売日:2017/9/7

マイクラサーバー
出資日:2015/8/19
出資額:2000円
発売日:失念

Divinity: Original Sin 2
出資日:2015/8/28
出資額:$26
発売日:2017/9/14

PILLARS OF ETERNITY II
出資日:2017/2/21
出資額:$45
発売日: