箱○が好きじゃけぇの

わしゃ箱○(Xbox360とXbox One)が好きなんよ。じゃけぇ、箱○ソフトについて書いとる。割合は少ないけど箱○以外も書いとるけぇね!(箱○ソフトのレビューがメインじゃけぇ)

DARK SOULS Ⅲ

『DARK SOULS Ⅲ(ダークソウル)』をプレイした。
(←画像をクリックすると公式サイトに飛べます)

タイトルから解る通り『DARK SOULS』シリーズ。

前々作のレビューはこちら。前作のレビューはこちら


概要
ダークなスルメゲー

ストーリー
薪の王を殺せ!



美点
本作は、極太なスルメゲーだ。中身はアクションRPG。特筆すべきはその難易度であろう。初見殺しは言うに及ばず、落下死、事故死なども当然。雑魚敵すらも気を抜けない強さであり、数え切れないほど死ぬ。しかし、その死ぬ過程の中でプレイヤーの技量は成長していき、ついには、自分なりの最適解を見つけるまでに至る。最初こそ、あまりにも固く、歯が立たないスルメを連想させるのだが、何度も何度も挑戦することにより、スルメが柔らかくなるかの如く、ゲームの攻略が可能だ。その美味しさを実感すれば、病み付きになること間違い無し。世界観と相まりダークなスルメゲーと呼ぶに相応しい。自分の技量の向上、最適解の模索と楽しめる要素はゲームとしての真骨頂だ。マゾゲーと言い換えても良いだろう。理不尽ではない難しさ故に病み付きになるのだ。また、前作と異なり敵の沸きが制限されておらず、何度でも倒せる点は難易度の向上と時間をかければクリア可能なゲームバランスを両立させている。また、本作から独特の戦技が追加されており、武器に個性が出ている点も高評価だ。大剣から繰り出す強攻撃はリスクはあるものの一気に戦局を変化させたりと実に面白い。技のリソース管理も本作への味付けとしては素晴らしい。自分だけのロールプレイを楽しんでもらいたい。初代既プレイヤーにはあの懐かしいステージが!!

欠点
シームレスゆえに読み込みは無いがフレームレートの低下が見受けられる。描画が多くなればなるほど顕著であり、もう少しどうにかならなかったのかと思う。ストーリーはあってないようなもの。



相性
初代に回帰した作品。そのため前作が楽しめた方よりは初代が好きな方に合う。初見殺しは多数あるが、理不尽なアクションを求められたりすることもないので、じっくり腰を据えてプレイしたい人にはお勧め。歯ごたえを求める人にも良いだろう。死に覚えゲーが嫌いな方には向かない。


実績と時間
実績は、クリアして450前後。相変わらず収集実績などが多いので、コンプを狙う方は攻略情報が出てからのほうが無難。
時間は、だらだら探索して40時間前後。



個人的感想
実に面白かった。プレイできる日はどっぷりプレイしてクリアした。実績解除目当てではないが、もう少しストレスが少ない環境でプレイしたかったので、PC版も購入することにした。久々に攻略していて楽しいソフトだった。何度も何度も挑戦して自分なりの最適解を見つけ出すプロセスが実に楽しい。理不尽な作りでであれば早々に投げて売るが、この辺がちゃんと作り込まれているのだから、流石なシリーズだと思う。久々にお勧めなアクションゲーム。合う方はどっぷりプレイしてみてほしい。
スポンサーサイト
[ 2016/03/31 22:51 ] レビュー XboxOne | TB(0) | CM(0)

DARK SOULS Ⅲ 届いたよ

久々に新作です。



画像ブレブレですね。

大抵のゲームは三作目が名作と言われることが多いので、今作はかなり期待できそうです。
[ 2016/03/24 09:30 ] 雑記 Xbox | TB(0) | CM(0)

ブログ更新できていません・・・XBOXとPCの統合?

最近、全くブログが更新できていません。箱のソフトが発売されていないこともありますが、当方、季節性の自営業でしてこの時期は確定申告やら新規注文にてんてんこまいです。

応援メッセージを頂いたにも関わらず、すぐに返信できず、本当申し訳ないです。


ブログの更新は4月からはなんとか・・・(お店ネタはネタがなさ過ぎて・・・)


箱ネタと言えば、この前の発表で、win10とXboxの統合化みたいな話が出ていて非常に興味をそそりました。

以前、MSが箱を売っている目的を書いていますが、それがいよいよ実現できそうです。『クォンタムブレイク』が良い例で、箱版を購入するとPC版がついてきます。逆はないので、PCユーザーが箱に触れる動機にもなったりします。スペックの高い、PCで良いじゃないかと思われる方も多いと思いますが、CSとPCでは結構違いがあります。

自分は今でこそ「箱○が好きじゃけぇの」と言っていますが、その前は生粋のPCユーザーでして、90年代後半~00年代前半のPCゲーはほぼプレイしています。その時、感じていたのが、PCゲーはスペックに左右されすぎるため、投資が馬鹿にならないということです。

今でこそPCのスペックは頭打ちで、どの価格帯を購入しても大差ありませんが、当時は5万円のPCと20万円のPCではかなりスペック差があり、その差がゲームにも如実に表れていました。オフラインであればフレームレートの低下やグラフィックの劣化で済みますが、オンラインであればそれにプラスして、ラグなども発生しており、FPSやTPSなどでは、ラグを見越した上でのエイムが当然のような時代でした。

それらの要因から、PCゲーの敷居は高く、安易に他人にゲームを勧められる環境ではありませんでした。おまけに、スペックを満たしていても相性の問題で動かないソフトは一定量存在し、確実に動くかどうか不明な物にお金を出させるのは、本当に難しかったのです。ただ、ソフトの賞味期限が長かったのも事実です。仮に1995年のゲームであっても今でもちゃんと動作します。XP対応であっても、動かせるように、ソフトの賞味期限は素晴らしく長いのです。


さて、一方でCSですが、これは基本的プラットフォームの型番が異なってもソフトは動きます。これはPCからすればとてつもなく素晴らしいことで、ソフト購入への敷居をかなり下げていました。おまけにPCゲーの天敵であるチーターが少ないこも要因でした。また、プレイ人口の多さから、対戦相手に困らないのも良かったですね。

PCゲーはゲームによっては海外時間でプレイしなくてはなりませんでした。ただし、欠点として、互換性の無さがあります。多少は互換性のある物もありましたが、不完全であり、当時のゲーム資産が引き継げないことは大幅なマイナスです。上記で言えばソフトやハードの賞味期限が短いのです。


これらの時代背景から望まれていたのは、統合プラットフォームです。PC並のソフト互換性を持ち、簡単に拡張可能であり、尚かつ多くのプレイヤーを抱える媒体。まさに夢の環境です。いよいよ、それが現実の物として見えてきたのが、今回のPCとXBOXの統合だと思います。発表会で語っていましたが、ユニバーサルプラットフォームでの運用が見えてきた感じです。ようは、PCとXBOXの良いとこ取りで、XBOX ONEを拡張することで、新しいゲームに対応させつつ、PCゲー並の賞味期限を保持しながら、ゲームを楽しんでもらおうということです。

「古い型のXBOX ONEでも動くけど、新しいXBOX ONEでもゲームが動くよ」
「今まで購入したソフトも遊べるから気が向いたら落として遊んでね」
「今までの資産が無駄にならないよ」
「PCとXBOXの開発環境は似てるので、どちらでも売れるよ」

みたいな感じです。現時点では、まだ夢物語ですが、それでも一歩前進したことには違いないと思います。箱1に箱○の互換が来ているので、この先は面白いことなりそうです。

一方で、任天堂ですが、次世代機の『NX』がハイブリット構想になっています。携帯機と据置機で交互に補完しあうみたいです。もう、プラットフォームを世代毎に変える時代ではないのかもしれません。型番の差こそあれ、常に何処かで動くのであれば、ずっと遊べます。

15年後ぐらいに、子供に「お父さんは、当時どんなゲームで遊んでいたの?」と聞かれ、その場で起動して一緒に遊ぶ未来もありそうですね。自分の購入したソフトがずっとライブラリーに残り続けるのは、嬉しいものです。
[ 2016/03/10 21:32 ] 雑記 Xbox | TB(0) | CM(0)
プロフィール



コアプレイヤー。クリア後、もしくはクソゲーと判断後に即売却する派。

所持ハードは
・ゲーミングPC
・XboxOne(北米版)
・WP7(IS12T)
・WP8(NOKIA Lumia 930)
・Android(302SH)
・New 3DS LL
・Nintendo Switch

ソフトは楽しめればジャンル不問、同人ソフト、外国産ソフト、大人向けソフト、女性向けソフトなども偏見無しにプレイ。トラウマがあるので、オンライン対戦はしない。

プレイ後、理系のレポートのようなレビューを書いています。

ゲームとは直接関係ないですが、『トランスフォーマー』シリーズ大好きです。特にG1。

当ブログはリンクフリーです。

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
購入予定ソフト(3/11更新)
自分用の購入予定ソフト一覧。
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。
マークは海外での発売日です。
のマークがついているソフトは
18歳未満購入不可能ソフトです。
18歳未満は閲覧しないで下さい。


11/10 Tyranny
てぃらーに


3/21 Mass Effect
Andromeda


4/20 ファイアーエムブレム
もうひとりの英雄王


5/27 天結いCマイスター
エウシュリー第18弾


6/22 アライアンス・アライブ
アラアラ
クラウドファンディング
自分が出資したソフトまとめ
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。

Pillars of Eternity
出資日:2012/10/8
出資額:$140
発売日:2015/3/26

Project Phoenix
出資日:2013/9/4
出資額:$120

Mighty No. 9
出資日:2013/9/2
出資額:$60
発売日:2016/6/21

Bloodstained: Ritual of the Night
出資日:2015/5/13
出資額:$120

Tokyo Dark
出資日:2015/5/30
出資額:$15

マイクラサーバー
出資日:2015/8/19
出資額:2000円
発売日:失念

Divinity: Original Sin 2
出資日:2015/8/28
出資額:$26
発売日:2016/9/16

PILLARS OF ETERNITY II
出資日:2017/2/21
出資額:$45
発売日: