箱○が好きじゃけぇの

わしゃ箱○(Xbox360とXbox One)が好きなんよ。じゃけぇ、箱○ソフトについて書いとる。割合は少ないけど箱○以外も書いとるけぇね!(箱○ソフトのレビューがメインじゃけぇ)

Spec Ops: The Line

『Spec Ops: The Line(スペックオプス ザ ライン)』をプレイした。

(←画像をクリックすると公式サイトに飛べます)


概要
戦場の選択ドバイTPS


ストーリー
救出任務


美点
中身は本当に無難なTPSで特筆すべき点もない。カバーアクションを始めとするTPSに必要な要素は満たしており、良くも悪くも無難な仕上がりになっている。別TPSとの相違点を上げるとすれば、戦争時の選択を迫られることだろう。任務を優先するのか?民間人を救うのか?そんな選択を何度も迫られることになる。これがストーリーとリンクしており、戦場に飲まれながら壊れていく人間性を垣間見られるだろう。それぞれの任務を帯びたキャラ達の織りなすストーリーは廃退的なドバイと合わさり格別な物になっている。選択を迫られるドバイTPS。まさにこれに尽きる。


欠点
リスタートの長さ。難易度が高いと死ぬ回数が劇的に増加するのだが、リスタートが長いせいで非常にテンポが悪くなっている。FPSやTPSにおいてこれはかなりの欠点であり、本当にどうにかすべきだろう。この欠点が無ければ、UI以外は特に気になる箇所もない。


相性
Z指定の通り、爆散表現、残酷な処刑、焼却などがあるので、この手のゴア表現が苦手な方にはお勧めしない。他にも精神的に来る部分もあるので、これまたお勧めできない。TPSの中でもかなり人を選ぶ作品と言えよう。リスタートの長さにめげず、ドバイを渡り歩いてみたい方にだけお勧めしておく。『Gears of War 2』や『Fable Ⅲ』が楽しめた方なら相性が良さそうなソフト。


実績と時間
クリア時間は、8時間前後。
実績は、クリアして300前後だが、900までは簡単に伸ばせる。


個人的感想
ストーリーが実に良い。最初は映画『地獄の黙示録』を連想していたのだけど、まさか、ああなって、こうなるとは思ってもいなかったので驚いた。TPSしているよりはストーリーを見ているほうが楽しめるかも知れないソフト。
スポンサーサイト
[ 2012/08/31 00:00 ] レビュー Xbox360 | TB(0) | CM(2)

スペックオプスとデビルサマナー届いたよ



スペックオプスは、ドバイが舞台ですね。ドバイ!ドバイ!

デビルサマナーは、セガサターン以来なので、物凄く久しぶりです。内容を殆ど覚えていないので、心機一転して楽しめそうです。
[ 2012/08/30 11:30 ] 雑記 Xbox | TB(0) | CM(0)

Transformers: Fall of Cybertron

『Transformers: Fall of Cybertron(トランスフォーマー フォール オブ サイバトロン)』をプレイした。

(←画像をクリックすると公式サイトに飛べます)

タイトルから解ると通り『Transformers: War For Cybertorn』の続編
(前作もレビューしていますので興味を持たれた方はこちらからどうぞ)

表記については、原題表記にしています。(例:コンボイ司令官→オプティマス・プライム)


概要
更にトランスフォーマーファン向けになったTPS


ストーリー
戦え!トランスフォーマー


美点
本作は相変わらずサイバトロン星で戦争を繰り広げているオートボットとディセプティコンの群像劇。各陣営のキャラを操作しながらそれぞれの目的をこなすことなる。前作同様、TPSに変形を組み込み、トランスフォーマーらしいゲームに仕上がっている。普段はロボットモードで戦うが、敵に距離を開けられた瞬間にトランスフォームしてビークルモードで一気に距離を詰めたり、崖から落ちた瞬間にトランスフォームして奇襲をかけたりと、アニメや映画さながらに動ける。前作ではどちらかと言うと固い感じの操作性であったが本作はUIを突き詰めており、流れるような動作が可能となり、さらにトランスフォーマーらしく戦える。ギミックも凝っており、ファンには堪らないだろう。勿論、トランスフォーマーシリーズ恒例の様式美も当然加えられてる。

スタースクリーム「メガトロンは死んだ!オレ様がニューリーダーだ!」

ナレーション(正宗)「本当にメガトロンは死んだのか?!」

メガトロン「この愚か者めが!」

グリムロック「オレ、グリムロック!悪い奴叩きつぶす!」

リジェ「潜入調査なら私にお任せを!」

オプティマス「私に良い考えがある!」(←今回は無いよ)

そして、エンディングには『ザ・ムービー』で流れたあの名曲が!!

ファンディスクではあるのだが、中身は丁寧に作り込まれたTPSであり、マルチプレイ、エスカレーション共に備わっており、値段相応に遊べるだろう。


欠点
特になし。粗を探しても見つからないほど丁寧に作られたTPS。強いて挙げるなら、処理が多くなるとフリーズする可能性があるぐらいか?1度だけ遭遇。ファンのひいき目があるにしても、ここまで欠点が無いソフトも珍しい。キャラ選択ができなくなったのは、人によっては欠点かもしれない。


相性
前作を楽しまれ方、CGアニメ『トランスフォーマー プライム』を楽しんでいる方、『トランスフォーマー』シリーズが好きな方には文句無しにお勧めだ!サイバトロン戦争を堪能して貰いたい。勿論、TPSが好きな方にもお勧めできる。中身は全て英語だが、マーカーが出るので英語が読めなくてもクリアは可能。読めると更に楽しめる。ロボットが嫌いな方にはお勧めしない。


実績と時間
クリア時間は、14時間前後。
実績は、解除を狙わなければ200程度。狙って500前後。(下記に簡単な解説を書いています)


個人的感想
トランスフォーマーファンとしては、やっぱり楽しめたソフト。メトロフレックスやグリムロックが戦ってくれるのは良かったし、メガトロンがスタースクリームをお仕置きするのも楽しめた。サウンドウェーブの有能さも良い!アークやネメシスもちゃんと登場する辺りにくい演出だなぁと。マルチも充実しているので、そっちが好きな人は存分に楽しめそう。


動画



実績解除
本来ならば、実績wikiを編集するべきですが、どうしても中途半端になるので、自分が解除した実績だけ解説します。

・The Last Stand
チャプター2中盤で味方がリーパーに襲われるので、3人目がやられる前に倒す。2人目がやられた後に背を向けるので、ノズル(?)部分に打ち込んで倒す。強力な武器を使用すると確実。事前にセーブが入るのでミスったらリスタート。

・Carnage in C-Major
メトロフレックスの砲撃で敵を5体倒す。固まっている場所を狙うと成功しやすい。

・Invisibility Spray
アイアンハイドのスニーク能力を駆使しながら発見されることなくレバーまで進めば解除。実績に関係する場面は、2体のディセプティコンが「ショックウェーブならあーだ、ショックウェーブならこーだ」と喋っている場面から。見つからなければ良いので、無理に倒す必要はない。

・Target Master 2.0
スナイパーが飛んでいるところを、こちらもスナイパーライフルで撃ち落とす。ライフルは事前に拾える。スナイパーの数が多いのでそんなに難しい実績ではないと思う。

・Car Wash of Doom
ホーミングマインが味方に当たる前に全て破壊すれば解除。1発目は勝手に壊れるので2発目から壊していく。最後は猶予が余りないので、出現場所を覚えてから撃つほうが良いかもしれない。ミスったらリスタート。成功していれば、チェックポイント前に解除される。

・Club Con!
まず、後部の車輪を破壊する。すると空からグレネードを撒く敵が出現するので、そいつが空中にいる間に轢く。着地の瞬間を狙うか、坂を利用して空中で当てると良い。運が悪いと何度もやり直すことになるので、めげずに頑張ろう。

・Fusilateral Quintrocombiner
ブルーティカスでパイプを破壊する。どのパイプかイマイチ解りにくいので、ブルーティカスになった後は全て近接攻撃だけしていれば確実。

・I, Robot Master
スタースクリームの映像と銅像を2体破壊する。映像は見れば解るので片っ端から壊す。特に隠されてもいないので素直に破壊していこう。銅像は脱出時に1つ。スタースクリームの後ろ側が1つ壊せる。他の銅像は壊せないので注意。

・The Harder They Die
ホバースラムアタック1回で5体同時に敵を倒す。終盤の防衛戦でアホみたいに敵が沸くのでそこで解除すると良い。

・Internal Affairs!
敵に見つからないように全ての端末をハッキングする。ハッキングすると残り1/5のように表示されるので、解りやすい。敵に発見されると端末が起動させられてしまうので、発見されないように立ち回ろう。ハッキング後であれば、セントリーが味方になってくれるので発見されても問題無い。

・Slap the Grimlock
後半にリーパーが出現する。空中にいる間にシェル(赤い爆発物)を当てる。数が多いので適当に投げていても解除される。

恒例のチャプター中になになにしろの実績の解除方法です。参考になれば幸いです。
[ 2012/08/28 00:00 ] レビュー Xbox360 | TB(0) | CM(2)

The Witcher 2

『The Witcher 2(ウイッチャー)』をプレイした。

(←画像をクリックすると公式サイトに飛べます)

タイトルから解る通り、PCゲー『The Witcher 2』の箱○移植版で『The Witcher』の続編。


概要
重厚感のあるファンタジーRPG


ストーリー
暗殺者を捜せ!


美点
本作は、ウイッチャーと呼ばれる主人公が政治や陰謀に巻き込まれながら、各地を放浪するRPGだ。これだけでは、普通のファンタジーRPGと大差無いのだが、本作は大人向けの重厚感と奥の深いストーリーが混じり合い、壮大な物語の1編となっており、原作小説をそのままゲームに落とし込んでいる。本作の魅力は上記の2点なのだが、RPGとしてみても、良質な仕上がりになっており、キャラを鍛える楽しさ、スキルの取捨選択、マルチエンディングとプレイヤーを引き込む要素は多い。特に事前準備が楽しいのだ。剣にオイルを塗って攻撃力を高めたり、薬を飲んで耐久力を上げたりとやることは地味なのだが、そこに重厚感が合わさっており、戦場に赴く男の仕草が垣間見え、何とも言えない高揚感を醸し出す。これは堪らない人には堪らない演出だろう。PC版ではこの重厚感が重みになりUIはお世辞にも素晴らしいと言えるものではなく、ストレスが鬱積していたが、箱○版では箱○コントローラーに最適化されて操作性が上がると共に、煩わしい演出などもカットされているため、非常にスピーディに物語を楽しむことができる。これは素晴らしい配慮と言えよう。良移植のお手本のようなソフトである。コンシューマー移植に先立ち、エロシーンとゴア表現はカットされているが、中身を楽しむには問題ない。ローカライズも上手く、表示文字まで選べる配慮は流石スパイクだ!


欠点
欠点らしい欠点は、PC版のパッチで潰されており、エンハンスエディションと言うこともあり、ほぼ無い。強いて挙げるなら、ミニマップが上手く表示されなかったり、キャラがあり得ない位置に移動してしまう現象が起こるぐらいだ。ミニマップはロードすれば直り、キャラ移動もハマることはないので問題はないであろう。1ヶ所謎解きが英語の謎解きになっており、日本人には直感的に解りにくい部分があるので、そこだけは注意してもらいたい。


相性
『The Witcher』や原作小説を楽しめた方には、文句無しでお勧めできる反面、前作未プレイの方や、PCゲーに詳しく無い方には本当進めにくい作品になっている。重厚感と鈍重さは紙一重であり、一歩間違えればかったいるだけのソフトになってしまう。『Dragon Age: Origins』が楽しめた方にはお勧めできる。


時間と実績
プレイ時間は、全クエストをこなして36時間前後。
実績は、ルート次第だがクリアして500前後。


個人的感想
『The Witcher』シリーズはPC版で1時間程度プレイしたが、あまりの鈍重さにぶん投げた。箱○に最適化しようとも、大差はないだろうなぁと思っていたが、蓋を開けてみれば、まさかの良ゲー。よくぞ、移植+ローカライズしてくれたと思えるようなソフト。時間を忘れてどっぷりプレイしたよ。UIが変わるだけでここまで楽しめるのかと。濃いめのRPGをプレイしてみたい方には是非、手に取ってほしい。


動画
[ 2012/08/27 00:00 ] レビュー Xbox360 | TB(0) | CM(-)

象牙のサイコロ その2

その1の続きです。


オレ「ダイスできたよー」

A「おお、模様が綺麗じゃね」

オレ「中々良いじゃろ。じゃ、これ宜しく」

請求書:90000円 ダイス3つ分(材料費、加工費込み)

A「は?」

オレ「3つで90000円になった」

A「ちょ、ちょっと待ってや、そんなん払えんよ」

オレ「ほんならこっちで」

請求書:75000円 ダイス3つ分(材料費として)

A「ごめん、無理」

オレ「おいおい、ふざけたことぬかすなや。作ろうって言ったのそっちじゃろうが」

A「いや、その、本当に作れると思ってなくて」

オレ「そりゃ筋が通るまぁが、2つはわしがTRPG用に作ったことにしても、1つは購入してもらわんと」

A「いくら?」

オレ「材料費だけでええけ、25000円」

A「本当ごめん!無理」

オレ「しょうがないのう。特別損失に計上しとく。ほんで、真面目な話、幾らなら買えるんよ?」

A「材料費、加工費込みで1個10000円なら」

オレ「解った。ほんなら、ツテあたってみるわ」



お店のご協力もあり、今回は1.9cmで9000円です。



ネットで象牙サイコロの通販ページを探してみましたが、こちらでも9000円ですので、価格的には、この辺りで落ち着くと思います。

ちょっと、変わったダイスでTRPGをプレイされてみたい方に象牙ダイスはお勧めです。(試し振りしてみましたが、偏った印象は受けませんでした。ダメージロールにも問題無く使用できるかと思います。また、象牙特有の音色が綺麗です)
[ 2012/08/26 10:14 ] 雑記 Xbox以外 | TB(0) | CM(0)
プロフィール



コアプレイヤー。クリア後、もしくはクソゲーと判断後に即売却する派。

所持ハードは
・ゲーミングPC
・XboxOne(北米版)
・WP7(IS12T)
・WP8(NOKIA Lumia 930)
・Android(302SH)
・New 3DS LL
・Nintendo Switch

ソフトは楽しめればジャンル不問、同人ソフト、外国産ソフト、大人向けソフト、女性向けソフトなども偏見無しにプレイ。トラウマがあるので、オンライン対戦はしない。

プレイ後、理系のレポートのようなレビューを書いています。

ゲームとは直接関係ないですが、『トランスフォーマー』シリーズ大好きです。特にG1。

当ブログはリンクフリーです。

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
購入予定ソフト(7/13更新)
自分用の購入予定ソフト一覧。
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。
マークは海外での発売日です。
のマークがついているソフトは
18歳未満購入不可能ソフトです。
18歳未満は閲覧しないで下さい。


11/10 Tyranny
てぃらーに


7/21 スプラトゥーン2
イカ


8/29MARIO+RABBIDS
KINGDOM BATTLE


9/28 OCCULTIC;NINE
xbox iconオカルト


10/26 真・女神転生
icon_3ds.gifDEEP


10/27 マリオ オデッセイ
スーパー


11/3 Call of Duty
xbox iconWWⅡ


11/7 XboxOne X
xbox iconハード


11/7 Crackdown 3
xbox iconクラックダウン


2/27 Far Cry 5
xbox iconファークライ
クラウドファンディング
自分が出資したソフトまとめ
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。

Pillars of Eternity
出資日:2012/10/8
出資額:$140
発売日:2015/3/26

Project Phoenix
出資日:2013/9/4
出資額:$120

Mighty No. 9
出資日:2013/9/2
出資額:$60
発売日:2016/6/21

Bloodstained: Ritual of the Night
出資日:2015/5/13
出資額:$120

Tokyo Dark
出資日:2015/5/30
出資額:$15

マイクラサーバー
出資日:2015/8/19
出資額:2000円
発売日:失念

Divinity: Original Sin 2
出資日:2015/8/28
出資額:$26
発売日:2016/9/16

PILLARS OF ETERNITY II
出資日:2017/2/21
出資額:$45
発売日: