箱○が好きじゃけぇの

わしゃ箱○(Xbox360とXbox One)が好きなんよ。じゃけぇ、箱○ソフトについて書いとる。割合は少ないけど箱○以外も書いとるけぇね!(箱○ソフトのレビューがメインじゃけぇ)

Dungeon Siege Ⅲ

『Dungeon Siege Ⅲ(ダンジョンシージ)』をプレイした。

(←画像をクリックすると公式サイトに飛べます)

一言で表すなら「アクション性が強くなったハック&スラッシュ」

タイトルから解る通り『Dungeon Siege』の続編。


従来の『Dungeon Siege』は本当にハック&スラッシュ(以下、ハクスラ)で、ソロでプレイしても、皆とワイワイプレイしても楽しく、非常に遊び応えのあるソフトではあったが、PC版しか発売されておらず、敷居の高いソフトであった。今作はコンシューマー機に移行し、操作性もコントローラーに最適化されていて非常に遊びやすい。また、ハクスラの醍醐味である装備ドロップや豊富なサブクエストも継承されており、この辺は期待を裏切らないでき。開発が素材を上手く調理することに定評のあるObsidianだけはある。ハクスラの場合、同じ動作を繰り返すためマンネリ化しやすく、途中で飽きてしまいそうになるのだが、今作はそこにアクション要素を加え、メリハリのある内容に仕上がっている。ハクスラでありながら回避すらも可能なので、戦術性も上がっていると言えるだろう。そして、仲間との旅も楽しく、Co-opの4人プレイは、昔の懐かしさを思い出させてくれる。ハクスラの新しい形とも言えるかもしれない。


欠点は、最悪なカメラワークとセット装備の無さ。カメラワークは本当に酷い。先が見渡せないため、高低差のある場所ではまともな戦闘にすらならない。おかげでゲーム性が非常に悪くなっており、どうしてこんな設定にしたのか不思議でならないほど酷い。また、従来のシリーズでお馴染みのセット装備も無くなっている。セット装備を揃えた後に入手した良装備をどうするかの葛藤が無く、装備は目的の物に変化させるだけで、合理的ではあるが、どこか冷めており、味がない。セット装備ぐらいは実装されても良かったのではないだろうか?繰り返しになるが、本当にカメラワークが酷いので、海外の体験版を遊んで合わなければプレイしないほうが良い。

『Dungeon Siege』シリーズが好きな方、ハクスラが好きな方にはお勧め。逆に好きでなければカメラワークの問題もあり、正直お勧めできない。また、ある程度ハクスラをプレイされた方には、難易度ハードコアがお勧め。ハクスラの基本戦略が通用するので、どっぷり楽しめるだろう。シリーズネタもあるので解る人はニヤニヤできる。


プレイ時間は、ハードコアでクリアして20時間前後。

実績は、クリアして700前後。


個人的感想:久々のハクスラ。ハードコアで丁度良いぐらいの中身。イージーやノーマルだとあっさりクリアできてボリューム不足かも。ラバは出てこない。本当はマルチプレイが楽しいらしいのだけど、プレイしていない。それにしても、『Dungeon Siege』は本当面白かったよなぁ。今でもたまーにプレイしたくなるよ。あ、敵は有限ではないので、その辺はお気にせず。
スポンサーサイト
[ 2011/07/30 14:24 ] レビュー Xbox360 | TB(0) | CM(0)

(ゲーム)The Witcher 2 王の暗殺者

wither.jpg


前作を楽しめた方なら今作も楽しめる。
[ 2011/07/28 12:02 ] レビュー PC・同人 | TB(0) | CM(0)

fantoni ME

『fantoni ME(ファントーニ エムイー)』を購入して時間が経過した。



ワーキングデスク。

主にSOHOで使用されるものだが、個人用としても文句の無い出来。

45°のコンセプトを受け継ぎ、抜群の安定性とデザインに定評がある。W1800×D800×H720mmの大きさ故に、奥行きは利便性に優れている。基本的に何を置いても手元の作業スペースは維持できるため、作業の効率性は基い、拡張性まで保持している。机は面積が広がれば広がるほど安定性に欠けるきらいがあるが、この机はストレート脚の微調整と極太な脚のおかげで、抜群の安定性を誇り、重量80Kgまで耐えられる。大抵の人ならば机上に立つことも可能であり、用途に依れば更なる可能性も。また、ウェンジの木目は傍目にも美しく、眺めるだけでもうっとりとしてしまう。極大サイズの作業台が必要な方には文句無しでお勧めできる。また、オプションパーツも豊富に用意されているため、装着することにより、さらなる進化を遂げることができるだろう。


欠点は、組立てに時間がかかること、値段が高いことだろう。組立ては大人2人がかりでも20分以上かかる上に、少しでも間違えると安定性が欠けてしまう。Garageで購入すれば組立てのオプションサービスがあるので、できればそちらを利用すべきだろう。専門の方達が即座に組み立て、好きな場所に配置してくれる。そして、最も問題なのが値段だろう。発売当初よりは安価ではあるが、それでも9万円近い値段となっている。そのため気軽に勧められる物ではなく、機会があればショールームなどで一度、使い心地を体験してもらいたい。


個人的感想:ワーキングチェア(コンテッサ)を購入したまでは良かったが、あまりにも机とアンバランスなので購入した1品。抜群の安定性と、ワーキングチェアにフィットする大きさは文句無しであった。発売元のGarageでは、ワーキングチェアにアーロンチェアをお勧めしているが、この辺は好みの問題なので、自分の好きなチェアを選べば良いかなと。購入当初は値段の高さに驚いた物だが、数年以上仕様しても色あせない木目、変わらずの安定性と文句無し。今ではL字型に配置するために2台目が欲しいぐらいだ。(ここまで書いてアレだが、ニトリでも良いのではないかなと思う)

Contessa

『Contessa(コンテッサ)』を購入してしばらく時間が経過した。



アーロンチェアと双璧をなす椅子。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場するタイムマシン(デロリアン)をデザインしたジウジアーロのデザインだけあり、後ろから見る曲線美はエロスを感じさせるほどの出来。

ワーキングチェアとしては前傾姿勢用の椅子ではあるが、リクライング用に傾けることも可能。何より、抜群の安定感と日本製故に日本人に適した形の椅子に仕上がっており、大抵の日本人ならば即座に使用可能な点が素晴らしい。椅子の高さも調節可能であり、机に応じて変化させられる。主にメッシュ張りとなっており通気性は抜群に良く、耐久性もある。これは夏場などの蒸れ易い時期に重宝する。肘掛けは角度を調整することで、マウスやキーボードを快適に操作させることもできる。普段は使用しなくても疲れた際に休憩用として使用するのも良いだろう。ヘッドレストは、身長の高い方にはお勧めであるが、無ければ無くても構わない。ヘッドレストがあるとリクライニングの際に便利ではある。腰にも優しい。


欠点としては、冬場の寒さ。メッシュ張りのため、夏場は快適だが、冬場は非常に冷える。こればかりはどうにもならないので、冬場はクッションを引くか、予算が許すのであれば、革張りのコンテッサをお勧めする。また、値段も他のワーキングチェアとは比較にならないほど高く、軽く10万円を超えるため、試座をして、自分に適しているかどうかを見極めてから購入するべきだろう。椅子は長時間使うことを前提にしているため、時間が許すのであれば、数時間程度は試座してもらいたい。


個人的感想:06年に購入したけど、ほぼ1日座って、未だに故障なしと、素晴らしい耐久性。腰に負担のかからない構造のためパソコンでの作業にも適している。当時は高い買物だったけど、今になって思えば充分な値段であったと思う。気軽にお勧めできる値段ではないが、椅子で困っている方には、一度試してもらいたい。

Alice: Madness Returns

『Alice: Madness Returns(アリス マッドネス リターンズ)』をプレイした。

一言で表すなら「不思議の国の雰囲気ゲー」

タイトルからは分かり難いが、『American McGee(邦題:アリスインナイトメア)』の続編。

(不思議の国が一応舞台。絵本は写真を撮るためだけに購入した。クリックすると公式サイトに飛べます)

前作はカルト的人気を誇る作品であったが、劣悪な操作性、初見殺しの多さ、狂っている世界観と、とてもではないが、万人に勧められるものではなく、知る人ぞ知るソフトであった。本作はその続編であり、狂った世界観を継承しつつも、操作性やゲームバランスは今日に合わせて作られている。童話『不思議の国のアリス』、『鏡の国のアリス』の雰囲気に合わせた、武器や敵が登場し、そこへ上手くアクション性が取り入れられている。アリスを操作するアクション部分も、簡単なコンボや、武器の最適運用、パズルと王道部分は抑えており、ステージに応じて難易度が上がる様はアクションゲームらしくて良い。まさに無難なアクションゲームに仕上がっている。

そして何より素晴らしいのが世界観だ。前作も雰囲気を楽しむソフトであったが、今作もやはり雰囲気を楽しむソフトに仕上がっている。ワンダーランドの観光旅行を楽しむ感じでプレイするとより楽しめる。勿論、アリスが巨大化したり、縮んだりとツボは押さえてあるので、原作ファンならニヤニヤできる。また、前作ではMODでしか変更できなかったアリスの衣装も今作では変更可能なので、お気に入りの衣装でプレイするのも良いかもしれない。前作が前作だけに正統進化したソフトと言えるだろう。(前作で不評であった、パズルをスキップできる点も素晴らしい)

欠点は、作り込みの甘さとゲーム性。微妙な段差でひっかかる、回避の使用場所によっては常時浮きっぱなし、たびたび発生する読み込みと、どうしても気になる点が多い。そして、極めつけは、ゲームが面白くないことだろう。上記で誉めておいてアレだが、雰囲気ゲーとしてみれば傑作なのだが、アクションゲームとしてみれば、実に単調で面白くないのだ。

故に、前作のファン、『不思議の国のアリス』を狂った視点で楽しみたい方、変わったソフトを遊んでみたい方にしかお勧めしない。また、難易度もそれなりに高く、前作をクリアできた猛者はともかく、普段からアクション系のソフトを遊ばない方には、敷居が高い。童話と思って侮ると酷い目に合う。ゴア表現もきついので苦手な方は注意。

また、本作には特典として、前作『American McGee』のDLCが収録されているので、前作をプレイしてみたい方は是非。操作性もパッドに最適化されており、そこまで気にはならないだろう。随時セーブ&ロードが可能なので、時間さえかければ誰でもクリア可能でもある。おまけにクリアすると実績100獲得可能。ただ…10年以上前のソフトなので、グラフィックはともかく、ゲームシステムは古くさい。そして、英語版。なので、ストーリーが知りたい方は動画サイトを閲覧してもらいたい。チェシャ猫の渋いローカライズは一見の価値あり。


クリア時間は、全アイテムを収集して18時間前後。

実績は、ある程度狙って800(DLC含まず)


個人的感想:10年前に前作をプレイした時にはグラフィックの素晴らしさと、独特の世界観に驚いた。ローカライズも素晴らしく、名作に見えたのだが…操作性は劣悪。川下りで何度死んだことか。続編が出るとは思いもよらなかったな。今作もやはりゲームとしては面白くないが、雰囲気ゲーとしては最高だなと。また、前作でのネタがちりばめられており、ニヤニヤしてしまう場面も。「あなた前回、頭吹き飛ばされたじゃない」の台詞が出た時には、思わず笑ってしまった。ワンダーランドだけあり、前作で頭が吹き飛んだキャラがちゃんと復活しているのは良いね。味方(中立か?)だったキャラが敵になっているのも、これまた良いなと。前作ほどの人気は出ないだろうけど、今作も好きな人には楽しめそうな。昔は赤と青のCD2枚組だったのが、今では普通にDLCとして収録されているのだから、技術の進歩も凄さを改めて実感させられた。
[ 2011/07/22 18:13 ] レビュー Xbox360 | TB(0) | CM(0)
プロフィール



コアプレイヤー。クリア後、もしくはクソゲーと判断後に即売却する派。

所持ハードは
・ゲーミングPC
・XboxOne(北米版)
・WP7(IS12T)
・WP8(NOKIA Lumia 930)
・Android(302SH)
・New 3DS LL
・Nintendo Switch

ソフトは楽しめればジャンル不問、同人ソフト、外国産ソフト、大人向けソフト、女性向けソフトなども偏見無しにプレイ。トラウマがあるので、オンライン対戦はしない。

プレイ後、理系のレポートのようなレビューを書いています。

ゲームとは直接関係ないですが、『トランスフォーマー』シリーズ大好きです。特にG1。

当ブログはリンクフリーです。

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
購入予定ソフト(3/11更新)
自分用の購入予定ソフト一覧。
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。
マークは海外での発売日です。
のマークがついているソフトは
18歳未満購入不可能ソフトです。
18歳未満は閲覧しないで下さい。


11/10 Tyranny
てぃらーに


3/21 Mass Effect
Andromeda


4/20 ファイアーエムブレム
もうひとりの英雄王


5/27 天結いCマイスター
エウシュリー第18弾


6/22 アライアンス・アライブ
アラアラ
クラウドファンディング
自分が出資したソフトまとめ
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。

Pillars of Eternity
出資日:2012/10/8
出資額:$140
発売日:2015/3/26

Project Phoenix
出資日:2013/9/4
出資額:$120

Mighty No. 9
出資日:2013/9/2
出資額:$60
発売日:2016/6/21

Bloodstained: Ritual of the Night
出資日:2015/5/13
出資額:$120

Tokyo Dark
出資日:2015/5/30
出資額:$15

マイクラサーバー
出資日:2015/8/19
出資額:2000円
発売日:失念

Divinity: Original Sin 2
出資日:2015/8/28
出資額:$26
発売日:2016/9/16

PILLARS OF ETERNITY II
出資日:2017/2/21
出資額:$45
発売日: