箱○が好きじゃけぇの

わしゃ箱○(Xbox360とXbox One)が好きなんよ。じゃけぇ、箱○ソフトについて書いとる。割合は少ないけど箱○以外も書いとるけぇね!(箱○ソフトのレビューがメインじゃけぇ)

Shadow of the Damned 海外版

『Shadow of the Damned(シャドウ オブ ザ ダムド)』をプレイした。

(←画像をクリックすると公式サイトに飛べます)

一言で表すなら「地獄版バイオハザード4」


『バイオハザード4』の開発者である三上氏が関わっている会社が開発しているだけあり、TPSとしての出来は流石の一言。基本は『バイオハザード4』ではあるが、移動しながらのエイムや、クイックターン、横っ飛び回避など、TPSとしての必要な要素を取り入れ、さらに完成度の高い作品に仕上がっている。また、光と闇を使用した戦闘は、戦闘面に別の楽しさを供給しており、武器1つを取っても、扱い方が様々に変化する点は、戦術性が加味され幅が広がっていると言える。この手の追加要素を加えると、既存のシステムが雑になりがちだが、カメラワークやエイムの調整などの基本的な部分は設定可能であり、TPSや『バイオハザード4』をプレイされた方なら難無く操作可能だ。

敵も人間ではなく地獄の骸の設定があり、かなり無茶な表現が施されている。『Dead Space』のような四肢切断、ヘッドショット時の頭部破損。女性でも関係なく頭を吹っ飛ばされる演出など、非常に暴力性の強い物になっており、地獄の凄惨たる状況を如実に実感できる作りは、ある意味素晴らしい。他にも謎解きや横シューティングステージもあり、単純なエイムの腕だけではどうしもようない部分もあり、違った楽しみ方ができる。


ただ、欠点もある。敵への攻撃判定の曖昧さ。敵の足を切断後、踏みつけることにより敵の頭をミンチにできるのだが、攻撃判定が若干甘く、ずれていると、主人公がリロードを行ってしまう。通常時の戦闘ならば大した問題はないが、一刻を争う場面でこれをやってしまうと致命的であり、非常に残念な気持ちになる。扉の開け閉めも同様なことが起こりやすい。随時リロードすることで、この欠点は回避可能ではある。他にも気になる点として、光と闇を使いすぎている点がある。闇を纏った状態の敵は銃が効かないため、一度闇を引きはがしてから戦うことになるのだが、ステージによっては光状態が時限性のため、戦いつつ、光を灯さなくてはならず、テンポが悪く感じられる。勿論、この要素が面白さを醸し出しているのも事実であり、プレイヤーに寄る部分は大きい。気になる人は気になるかもしれない。そして、下位の実績解除できない点。ノーマルの難易度でクリアすれば、ノーマルの実績は解除されるが、イージーの実績は解除されない。即ち、全実績を解除するためには、最低3週必要だ。その上、周回要素がない。周回要素はともかく、実績はなんとかならなかったのだろうか…。


面白さと欠点を兼ね備えたソフト。演出面やシステム面では新たな試みが施されてほり、かなり楽しめるので、『バイオハザード4』や『ヴァンキッシュ』が楽しめた方は是非プレイしてもらいたい。ただ、ローカライズ版はどうなるか不明だが、海外版は、ゴア表現、エロ表現ともにかなりきついので、苦手な方はプレイしないほうが良いと思われる。ステージ型の一本道なので、英語が読めなくてもクリアは可能。


プレイ時間は難易度ノーマルでクリアして8時間前後。

実績はクリアして750前後。


個人的感想:ローカライズ版の発売日が9/22であり、大作TPS『Gears of War 3』と被ってしまったので、海外版を購入。流石海外版だけあり、グロ、エロとも容赦なく表現していて中々好印象。登場人物も基本的に頭のネジが外れた人ばかりなので、見ていて飽きない。恐らく、良い意味のバカゲーなのではないだろうか?パズル部分があるので頭空っぽにしては楽しめないけど。

「笑える人には笑える」
スポンサーサイト
[ 2011/06/29 19:37 ] レビュー Xbox360 | TB(0) | CM(0)

TRANSFORMERS Dark of The Moon

『TRANSFORMERS Dark of The Moon(トランスフォーマー ダークオブザムーン)』をプレイした。

(←クリックすると映画の公式サイトに飛べます)

一言で表すなら「トランスフォーマーファン向けソフト」

タイトルからは分かり難いが、映画『TRANSFORMERS Dark of The Moon』の前日譚にあたる。


トランスフォーマーは、群像劇であり、物によっては他の場所で物語りが進行してしまうことも多々ある。例えば、1作目のアニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』は、アニメ映画『トランスフォーマー ザ・ムービー(以下ムービー)』を経て、アニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010(以下2010)』と時間軸が流れるのだが、何があったのか、日本では肝心の肝心の『ムービー』が放送されなかった。そして、『2010』の放送開始となり、当時の少年達は、いつの間にかコンボイがいなくなりロディマスコンボイが司令官になっており、大いに困惑する。そこで、当時、ファミコンカセットとして発売されたのが、伝説のクソゲー『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー コンボイの謎』である。本来はコンボイがロディマスコンボイに変わったいきさつを説明するための、ゲームであったが、何をどう間違えたのか、説明書に謎の答えが明記されており、最終的に意味不明なソフトに仕上がってしまった。中身についてはあまりにも有名なのここでは割愛する。このように、アニメ以外でも話が進んでしまうため、他の媒体にも手を出さなければトランスフォーマーは理解しにくい物となっている。


上記の例を踏まえると、このゲーム内容が映画『TRANSFORMERS Dark of The Moon』に及ぼす影響は少なからずあるため、映画鑑賞前にプレイされていると、映画が寄り楽しめると思われる。


本作は、映画『Transformers: Revenge of the Fallen』の続きであり、ディセプティコンズの企みを阻止しようとオプティマス・プライム達が奮闘するお話になっている。従来の変形機構を備え、TPSスタイルにより、トランスフォーマーの世界を堪能できる作品に仕上がっている。ゲーム『Transformers: War for Cybertron』をプレイされた方なら、あれと全く同じと言えば早いだろう。(当方、『Transformers: War for Cybertron』のレビューも書いているので、詳細はそちらを参照してもらいたい)故に、ファンディスクであり、それ以上の物ではない。しかし、TPSとしてはそれなりに完成しており、ファンには嬉しいシチュエーション(メガトロンがスタースクリームを可愛がるなど)も盛り込まれており、1週目はニヤニヤしながら楽しめるだろう。個々のトランスフォーマーの特性を活かした戦闘も上手く機能しており、様々なシチュエーションを楽しめるの良い部分だ。

欠点も勿論あり、1つは、リスタート時のローディングの長さ。難易度イージーならばそこまで死なないが、ハードになると、かなりきつく、何度もリスタートすることになるのだが、このローディングが長く、不満が鬱積するだろう。また、時折発生するローディングがテンポを悪くしている。そこまで気になる欠点ではないが、気になる方は注意してもらいたい。

クリア時間は6時間前後。

実績はクリアして500前後。

ファンディスク的位置づけなので、トランスフォーマー(映画版)が好きな方であればそれなりに楽しめる作品である。一方、それ以外の方には、正直、お勧めできる作品ではないので、実績目当てか、映画の前日譚が知りたければプレイしてみるのも良いかもしれない。海外版ソフトだが、目的地マーカーが随時表示されるため、英語が読めなくてもクリアは可能と思われる。

一応、使えるキャラも明記しておきます。

・バンブルビー
・アイアンハイド
・ミラージュ(誰?)
・サウンドウェーブとコンドル
・スタースクリーム
・メガトロン
・オプティマス・プライム

キャラは固定なので、ステージによってはほとんど出番が無く終わります。

「サウンドウェーブがかっこよすぎる!」
[ 2011/06/27 15:29 ] レビュー Xbox360 | TB(0) | CM(0)

Avatar:The Last Airbender The Burning Earth

『Avatar:The Last Airbender The Burning Earth( アバター ザ・ラスト エアベンダー)』をプレイした。



実績解除用ソフトとして見れば文句無しに★5。

5分で1000獲得可能。最近は絶版のためか、値上がりしており、手に入れるまでが実績。

実績好きには堪らないソフト。
[ 2011/06/22 20:17 ] レビュー Xbox360 | TB(0) | CM(0)

(本)僕と彼女のゲーム戦争

同業から「これ良いよ」と勧められたのが『僕と彼女のゲーム戦争』。

hon1.jpg

「ラノベだけど、ゲーム好きには堪らない」とのこと。

ラノベはライトノベルの略で手軽に読める本らしい。当方、ハードボイルド小説しか読まないので、全く縁の無い分野だけど、面白そうなので読んでみた。



数年前まで女子校だった高校に転入した少年、岸嶺健吾。周囲が女子ばかりというハーレム環境にもかかわらず、人づきあいの苦手な彼は、唯一の趣味である読書に没頭し、静かに暮らしていた。しかし、いままで無縁だった部活動に参加することになり、彼の高校生活は波乱万丈なものへと変わっていく……。
彼が入部したのは、現代遊技部-つまりはゲーム部。美人生徒会長や変態教師という心強い(!?)仲間に支えられ、岸嶺は思わぬ才能を発揮するのだった。
平凡だった一人の少年の、刺激的なゲーマー人生が、いま幕を開ける!

と言うのが大まかなストーリー。入部まではよく解らない描写が続くのだが、同業曰く、「ラノベのお約束、気にしなくて良い」とのこと。時折、挿絵もあり、解り易くて良い。

中身は、ゲームを普段プレイしない青年が、ゲームを初めてプレイした際の驚愕、戸惑いなど、読んでいて初々しくなる光景が画かれている。PS3を始め、ファミコン、XBOX360と実機が実名で登場し、解説、プレイ内容の詳細とゲームを知らない方にも楽しめる仕様。

PS3では『アンチャーテッド』をプレイし、その綺麗なグラフィックと映画の並の迫力を伝えており、些細な動きで感嘆する主人公の心境など、古いユーザーが忘れてしまった感動性を演出しているのが素晴らしい。自分もグラフィックの進化で感動した時代があったのだと思い出させてくれる。

話が進み、ファミコンを用いての『スペランカー』の解説となる。そう、あの難ゲー『スペランカー』なのだ。グラフィックは簡易であるが、その簡素さ故にプレイヤーの想像力により、幾らでも世界は広がることを証明している点は賞賛に値する。あのグラフィックだからこそ、想像力を働かせ何度も楽しめたのだ。ここでは、今の完結したグラフィックでは、逆に表現できない部分であり、ホラーの名作『コープスパーティ』などが、何故あそこまで評価されるのかを証明しているかのようだ。ここの描写だけも当時、『スペランカー』をプレイされた方は、何かこみ上げてくるものがあるのではなかろうか。

そして、部活の目的が示され、話は協力型ゲームへと移っていく。Co-op(コープ。協力プレイのこと。生協ではない)を目的として、『Gears of War』が題材になっている。ステージ1が主人公の没入世界で描かれており、当ソフトをプレイされた方ならニヤニヤしながら読めるだろう。(無論、上記2作品も同じ)

最後に、『Gears of War』を用いての対戦が描かれて本作は終わる。特に対戦部分は、作者が何度もプレイしたことが如実に解る描写になっており、ワンマンアーミーぷりも去ることながら、アクティブリロードを失敗して蜂の巣になる描写などは、妙に納得したものだ。実際に対戦すると、面白いぐらいにあり得る話である。最終的にK/Dレシオが19と半端無い数値で終わってしまうのだが、技量と知識の差が大きすぎると当然の結果であろう。FPSやTPSは本当にこういう人が存在するのだから楽しいのだ。蹂躙されるほうは最悪だが…この経験を踏まえて皆上手くなっていく。

1時間ぐらいでサクっと読めるのでゲームが好きな方は1度読んでみても良いかもしれない。お約束のエッチな挿絵もあるので、ツボは押さえてあるらしい…。

久々に、ゲームって良いなぁと思い返させてれる本だった。

「FPSゲーム=ふらっと気を抜くとパーンと撃たれてすぐ死ぬゲームの部分は秀逸。よそ見したらヘッドショットされるんだよね」


個人的感想:本当、昔を思い出させてくれる小説だった。自分も10年前、高校生だった頃は、本当、アホみたいにFPSをプレイしており、500戦ぐらいでK/Dレシオも3を超え、野良サーバーならほぼトップを取れて図に乗っていた。調子に乗って猛者の集う外国人サーバーに突っ込んだらボコボコにされ、悔しかったので、辞書を引きながら外国人に「どうやったらそんなに上手くなるのか?」と聞いたところ「ゲーム上手くなりたきゃ、体鍛えな!今から筋トレだぜ!」の一言を聞き、対戦環境から足を洗ったのは良い思い出。ゲームを上手くなるために体鍛えるなんて、もうなんて言うか、ついていけない。本気でプレイしている人は違うよ。今でも年に60本くらいはソフトを遊んでいるけど、刹那的なプレイが増え、昔みたいに楽しんでプレイすることは無くなってしまった。歳かなぁ。ゲームも色々進化してきましたよね。ゲームには楽しみ方が沢山あるので、ゲームが好きな方には、自分なりの楽しみ方を見つけて、満喫してほしいです。

(ゲーム)海外ゲームのハードル

リージョンフリーなのにアンロック制限にひっかかり、ソフトがプレイできない事態に陥りました。内容が複雑なので、最初に少し解説します。

まず、海外のゲームソフトを遊ぶには4つのハードルを越えなくてはなりません。

・輸入
・リージョン
・アンロック
・語学力


・輸入
海外のソフトなので、まずは、輸入するところから始めます。最近は海外ソフト専門業者などがあるので、基本的にはそこに頼むことなります。最近の円高傾向を踏まえると海外の問屋に頼むほうが安いんですが、トラブルがあるとめんどくさいので、多少割高でも、日本の専門業者に頼むほうが楽です。


・リージョン
地域制限です。国によって、ゲームソフトへの取り組み方は異なります。日本ではエロに比較的寛容ですが、グロには寛容ではありません。逆に、海外ではグロに寛容ですが、エロには厳しいです。そのため、海外のソフトに制限をかけ、日本のゲーム機では動かないようにしていることがあります。これが、リージョンロックと呼ばれるもので、ゲーム機にソフトを入れても起動しません。なので、海外版を購入する際には、どのリージョンで作動するか事前チェックが必要になります。箱○の場合は、北米、欧州、アジアの3地区に別れており、大抵、北米、欧州のソフトは日本の箱○では動作しません。もっぱら、アジア版、香港や台湾向けのソフトを購入して、動かすことになります。PCは大抵リージョンフリーです。PS3は知らん。


・アンロック
マルチランゲージ対応型ソフトに実装されている機能です。海外向けに作られているソフトには、各国に対応した言語が導入されています。プレイできる言語を選べるってことですね。プレイ時に日本語、英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語の選択肢が出たりします。ただ、ゲームソフトは、時差やその国の対応などにより発売日が異なることもあります。今回の例で言えば、『Alice: Madness Returns』は海外では6/14発売ですが、日本では7/21発売となっており、本ソフトにもアンロック制限がかかっており、7/21になるまで、ロックが解除されません。なので、ソフトは手に入るけど、プレイは7/21までお預けってことです。ようは、フラゲすんなってことですね。

え?

どうやってアンロックをかけているのかって?

最近のゲームはIPやOSの言語チェックを行い、自動的に判別しやがります。さらに起動認証キーをネット上から入手する必要があり、とてもではないですが、ごまかすことはできません。仮にプレイ言語に英語を選択しても認証されません。

これは、もっぱらPCソフトに多いです。と言うのも、据置機はリージョンで対策していますが、PCはされていないからです。箱○は無し。PS3はソフトによってはあります。


・語学力
海外ソフトを購入する以上避けられない壁です。英語ならどうにでもなりますが、ソフトによってはロシア語だったりするので、様々な言語に慣れておく必要があります。プレイヤースキルがあれば、言葉なんか解らなくてもクリアできますけどね。


さてさて、今回はと言うと、『Alice: Madness Returns』を注文した所までは良かったのですが、上記のアンロック制限にひっかかってしまった訳です。

ふざけんな!プレイ日記が書きたくて、わざわざ注文した上に、昨日は恥ずかしい想いをしてまで、『不思議の国のアリス』の絵本を購入してきたんだぞ!マジで勘弁してくれ…。

キャンセル扱いになるから、お金は支払わなくても良いけど、損をした気分だな。ソフトは、来月にローカライズ版を購入する。久々に人が死なず、可愛らしいソフトを日記で書けると思ったのに残念だ。『Alice』は『不思議の国のアリス』を元にしたソフトで、不思議の国を救うためにアリスが頑張るお話です。

似合わない?ほっとけ。可愛い物が好きなんだよ。それに、前作もあるんだぜ。発売されたのは10年前だけどね。

んー、箱○のSS撮れるようにしようかなぁ。それなら、わざわざ不安定なPC版を買わなくて良いし、実績も解除されるんだよな。でもPC版は据置に比べると安価な上にMODが入るんだよなー。悩ましいところです。

「海外のソフトには上記のハードルを越えてでもプレイしたくなるソフトがあるんだよな」
[ 2011/06/16 09:48 ] 雑記 Xbox | TB(0) | CM(0)
プロフィール



コアプレイヤー。クリア後、もしくはクソゲーと判断後に即売却する派。

所持ハードは
・ゲーミングPC
・XboxOne(北米版)
・WP7(IS12T)
・WP8(NOKIA Lumia 930)
・Android(302SH)
・New 3DS LL
・Nintendo Switch

ソフトは楽しめればジャンル不問、同人ソフト、外国産ソフト、大人向けソフト、女性向けソフトなども偏見無しにプレイ。トラウマがあるので、オンライン対戦はしない。

プレイ後、理系のレポートのようなレビューを書いています。

ゲームとは直接関係ないですが、『トランスフォーマー』シリーズ大好きです。特にG1。

当ブログはリンクフリーです。

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
購入予定ソフト(6/16更新)
自分用の購入予定ソフト一覧。
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。
マークは海外での発売日です。
のマークがついているソフトは
18歳未満購入不可能ソフトです。
18歳未満は閲覧しないで下さい。


11/10 Tyranny
てぃらーに


6/22 アライアンス・アライブ
アラアラ


6/29 ラジアントヒストリア
パーフェクトクロノジー


7/21 スプラトゥーン2
イカ


8/29MARIO+RABBIDS
KINGDOM BATTLE


9/28 OCCULTIC;NINE
xbox iconオカルト


10/27 マリオ オデッセイ
スーパー


11/7 XboxOne X
xbox iconハード


11/7 Crackdown 3
xbox iconクラックダウン


2/27 Far Cry 5
xbox iconファークライ
クラウドファンディング
自分が出資したソフトまとめ
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。

Pillars of Eternity
出資日:2012/10/8
出資額:$140
発売日:2015/3/26

Project Phoenix
出資日:2013/9/4
出資額:$120

Mighty No. 9
出資日:2013/9/2
出資額:$60
発売日:2016/6/21

Bloodstained: Ritual of the Night
出資日:2015/5/13
出資額:$120

Tokyo Dark
出資日:2015/5/30
出資額:$15

マイクラサーバー
出資日:2015/8/19
出資額:2000円
発売日:失念

Divinity: Original Sin 2
出資日:2015/8/28
出資額:$26
発売日:2016/9/16

PILLARS OF ETERNITY II
出資日:2017/2/21
出資額:$45
発売日: