箱○が好きじゃけぇの

わしゃ箱○(Xbox360とXbox One)が好きなんよ。じゃけぇ、箱○ソフトについて書いとる。割合は少ないけど箱○以外も書いとるけぇね!(箱○ソフトのレビューがメインじゃけぇ)

(ゲーム)Two Worlds II

『Two Worlds II』をプレイした。

tw2.jpg

一言で表すなら『セイクリッド2の3D版』

タイトルから解る通り、『Two Worlds』の続編。


箱庭でRPGを堪能したい方にお勧めなソフト。『セイクリッド』が楽しめた方なら間違いなく楽しめるだろう。裏を返せば、箱庭でのRPGが楽しめない人にはどうしようもない駄作。

インターフェイス周りが悪いことを除けばそれなりなソフト。


個人的感想:フラグ管理ミスのおかげで進行不能になったので止めた。これ系のソフトが好きな人には楽しめると思う。
スポンサーサイト
[ 2011/02/17 19:42 ] レビュー Xbox360 | TB(0) | CM(0)

(ゲーム)円卓の生徒

『円卓の生徒』をプレイした。

entaku.jpg

一言で表すなら「硬派なダンジョンRPG」

タイトルから解る通り、PC版『円卓の生徒』のCS移植版


エクスペリエンス(元チームムラマサ)が開発したダンジョンRPG。元の開発会社名「ムラマサ」(ムラマサはウィザードリィに登場する最強の武器)の名の通り、WizライクなダンジョンRPGに仕上がっている。そのためシステムはシビアな部類に入る。ストーリーに重きをおいたRPGであれば、苦戦しない場面でもダンジョンRPGであれば平気で苦戦してしまうバランスが非常に秀逸であり、プレイしごたえのあるソフトだ。レベルを上げるだけではどうにもならない部分も多々あり、それをどう攻略するか?プレイヤーの運の良さすらも絡む行動にどう対処するか?それを個々に最適化して攻略しつつ、ランダムドロップされる装備を収拾して自キャラを強化していく様はまさにダンジョンRPGの真骨頂であり、相当に面白い。

全てをプレイヤーが作成するダンジョンRPGとは異なり、最初からある程度作られているが、それは、本作がダンジョンRPGの敷居を下げるために行われていることであり、そこはキャラの魅力してみてもらいたい。ダンジョンRPGに定評のあるメーカーだけあり作り込みも素晴らしく、時間を忘れて遊べるソフトに仕上がっている。基本的にダンジョンRPG未プレイ者向きの難易度のため、同社製作の「G-XHT」より数段易しく、そちらを期待している人は肩透かしをくらうが、それでもダンジョンRPGの楽しさは満喫できるだろう。値段も他ソフトより安い点も評価できる。

PC版で何度もヴァージョンアップを繰り返しているため、バグや欠点らしい欠点は皆無だが、1つだけ問題がある。移植に伴い、ワイド表示なった影響か、非常に文字が見難い。テレビのサイズ次第では相当近寄らないと文字が読めないのだ。これは今後のパッチで解消されるらしいが、それまでは我慢してプレイしなければならないだろう。

プレイ時間は、全クエストをこなして30時間前後。

実績は、普通にクリアして600前後。

箱○を所持しており、骨太なダンジョンRPGを遊んでみたい方には文句なしでお勧めできるソフトである。


個人的感想:PC版をほぼ最後までプレイしていたので、箱○版はサクサク。途中、モンスターに絵が追加されていのには驚いた。ムカブのキャラがチョコレート好きっぽくてニヤニヤ。他にもアイスソードネタや男塾ネタなど、ニヤッとする部分も満載な点は流石、エクスペリエンス。今回はエンディングまでいけて良かったわ。(その先は未プレイ)実績も取りやすくて良い。気になる方が居るのか知らないけど、エンディングのスタッフロールでは、会員の名前は出ないよ。(「G-XHT」シリーズなら載る)自分が直接関わっていなくてもスタッフロールに自分の名前が載るのは嬉しいよね。オレもアンケートで箱○で出して欲しいと書いた一人なので、今回の移植は本当に嬉しい限り。今後発売される作品にも期待したい!

『円卓の生徒』が物足りない方や似たようなソフトを遊んでみたい方は同社製作の『迷宮クロスブラッド』がお勧めです。猟奇事件やホラーな部分もあるけど、ダンジョンRPGとしては、『円卓の生徒』以上にやり応えがあります。
[ 2011/02/15 18:11 ] レビュー Xbox360 | TB(0) | CM(0)

(ゲーム)Dragon Age: Origins

『Dragon Age: Origins(ドラゴンエイジ:オリジン)』をプレイした。

origin.jpg

一言で表すなら「細部まで作りこまれたダークファンタジーRPG」


老舗BioWareにハズレ無しと豪語されるだけあり、本作『Dragon Age: Origins』も素晴らしい仕上がりとなっている。本作は名作RPG『Baldur's Gate II(バルダーズゲート)』の精神的続編と位置付けられているだけあり、従来のTRPGの良さと最近のハードスペックを見事に調和させている。

冒頭は個々のストーリーがあるものの、それをクリアすれば、後は自分の信念に基づき軍団を編成していくことになる。無論、この過程は数多の難題を解決していくことで達成されるのだが、その達成手段が多めに用意されており、まさにRPGを体感可能だ。味方を増やすために暗殺に手を貸すも良し、真面目にクエストをこなすも良し、全てはプレイヤーに委ねられるのだ。(FO3やTES4みたいな自由度は無い)

特筆するべきは戦略性の高さだ。難易度ノーマル以上であれば敵がかなり強い。新人英雄には手が重く、まともな作戦を考えなければあっと言う間に殺されてしまうだろう。レベルを上げればどうにかなるものではなく、敵に応じた戦略を練る必要がある。これがこのソフトの肝と言える部分であり、楽しさを倍増させている点だ。

例えば、ローグの生存術スキルにより隣部屋に敵が5人居ることは解った。ただ、相手の編成は不明なので、闇雲に突入すれば殺される可能性が高い。なので、まずはローグが隠密スキルを使い、隠れながら偵察する。結果、敵は戦士2人に射手2人、魔法使い1人だと解った。こちらは戦士、戦士、ローグ、魔法使いの4人。数の上では不利なので作戦を練る。この時の作戦は自分達の得意不得意を考慮しなければならない。

味方の魔法使いが詠唱を始める。強大な魔力が集束した瞬間、それは冷気へと変わり隣部屋へと流れ込んだ。突然の魔法攻撃を受けた敵は狼狽し扉へと殺到した。扉が開け放たれ、敵の戦士と相対する。襲撃者を察知した敵の戦士は唸り声を上げ、切りかかってきたがローグが仕掛けていたドラバサミに足を取られ身動きができなくなった。即座に隠密により姿を消していたローグが短刀を敵の戦士の延髄に刺し込んだ。断末魔を上げることもなく敵の戦士が倒れる。同時に冷気魔法により凍っていた敵の戦士Bの首が飛んだ。味方の戦士が吹き飛ばしたのだ。これで残りは3人。我に返った敵の魔法使いが詠唱を始めた瞬間、こちらの射手が必殺の矢を眉間に撃ち込む。残りの射手2人は盾を装備した戦士を肉の盾にし確実に仕留める。後は戦利品を頂くだけだ。

元々、TRPGが起点のため、様々な戦略が可能だ。上記の拙い説明は一例だが、他にも数多の戦略があり、自分でそれを考える過程が非常に楽しく、仲間の構成が変化すればそれだけまた違ったやり方が見えてくる。これでハイドラゴンを倒せた日には、嬉しさが段違いだ。

他にも個性的なキャラ達、個性的な武器、種類は多いが見た目が変化しない防具、世界観を垣間見れるコーデックス、豊富なサブクエスト、海外では有料だったDLCの実装と隙の無い仕上がりになっており、非常に完成度が高い。

但し、欠点もあるにはある。1つは、長期プレイに寄る戦闘終了処理の遅延。敵を殲滅後にクエスト達成処理を行うのだが、長時間プレイしているとその処理が極端に遅くなる。(PC版では経験していないので恐らくCS版の問題)そのため、処理が終るまでボーっと何もせずに眺めることなる。これは非常に鬱積が溜まるので、定期的に本体の再起動をお勧めする。ただ、雑魚が連続して出現する戦闘では雑魚の出現が極端に遅くなるため、こちらの戦力を立て直すことも可能であり、一概に欠点とは言えない部分もある。2つ目は、ほぼ言いがかりではあるが、DLCをここまで実装したのなら、ついでにBioWareのサイトにあるフラッシュゲームをクリアした際に貰える指輪なども実装して欲しかった。致命的なバグなどは海外版パッチによりほぼ解消されているので、日本語版は気になる点はそれほど無い。


戦闘システムの仕様上、万人にお勧めできるソフトではないが、極太のRPGを遊んでみたい方には是非、プレイして欲しいソフトだ。特に『Baldur's Gate II』が好きな方には本気でお勧めしたい。某リッチもどきや、えぐい魔法「スティンキングクラウド」を彷彿とさせる魔法もあるので、プレイ済みの方はニヤニヤできる点が多いだろう。(残念ながら「ホーリーアベンジャー+5カーソミア」みたいな武器は無い)魔術師1人旅も多分…可能。

プレイ時間はメイストーリーだけを進めるなら16時間前後。全クエスト、全サブクエスト、同梱の全DLCをプレイするなら55時間前後。

実績はクリアだけなら250前後。本気で狙えば1350(全実績)獲得可能。

拡張ディスクも発売されるので、気になる方はチェック!(箱○版は本作が無くてもプレイできますので売却しても問題はありませんとのこと)


個人的感想:海外版では英語が読めず意味不明なままクリアしてしまったが、日本語版の発売により、細部まで解り易くプレイできた。海外版クリア後に個人ローカライズを試みたけど、20万文字を越える文章量、日本で言う古語の使用された文章に絶望してしまい、早々に諦めた経緯があり、これを踏まえるとスパイクはよくぞローカライズしてくれと感心してしまう。『Baldur's Gate II』はセガがローカライズしてくれたが、ローカライズ部門が潰れてしまい、今作のローカライズは絶望的だと思っていたところの発売だったので、嬉しかった。本当に感謝しています。来月発売の『Dragon Age 2』もできればローカライズお願いしたいです。

「さて、DA2に向けてフラッシュゲーム『Dragon Age Legends』をクリアしようぜ!」
[ 2011/02/02 10:30 ] レビュー Xbox360 | TB(0) | CM(0)

(ゲーム)DAの実績埋めたぜ

やっとこさ、「Dragon Age:Origins」の全実績解除。

とりあえず、ペタッ。
フォト

ゲームの内容などは明日書く予定…だけど、海外版で書いてるしなぁ…追加DLCなどについて書けばいいかな。

「エンチャントメン~ト!!」
[ 2011/02/01 23:43 ] 雑記 Xbox | TB(0) | CM(0)
プロフィール



コアプレイヤー。クリア後、もしくはクソゲーと判断後に即売却する派。

所持ハードは
・ゲーミングPC
・XboxOne(北米版)
・WP7(IS12T)
・WP8(NOKIA Lumia 930)
・Android(302SH)
・New 3DS LL
・Nintendo Switch

ソフトは楽しめればジャンル不問、同人ソフト、外国産ソフト、大人向けソフト、女性向けソフトなども偏見無しにプレイ。トラウマがあるので、オンライン対戦はしない。

プレイ後、理系のレポートのようなレビューを書いています。

ゲームとは直接関係ないですが、『トランスフォーマー』シリーズ大好きです。特にG1。

当ブログはリンクフリーです。

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
購入予定ソフト(5/3更新)
自分用の購入予定ソフト一覧。
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。
マークは海外での発売日です。
のマークがついているソフトは
18歳未満購入不可能ソフトです。
18歳未満は閲覧しないで下さい。


11/10 Tyranny
てぃらーに


5/27 天結いCマイスター
エウシュリー第18弾


6/22 アライアンス・アライブ
アラアラ


6/29 ラジアントヒストリア
パーフェクトクロノジー


7/21 スプラトゥーン2
イカ
クラウドファンディング
自分が出資したソフトまとめ
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。

Pillars of Eternity
出資日:2012/10/8
出資額:$140
発売日:2015/3/26

Project Phoenix
出資日:2013/9/4
出資額:$120

Mighty No. 9
出資日:2013/9/2
出資額:$60
発売日:2016/6/21

Bloodstained: Ritual of the Night
出資日:2015/5/13
出資額:$120

Tokyo Dark
出資日:2015/5/30
出資額:$15

マイクラサーバー
出資日:2015/8/19
出資額:2000円
発売日:失念

Divinity: Original Sin 2
出資日:2015/8/28
出資額:$26
発売日:2016/9/16

PILLARS OF ETERNITY II
出資日:2017/2/21
出資額:$45
発売日: