箱○が好きじゃけぇの

わしゃ箱○(Xbox360とXbox One)が好きなんよ。じゃけぇ、箱○ソフトについて書いとる。割合は少ないけど箱○以外も書いとるけぇね!(箱○ソフトのレビューがメインじゃけぇ)

(ゲーム)End of Eternity 体験版 箱○

「End of Eternity」の箱○体験版が何故か15時半辺りからDL可能だったので、早速落としてみた。ゲームの内容に入る前に少しほのぼのした話。PS3版は14時くらいからDL可能だったらしく、箱○所有者が、PS3所有者に対して、「PS3の人、体験報告頼む!」なんて頼んでいるのを見ていると、ハード論争なんて本当、不毛に思えた。PS3の人も「箱○での体験報告よろ!」なんて書いているからもう、堪らんね。「BEYONETTA」がPS3と箱○版では体験版の中身が異なっていたから、今回みたいに、お互い感想を言い合おうみたいな流れになったのだと思う。


閑話休題。
さて、中身だが、簡潔に書くと「物凄く人を選ぶパズル的RPG」。一応ノーマルモードをクリアして、女の子が眼鏡をかけた辺りまでは進めたが、戦闘システムとパズル的要素を理解しないと、まともに進めることすら不可能だと思った。ポーズ画面で読めるマニュアルを熟読した後、ニューカマーモードで独特なインビンシブル・アクションを理解つつ、レゾナンス・アタックの発動タイミングを見極めて、ジャンプ攻撃や撃ち落としを把握する必要がある。ついでに、ダメージもダイレクトダメージとスクラッチダメージがあるので、そこも理解しておく。クソッ。横文字ばかりで解り難い。

そこまで理解できれば、ノーマルモードLV1はクリア可能だと思う。クリアできない人は女の子が装備しているグレネードをインビンシブル・アクションの間ひたすら投げておけば良い。インビンシブル・アクションを行う度にゲージが減るので、他二人をスキップさせるか、通常攻撃で飛ばせばゲージの減少は防げる。ゲージが無くなるとほぼゲームオーバーなので注意。

革新的かどうかはさておき、面白いシステムを実装したと思う。考える量が多いほど、プレイングの幅が広がるので、中には思いもよらぬ方法で攻略法を見出す方もでてくるかもしれない。ただ、そこまでの道のりはかなり長い。システムを理解する前に挫折する方が多いと思う。いわゆる、慣れたら面白いソフト。体験版ではこの部分が明確に表れているので、自分に合わないと思った方は予約をキャンセルするのもありだと思う。製品版では、グレネードが限られるらしいのでさらに難しくなりそうではある。

「両極端に評価が別れるゲームになりそう」
スポンサーサイト
[ 2009/12/22 18:17 ] 雑記 Xbox | TB(0) | CM(0)

(ゲーム)遊戯王オンライン DUEL ACCELERATOR β版

週刊少年ジャンプにて連載されていた「遊戯王」のカードゲーム部分を主軸にしたオンラインゲーム。オレがジャンプを読んでいた頃には、様々なゲームを主人公達が遊んでいたが、いつの間にか、カードゲームになっていた。ジャンプはその辺から未読のため詳細は知らないのだけど、カードがメインのアニメ版だけは一応鑑賞済み。

「友情が素晴らしいから見てみて」と言われ、「友情」なら良いかなぁと思い見てみた。ひたすらデュエル(カードゲームで対戦)をするアニメなのだけど、そこに主人公の生い立ちや、世界征服を企む秘密結社なども付加され、壮大なお話になっている。カード部分に興味が無い方でも、充分楽しめる。さらに見所があり、主人公の声優役の風間俊介氏(ジャニーズJr.)の上達ぶり。最初は棒な演技で聞くに耐えないが、中盤からは主人公とその裏人格の声を使い分け、素晴らしい演技を披露してくれる。正直、最初と最後を聞くと凄さに圧倒される。そんな感じで、最終話まで見終わって、(主人公と親友の熱い)友情が素晴らしかったと伝えると、「やっぱり遊戯が受けで、城の内が攻めよね」とのお答が、「遊×城」で「ユウジョウ」だそうな。なるほど、そういう見方もできるのかと関心した。確かに、主人公はいつもレザーを愛用しているので、ゲイに見えなくもない…が、そういう意味ではない。


そんなこんなで、オンラインで遊べるなら、少しやってみようかなぁと思い、早速、前作を導入した。ルールもチェイン以外は比較的簡単に理解可能だったので、最初から貰えるカードでデッキ(遊ぶためのカードの山)を制作して対戦。プレイしていく内にカードも貯まり、チーム(他ゲーで言う、猟団やギルドやクラン)にも入って、楽しく過ごしていたと。そして、やっとヴァージョンアップしたので、遊んでみた。

キャラが少し変。3Dで制作しているからだろうけど、のっぺりした印象を受ける。デュエルのほうは、若干もっさりした印象がある。エフェクトが多少追加されているので、そこの影響が大きいのかなぁと。デュエル画面が少し見難くなっているような気もする。

デッキ制作などは使用するデッキを10個まで登録できたり、所持枚数ごとにソートできたりと、かなり改善されているように思えた。アヴァター(自分の分身)も3Dになりカスタマイズの幅増えたのは良い部分だと思う。システム面では、シンクロ召喚が実装され、「生贄」が「リリース」に置き換えられていた。他の言葉も現状版に置き換えられていると思われる。シンクロ召喚をしてみたかったのだけど、オレ、ルール知らないわ。ははは。対戦したCPUが召喚した感じでは融合召喚みたいな感じだったなぁ。アニメみたいにライディングデュエル(バイクに乗りながら行うデュエル…文字だけだと意味不明だけど気にしないで)も実装されると良いな。今はβ版なので、今後に期待。

まとめ、今後に期待。


ここからは、別の話。

さて、ここまで読んで疑問に思った人もいるだろう。良い歳こいて、子供のカードゲームで何やってんだよ?と。ははは。そう言われると返す言葉が無いのだけど、システム屋なオレには、デッキ制作がかなり合う。

システムも、デッキも、基本的に一緒なんだよね。コンセプトを決め、それに沿った物を用意し、何度もテストを重ね、自分だけのものを作り出す。システムがロジックを理解していないと運用できないのと同様、如何に強力なデッキであっても、内容を理解していないと使いこなすことができない。この辺は本当面白いし、勉強になる。(詳しくは昔書いたので割愛)

チームのメンバーは無論、年下の方達ばかりだけど、発想などは、本当凄いなと思う。デッキ相談をしても「このカードは、カードアドヴァンテージが取り難いので、ドローソース系のカードに置き換えて、デッキバランスを見直したほうが良いですよ」と言われると、「おぉ!期待値まで出せるのか?!」と感心してしまうと同時に、当然のように説明してくる知識の豊富さにも驚愕させられる。

はい、問題。40枚のデッキにNALカードを2枚入れるのと、50枚のデッキにNALカードを3枚入れるのでは、初手6枚にNALカードが来る確率はどちらが高いか?計算すれば確率は簡単に出せる(オレは出せない)が、こういうのを皆熟知しているのが凄いわ。

なので、システム屋としては中々参考になる部分も大きいんですよ。

ついでに楽なのが、カードを管理しなくて良い点ね。カードの枚数が1000枚ぐらいならば、乱雑に投げておけば良いけど、5000枚を超えた辺りから、専用の置き場所が必要なり、10000枚を超えると頭を抱えたくなる。新カードの登場により日の出を見たりするカードもあるので捨てるに捨てられないのも、もどかしい。オンラインだとそれが無いのが楽。全部データだからね。

「NALの3文字が文字制限で使えないのが…腹立たしい、別名でプレイしなきゃならん」
[ 2009/12/19 17:47 ] 雑記 Xbox以外 | TB(0) | CM(0)

(ゲーム)エクスペリエンスが参入

エクスペリエンス(チームムラマサ)のページに新作「円卓の生徒」を見に行ったら、社長ブログで「箱○にサードパーティとして参入します」と書いてあった。

何人かは冗談でアンケートに、「箱○に参入してくれ」と書いたと思う(オレも書いた)が、まさか本当に参入するとは思わなかった。今後、移植しつつオリジナルも展開するとのことなので、「G-XTH」三部作をXBLAに移植して、円卓の生徒をパッケージでPC版と同時に発売してくれないかなぁ。プレイされた方ならご存知だろうけど、Wiz系列の作品としては完成度が高く、表現の好き嫌いを除けばかなり楽しめる作品。続き物なので、データの引き継ぎができるのも良い。

箱○は洋ゲーが好きな方が多いので、顧客も獲得し易そう。おそらく移植となると、G-XTH一部で問題だったインターフェイス回りも修正して発売されると思うので購入してみたい。(良い意味で時間泥棒なソフトなので…状況判断してからになりそう)

後、個人的に好感が持てる点が、コミュニティに登録しておけば、最後のスタッフロールで自分の名前が出る点かな。メンバー一覧で自分の名前が出ると、何もしてないのに嬉しくなってしまう。

箱○ニュース系の記事に書かれてもいるみたいだけど、知名度はないのね。チームムラマサなら解る人はいるけど、エクスペリエンスだと無理か…PCゲームを遊んでいる人にはかなり評価が高い会社だけに残念な。

「新作が非常に楽しみです」
[ 2009/12/12 22:39 ] 雑記 Xbox | TB(0) | CM(0)

(ゲーム)Call of Duty: Modern Warfare 2

「Call of Duty: Modern Warfare 2」をプレイした。

71SEcVFY3DL__AA1129_.jpg

このソフトは、「CoD」シリーズの流れを組むソフトで、えーと、6番目ぐらいの作品になるのかな?前作「Call of Duty4: Modern Warfare」が今までの第二次大戦物から現代戦へと移行してかなり売れたので、今作も現代戦となっている。前作はキャンペーンモード(シングルプレイ)、マルチプレイともに面白く、世界各国で大絶賛され、今作は発売初日だけで470万本も売り上げた。470万本の売り上げは凄まじく、映画、本、音楽、全ての娯楽製品の記録を塗り替えたとか。いやはや、ゲームでここまで行くのは凄いなと。うん、ぶっちゃけ、前作は面白すぎたんだよ。ストーリーも映画を見ているような感じで最後のヘッドショットは感情移入して外してしまったプレイヤーも多いだろう。マルチプレイに至っては…ごめん、オレ、プレイしてない。

さて、今作は前作から5年後の話。前作で殆どの仲間が死んでしまったので、今作は当然新しい仲間達と作戦を遂行していくことになる。勿論、前作の登場人物も出てくるので、前作をプレイされた方には、懐かしい面々だろう。えーとね、ストーリーはかなり短くて6時間程度でクリア可能。今回も良いストーリー。本当、映画を見ているような感じ。ただ…あまりにも短いので、明らかに続編に続く。マルチは未プレイ。今だにマウスとキーボードが無いFPSはプレイする気にならない古い人間なので…。追加されたスペシャルオプスは独りでは無理なので、これも諦めた。

クリアした感じでは、反戦が明確に示されているFPS。作りも良くちゃんと楽しめる作品。但し、ストーリーがアホみたいに短く、ストーリーのみで購入するとちょっと損をした気分になるかもしれない。難易度は前作よりは簡単なイメージ。あまり手榴弾が飛んでこない。それでもFPS初心者には難しいので慣れてない方は最初は難易度ルーキーで遊んだほうが良いかも。歴戦の猛者は最初からヴェテランでやれば良い。ローカライズはサービス精神旺盛なスクウェア・エニックスが担当している。全て日本語音声、日本語字幕とサービス旺盛なのは良いが、英語音声も収録してほしかった。雰囲気が出ない箇所があるんだよね。

規制については、テロリストとなり空港で無差別テロを行うステージがあるのだが、そこで民間人に発砲するとゲームーオーヴァーになるように変更されている。撃った瞬間、まさかゲームーオーヴァーになるとは思わなかったよ。ここは敵を知るための大切なポイントなのだけどなぁ。ちなみに警備員は撃てるので、そっちだけ狙うのが良いかと。ここは内容が内容なのでスキップ可能。こういうの苦手な方は飛ばそう。

うーん、正直、前作の凄さと、「CoD」シリーズの知名度で、ここまで売れたのではないかと思えるソフト。ストーリーもシステムも良いし、文句はないのだけど、もう少しボリュームがあっても良かったのではないかなぁと。中にはオレみたいに、オフラインメインで購入する人も居ると思うので。

普段、FPSをプレイしない人にこそ遊んで欲しいソフトかな。前作「Call of Duty4: Modern Warfare」を遊んでから、今作を遊んでもらうとより楽しめるので、できれば前作からどうぞ。今作はどちらかというと、前作をプレイした人用の作品なので。前作のローカライズは少しアレだけど…。


さて、これで、今年購入予定のゲームは全て終わり。来年にならないと面白そうなソフトが出ないので、しばらくコンシューマー機はお休みかな。
[ 2009/12/10 18:10 ] レビュー Xbox360 | TB(0) | CM(0)

(ゲーム)ゴッドイーター体験版

あおいさんにPSP用ソフト「ゴッドイーター」の体験版を頂いたので、早速遊んでみた。

インスコ後はキャラ作成。基本ですな。今回は赤髪の眼鏡女性にしてみた。特に深い意味はない。勿論、名前もコードネームも「NAL」。

キャラ作成後は、経緯の説明があり、おきまりのチュートリアル。一つ一つの操作は難しくないが、これを臨機応変に使おうと思うとかなり難しいな。

早速、変な敵を倒すミッションを選択。最初だけあり、サクっと。次は、カメハメ波を撃つ変てこな奴。部位破壊をすれば楽になるらしいのだが、銃撃が放物線を描く上に、射程が短いので当てるのに苦労する。エイムするより目視撃ちのほうが当てやすいような気がする。エイム時のカメラスピードが遅くてどうにも当たる気がしない。かなり苦戦した。回復アイテムがもう枯渇寸前。難しすぎるだろうこれ…。

次は動物みたいな奴。強すぎ。持っているアイテム全部使ってやっと倒せた。5回以上戦闘不能になった。早いし、強いし、もう、ソロでは絶対に勝てる気がしない。これで、一応、終わりかな。チャレンジクエストは上記の敵が複数なので早々に諦めた。無理無理。


最近流行りのマルチプレイを意識したソフト。PSPのソフトでマルチで遊ぶソフトとしては、メガヒットを飛ばしている「モンスターハンター」、それなりに売れている「ファンタシースターポータブル」が挙げられるが、上記ソフトに比べて「ゴッドイーター」はアクション性に重きを置かれている。

良い面から見れば、上記2作品では味わえなかった爽快感がある点だろう。マルチゲームとして、どれも作業ゲーになりがちな点が問題だが、この作品はそれを爽快感で補っているとも言える。アクション性に比重が高い分、プレイヤースキルが如実に反映され、自分が上手くなればなるほど楽しめると言えるだろう。

悪い面は、良い面の裏返しになるのだが、プレイヤースキルが違い過ぎると楽しめない。早い話、上手いプレイヤーに任せておけば良い。次いで、操作性の難しさがある。アクションスピードを重視しているため、とにかく操作量が半端ない。武器の切り替えもあり、適宜判断が求められるため、苦手な方にはとてもではないが、プレイできるとは思えない。実際、オレには無理だ。

ソロで獣型の敵を倒せれば一人前らしいが、倒せる気がしない。それなりにゲームを遊んできたと自負しているが、上手くなれる気がしないのだ。理由は2つあり、一つはオレのスキルの無さ、もう一つは、携帯用ゲーム機だから。揺れるのは無理。今はディスプレイに出力して遊んでいるが、それでこの有様なので、実際に集まってプレイするとなると、もう目も当てられないだろう。

かなり人を選ぶソフトなのは間違いないが、ハマれる方にはかなりお勧めのゲームと言える。爽快感があるだけで、ここまでマルチは違うのかと唖然とさせられた。

3本を比較すると

アクション性 ゴットイーター
やり込み モンハン
トレハン(アイテム収集) ファンタシースター

ってとこじゃないかな。可愛さはモンハンしかないが、それ以外で選ぶなら、どれも秀でている部分があるので、自分に合ったのを選ぶのが一番だと思う。後は…一緒に遊んでくれる面子かな。

「歳をとると高速戦闘系ができなくなるな…」
[ 2009/12/06 23:09 ] 雑記 Xbox以外 | TB(0) | CM(0)
プロフィール



コアプレイヤー。クリア後、もしくはクソゲーと判断後に即売却する派。

所持ハードは
・ゲーミングPC
・XboxOne(北米版)
・WP7(IS12T)
・WP8(NOKIA Lumia 930)
・Android(302SH)
・New 3DS LL
・Nintendo Switch

ソフトは楽しめればジャンル不問、同人ソフト、外国産ソフト、大人向けソフト、女性向けソフトなども偏見無しにプレイ。トラウマがあるので、オンライン対戦はしない。

プレイ後、理系のレポートのようなレビューを書いています。

ゲームとは直接関係ないですが、『トランスフォーマー』シリーズ大好きです。特にG1。

当ブログはリンクフリーです。

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
購入予定ソフト(8/26更新)
自分用の購入予定ソフト一覧。
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。
マークは海外での発売日です。
のマークがついているソフトは
18歳未満購入不可能ソフトです。
18歳未満は閲覧しないで下さい。


11/10 Tyranny
てぃらーに


8/29MARIO+RABBIDS
KINGDOM BATTLE


9/28 OCCULTIC;NINE
xbox iconオカルト


10/26 真・女神転生
icon_3ds.gifDEEP


10/27 マリオ オデッセイ
スーパー


11/3 Call of Duty
xbox iconWWⅡ


11/7 XboxOne X
xbox iconハード


11/7 Crackdown 3
xbox iconクラックダウン


2/27 Far Cry 5
xbox iconファークライ
クラウドファンディング
自分が出資したソフトまとめ
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。

Pillars of Eternity
出資日:2012/10/8
出資額:$140
発売日:2015/3/26

Project Phoenix
出資日:2013/9/4
出資額:$120

Mighty No. 9
出資日:2013/9/2
出資額:$60
発売日:2016/6/21

Bloodstained: Ritual of the Night
出資日:2015/5/13
出資額:$120

Tokyo Dark
出資日:2015/5/30
出資額:$15

マイクラサーバー
出資日:2015/8/19
出資額:2000円
発売日:失念

Divinity: Original Sin 2
出資日:2015/8/28
出資額:$26
発売日:2016/9/16

PILLARS OF ETERNITY II
出資日:2017/2/21
出資額:$45
発売日: