箱○が好きじゃけぇの

わしゃ箱○(Xbox360とXbox One)が好きなんよ。じゃけぇ、箱○ソフトについて書いとる。割合は少ないけど箱○以外も書いとるけぇね!(箱○ソフトのレビューがメインじゃけぇ)

(ゲーム)BEYONETTA

プラチナゲームズ(元クローバースタジオ)が開発した「BEYONETTA」をプレイした。

beyo.jpg

同会社の面々が大きく関わっているソフトは「デビルメイクライ」、「GOD HAND」、「大神」とどれもスルメゲーであり、遊べば遊ぶほどそのゲームの楽しさを理解できるゲームとなっている。なっているが、それはスルメが柔らかくなるがごとく、難易度が自分に合ってくればの話である。

ハッキリ言って、「BEYONETTA」はかなり難しい。勿論、そのためにヴェリーイージーモードが搭載されている。「GOD HAND」などは難しすぎてノーマルの難易度をクリアできない人が多く、評価を下げていたので、今回は妥当なモード。おそらく、アクションゲームが苦手な方ではノーマル難易度のクリアは困難。序盤はともかく中盤から終盤にかけては敵が本当に殺しにくるのと、初見殺しが多い。コンテニューをせずにクリアするのはまず無理ではないだろうか。苦手な方はまずはヴェリーイージーモードで遊ぶことをお勧めする。パンチボタンを連打しているだけで神プレイ(ノーマルでやるのはかなり難しい)を連発してくれるので、押しているだけで、スタイリッシュなプレイが可能。見ていても派手で楽しい。

そんなこんなでスルメゲーな「BEYONETTA」、昨日ずっとプレイしており、ノーマル難易度クリアまではおおよそ12時間かかった。慣れてくればかなり短縮できそうではあるが、とにかく難しいので、1チャプターごとに数回は死ぬ。オレ自身、アクションゲームは苦手なので、かなり苦戦した。特に即死が続くと、コンテニューしたくなくなる。面白いかと言われれば、スタイリッシュな戦闘ができれば面白いし、一方的に惨殺されれば面白くも何ともない。テクニックやアクセサリーを購入して、自分なりのプレイ方法などが発見できれば、面白さが増大するのだろうけど、おそらくオレはそこまで辿りつけそうにない。ノーマルクリア後にはハードモードがプレイ可能になるけど、もうクリアは諦めている。

操作性などは「デビルメイクライ」のスタイリッシュな部分と「GOD HAND」のおしおきやスウェー的な回避部分が盛り込まれており、良いとこ取りとなっている。勿論、笑える小ネタも沢山あるので、期待は裏切らない。

キャラについては好き嫌いがあると思う。特に敵である天使はキラキラしている上に、真っ二つになったりするので、駄目な人には駄目かもしれない。ゴア表現があるからこそ、爽快感がアップしている点もあるので、この表現は良いと思う。個人的には赤い服のお姉さん(ジャンヌ)が好み。赤眼鏡は最後に少し掛けてくれるだけなのが残念である。

まとめると、「アクションゲーム得意だぜぇ!」、「俺のスタイリッシュなプレイに酔いしれるぜ!」みたいな方には文句無しでお勧めのゲーム。但し、前述通り難易度は高いので、そこら辺はある程度覚悟しておかないと、早々に心が折れて売る羽目になるので注意。難易度的には「GOD HAND」>「BEYONETTA」>「デビルメイクライ」だと思う。やっぱり、プレイヤーを選ぶゲームには変わりないが、媚び無い姿勢がここの良い所だとも思う。イージーモードに関しは使う使わないの問題。

あぁ、最後、実績に関して。解除し難い。特に収集系が泣ける。本は簡単だが、魔女の棺やアフルヘイムが難しい。アクションが苦手なら、それ系の実績も難しくなる。半分の500取れれば御の字。

「ハマる人はハマりそうだ」
スポンサーサイト
[ 2009/10/30 10:38 ] レビュー Xbox360 | TB(0) | CM(0)

(ゲーム)Borderlands 海外版

blog_import_4ed9d5a4cee87.jpg
取り敢えず、Borderlandsをクリア。おそらくメインクエストとサブクエストを全てクリアしていると思う。(それ系の実績解除済み)それで、クリア時間が23時間だった。120時間かかると聞いていたのだが、どういうことだ?各キャラで1周づつしても100時間行かないぞ。それはともかく非常に面白いソフトだった。クリア時のレベルが36だったので、最高レヴェルの50に到達するのは2週目だろう。勿論、敵のレヴェルもこちらに合わせて強くなっているので、ちゃんと経験値は得られる。最初の雑魚が雑魚とは思えない強さなのがこれまた楽しい。

RPGとFPSの良いとこどりをしたようなソフトだったと思う。敵が強くてもヘッドショットを決めればクリティカルヒットになるので、FPSが得意なら多少のレヴェル差は武器で補えるし、FPSが苦手でもレヴェル補正がとてつもない(2レヴェル上ならまず負けない)ので、確実に進めることができる。その中で相手の弱点を考慮しつつ、武器を取捨選択するのがこれまた面白い。

バリアを持っている敵用に、電撃弾を撃てる武器を用意して、生物には火炎弾、近接用にショットガン、遠距離射撃にスナイパーライフルと基本4点セットを装備しておいて、状況によってはバックパックから装備しなおして、的確に敵を倒す辺りはRPGだった。相性などは考慮しなくても倒せることは倒せるけど、弾が枯渇しかねない。


(下手に訳すと不明な点が出てくるので、スキルなどは英語で書きます)

さてさて、オレはRolandを使用。RolandのアクションスキルのScorpio Turret(自動銃)は、序盤は全く使えない。Scorpio Turretを出す暇があったら自分で撃っていたほうがマシ。死にスキルかなぁとも思っていたけど、中盤~終盤にかけては物凄く便利。自動で攻撃してくれる上にほぼ無敵なので、対砲台用としては持って来い。他の敵を掃討していれば、無傷で砲台を破壊できるのが嬉しいところ。タゲもバラけるので、一先ず設置も問題ない。おまけに終盤になると、REFIRE(敵を殺せばクールダウン短縮)やDEPLOY(クールダウン短縮)のスキルがシナジーを形成して、すぐにタレットを設置することができる。30秒に1回ぐらいのペースで設置できていたような気がする。序盤は自分強化スキルに振り分けて、Scorpio Turret用のArtifactを入手したら、一気にScorpio Turretに振り分けるのが良いかもしれない。

武器の話。序盤はこれと言って良いのが拾えなかったので、性能が良いのを拾う度に持ち替えていたけど、レヴェル14ぐらいのCombat Rifleを拾うクエストで、物凄く使い易い武器を入手。結局最後までこれをずっと使用。

AR.G CRYMSON COBRA(紫)
Damage 49
Acctuary 96.7
Fire Rate 15.0
Chance to couse explosion
+66% Ricoil Reducation
+70% Acctuary
+23% Reload Speed
弾 12発

Acctuary(多分、集弾率)が半端なく高く、そこら辺のスナイパーライフルより遙かに性能が良い。Rolandのスキルとも相成って、反動も軽減されており、一度標的を照準に捉えたら同位置に着弾可能。耐久力のあるデカ物などを相手にすれば、ひたすらクリティカルを狙えるのでかなりお世話になった。小さいの相手でもほぼクリティカルヒットになるので、汎用性は凄まじい。勿論、ランダム作成なので同じ物は入手できないと思う。しかし、これがこのゲームの良いところで、自分専用のお気に入り武器が見つかった際の喜びはこれまた格別だろう。好きな武器を最後まで使えるのが、RPGの良さを継承しているとも思う。

ストーリーはさっぱり解らん。最初から最後まで、変な奴らばっかり相手していたような気がする。ラスボスはやっぱり巨大だった。あと、エイリアンがかっこいい。高機動でビームサーベル振り回してくる。見た目はアレだけど。

最後に2週目について。2週目は、

・一週目か二週目かを選択可能
・itemなどは全部引き継ぎ
・クエストリストは最初から
・最初から敵のレヴェルが一週目最後と同じレヴェル
・クエでもらえるEXP増加
・クエでもらえるアイテムの質も一週目後半以上
・売り物もそれ以上
・ボスが落とす固定武器の威力も上昇
・敵の名前が異なる(「レイダー」から「マニアック」になどに変更)
・最初からロケラン等も拾える

だそうな。

チタン色のレア武器も入手していないし、レヴェル50の実績も解除していないし、どこかでできるらしいレースもやっていないので、まだまだ楽しめそう。

前回の日記と同じことを書くけど、アイテム収集が好きで、FPSやRPGが嫌いでなくて、英語が読めなくても楽しめる自信のある方には本当お勧め。

「誰かストーリーを簡単に教えてくれ」
[ 2009/10/27 23:25 ] レビュー Xbox360 | TB(0) | CM(0)

(ゲーム)Borderlands:ボーダーランズ  箱○:US版

土曜日に届いた、「Borderlands(ボーダーランズ)箱○:US版」をプレイしていました。どうやらお店によって届いたり届かなかったりしているみたいですね。自分の場合は予約を忘れており、発売日に注文したのですが、翌日届きました。在庫があったのとUS版を購入したのが良かったのかなと思います。US版はアジア版に比べて発売が早い…はずです。外国産のゲームを早く遊ぶ場合は、本当、お店選びが重要ですね。今回は運良く発売日翌日に入手できましたが、運が悪いと発売日1週間後なんてザラなんですよね。「GTA4」、「GoW2」、「FUEL」と散々待たされました。何が問題かというと前回早かったお店が今回も早いとは限らないことです。酷いお店になると転売していたりするので、本当、難しいですね。個人的にはレイルボックスさんが早いような気がします。東京近郊に住んでおられる方なら直接、外国産のソフトを扱っているお店に行くのも良いかもしれませんね。

写真


今回、この「Borderlands」を購入する際に、最初はPC:US版を購入しようと思った。PS3、PC、XBOX360のマルチ展開を行っているソフトなら、PC以外を選択する理由は特に無い。ハードの性能がPC>他2台だから。ただ、動作する動作しないの問題があるけど、海外産のソフトを購入するような連中がそんな問題を解決できないとも思わないので考慮しない。オレがPC版から箱○版に変更した理由として、発売日が早いから、取扱店が多いから、安いから、翻訳MODを導入する必要が無いから、PC版ほどチートが蔓延しないから、箱○だと実績があるから、の6点が主な理由。プレイしてみて感じたけど、ストーリーやクエストの概要を無視すれば、英語でも全く問題ない。


さてさて、肝心の「Borderlands」の中身だけど、洋ゲーが好きな方に一言で表すなら「FPS版DiabloⅡ」。ハック&スラッシュのソフトをFPSにしたような感じ。そのためRPS(ロールプレイングシューター)と呼ばれる新ジャンルのソフトになっている。Diaやダンジョンシージなどで敵を倒す度にドロップされたアイテムを拾うのが楽しかった人には間違いなくハマるソフトである。洋ゲーは不明だけど、国産の有名タイトルを遊ぶ方に説明するなら、「海外版モンスターハンター」。国内版と違う点は武器の種類が豊富(ほぼ無限)にある点とモンスターに対して、複数の武器を使える点。4人協力プレイなどは同じ。オレがグダグダ書くのも何なので、海外のレビューサイトから抜粋。

1UPさんのBorderlandsレビュー
1人称のDiablo、Resistance 2協力プレー・モードの進化系、西洋のMonster Hunter、FPSゲーマー向けのパーティー・ゲーム。マルチプレーの変容力を最も良く表したゲーム。どう名付けようとも、Borderlandsは上出来のシングルプレーFPS/RPGで、他のプレーヤーと一緒にプレーしてこそ、最高の作品となる。それに、小人パニックは友人と共に体験しなければならないものだ。


そんなこんなで、20レベルまでプレイした。ストーリーは英語なので意味不明だが、プレイに支障はない。基本はクエストを受け、それをクリアすることで、経験値を得てレヴェルアップしていく。中には報償として、武器を貰ったりできるが、ランダム作成の武器なので、非常に強力な武器だったり、即座に売却してしまうようなクソ武器だったりと、何が貰える解らなくなっている。視点に関してはFPSなので自分のキャラは映らないが、車の乗り降りやタレットを使用する際などには表示されるので、他のFPSと比較すればかなり画面に映し出されるほうだろう。ゲームバランスはRPSらしく、どちらの方法でも攻略可能である。FPSが得意ならガンガン撃って突き進めば良いし、RPGが得意なら武器の選択や防具の選択を考えて攻略できるようになっている。最悪はレヴェル上げをすれば、突破可能。

そしてなんと行っても魅力的なのが、拾える武器だろう。チェスト(入れ物)をあけた瞬間の高揚感は本当堪らない。そしてレア武器(レア度は色で表示される。順番に白<緑<青<紫<黄<橙<黒橙<チタン。モンハンで言えば1~10かな)を拾った際の満足感は最高だろう。但し、武器はランダム作成なので、レア度が高くても強いとは限らない。基本武器をベースに様々な能力が付加されており、それを元に色分けされていたりする。

例えば、スナイパーライフル。白色のスナイパーライフルだと何も付加されていないが、青色ぐらいになると、弾が火炎弾、クリティカル確率1.5倍、スコープのズーム倍率2.3倍、威力30%アップなどが付加されていたりする。レヴェル制限もあるので、強力な武器はやっぱりレヴェルが上がらないと装備はできないけど。と言っても現時点のレヴェル+3ぐらいまでしか出ないので、当分装備できないなんてことはないのが良い。

このドロップとクエストの豊富さもあり、止め時が解らないゲームで、昨日はずっとプレイしていた。FPSとRPGのどちらにも対応しているので、片方しかかじったことのない人にはぜひ遊んでほしいソフトである。英語が読めなくても遊べるけど、敷居が高い方には、日本語版の発売が決定しているので、発売までお待ち頂きたい。

よく聞かれる疑問点として同ジャンルぽい「Fallout3」との相違点。「Fallout3」はRPGにFPSとTPSを付けたRPG重視のゲームなのに対して、「Borderlands」はRPG+FPSとどちらにも重きを置いている。どちらかと言えばFPS寄りではあるが。

ただ、欠点もある。一つはゴア表現。敵が四散する。(日本語版は規制が入る可能性あり)これはダメな人にはダメだろう。次に倉庫が無い点。上記でも書いているけど、レヴェル制限のある武器や防具を入手するとずっと所持している必要がある。沢山、武器が拾えるので、非常に邪魔である。コレクター要素もあるので、倉庫はDLCなどでぜひ実装してほしいものだ。次にアクションスキルの無さ。各職業に1つだけしかない。これは幾らなんでも寂しすぎるだろう。次に、ゲーム内のMODによって割増されたスキルが不明な点。○○スキル+1と書かれていても、スキルツリーは変化しないので、解り難い。ぐらいかなぁ。どれもさほど気にならない点ではある。

欠点はあるものの、ゲーム内容を考えれば無視できる欠点ばかりである。プレイ時間も120時間ぐらいあるらしいので、1職業で120時間として4職業で400時間ぐらいは遊べるのではないかな。

「ヒャッハーな敵ばかりなのが、何ともマッドマックスと北斗」
[ 2009/10/26 10:46 ] 雑記 Xbox | TB(0) | CM(0)

(ゲーム)Steins; Gate

「Steins; Gate」をプレイ。

sg.jpg

簡潔に表わすなら時間操作物。最悪な未来を回避するために主人公が奮闘する物語。オレ、こういう時間物のは大好きなんですよ。

ゲームの中身を書く前に少し、この手の話でも。ようはカオス理論とかバタフライ効果、風が吹けば桶屋が儲かるとか呼ばれてるやつです。古典的なSFとかにもよく出てきますね。この手の見所は、予めこちら側(プレイ側や視聴者)に最悪の結果が明らかになっており、作中でその主人公が何度もタイムトラベルなどを繰り返して、徐々に、修正していく様が非常に面白い。片方を救ったらもう片方が死んだりして、どうやって修正すれば良いのだ?!みたいな事態に陥り、そこで主人公が精神的に死んだりしてから、また立ち直るシーンなどは中々良いと思う。

それと、幾多にも張り巡らされた伏線かな。一見した際には、何でこんな意味不明な行動をとるのか不明だけど、後で見直してみると、あの時のタイムトラベルでこの行動を起こしたのか?!と理解できるのも楽しい。


映画「バタフライ・エフェクト」はそのタイトル通り、これをメインに扱っている映画。オレが2005年に映画館で鑑賞した映画44本中1位の面白さなので、未見の方はぜひぜひ。ただ、序盤に最悪な状況が提示されてしまうので、そう言うシーンは絶対に回避できないのが問題かなぁ。それでも群を抜いて面白かった。ただ、2は見なくて良い。1は主人公が慈愛で過去に戻るのに対して、2は自愛なので見ていて清々しくはあるが、映画としては余りにもつまらない。

似た作風だと、漫画「ドラゴンボールのセル編」、アニメ「ひぐらしのなく頃に」、小説「七回死んだ男」、ゲーム「Ever17」、「YU-NO」などが有名どころかな。(すまん、かなり適当に挙げた。古いかもしれん)全部が全部上記の内容ではないけど、基本時間物。


閑話休題。
「Steins; Gate」も基本上記路線で、最悪の結末を回避するために主人公が奮闘することになる。面白い点は、主人公が偶然発見したタイムマシンと、それを奪おうとする組織、さらに未来から干渉してくる人間と様々な人間達が織り成す人間模様だろう。まだクリアしていないので、詳しくは不明だが、昨今のアドヴェンチャーゲーム宜しく、各ヒロインを攻略して上でトルゥーエンディングを迎えるゲームだと思われる。こういう時間物が好きなら購入しても良いのではないだろうか。絵は知らん。合わなきゃ止めておくべき。


ここからはどうでも良いオレの話。この「Steins; Gate」は第二作で、第一作の「CHAOS; HEAD NOAH」の舞台を継承している。一応、第一作のキャラも出てくるらしいが…話の筋に絡むのか、ただの絵だけなのかは不明。今のところ後者。しかし、オレがこのソフトをプレイするとは考えられなかった。元々「CHAOS; HEAD NOAH」は箱○の実績解除目当てで購入した。他のソフトはスキップ機能を使用すれば数時間で実績解除できたのだけど、このソフトだけは機能が遅く、放置して退席していた。んでまぁ、システムのテストが終わったので覗いてみたら、画面に切断された手首が映ってのな。「は?」と思って改めてパッケージを見直してみると「Z指定(18歳以上購入可)」。いやぁ、各ヒロインがみんなどこか狂っていて、ぶっ殺しまくるのな。それはそれで面白い(もう、ズガッ、ブシャばっかりでギャグの領域)ので、全部読んでみた。結構面白かった。

移植作品らしく実績解除後、調べてみたらアドヴェンチャーゲームで有名なニトロ+さんの作品だった。ニトロ+さんと言えばハードボイルドアクション「Phantom -PHANTOM OF INFERNO-」、やたら長いロボット物「"Hello, world."」、グロホラー「沙耶の唄」と非常に面白い作品がある。特に「Phantom -PHANTOM OF INFERNO-」は大藪作品を彷彿とさせる描写が最高だった。確か、PS2に移植されたような。

そんなこんなで、第二作も購入してみようかなぁと。いやぁ、時間物だったので、大満足。グラフィックは16色の頃と比較すれば全部綺麗に見えるので、オレは気にしない派。絵氏がどうとか言わない。というかよく解らん。絵と音楽に関しては完璧論外なので、もう、認識できて聞こえれば良いや。mp3だっけ?あれの96kと320kの聞き分けやったけど違いが解らんかったんだよなぁ。絵?たまに載せている図を見るだけで絵心の無さが解るっしょ。

「今作はスキップ機能がちゃんとしているのでストレスフリー」

[ 2009/10/16 01:07 ] レビュー Xbox360 | TB(0) | CM(0)

(その他)PSPをHD2452Wに出力してみた他

昨日の日記の続きです。

夕方、従姉がPSPを持ってきてくれたので、早速購入しておいたD端子ケーブルと接続してHD2452Wに出力してみた。最大解像度にした場合は流石にボヤけて、細部が見難い。視野が広がるので状況判断には持って来いだが、矢の微妙な軌道を観測したり、フルフルさんが落す落し物を探すには少し不向きである。結局、1/2サイズに落ち着いた。これならボヤけることもなく、かなりPSP本体に近い表示ができるので、携帯用ゲームと割り切れば問題ない。結果、購入しても問題ないとの結論に達した。


従姉を送った足でいきつけのゲーム屋に行き、PSP本体(パールホワイト)、メモリーカード、スクリーンプロテクター(これは反射させないために購入)、ソフト(昨日遊ばせてもらったモンハン)を購入。本体の色が7色と豊富にあり、どれにしようか迷ったが、誠実なオレにピッタリなパールホワイトを選択。選択に間違いはない。メモカ辺りは店員のお勧めをそのまま購入。

さて、これでモンハンライフを満喫できるぞ!と言いたいところだが、ある程度はソロで育てないとダメだな。適当に進めておこう。

閑話休題。
肝心のHD2452Wだけど、出力に関しては問題ない。ただ、ある程度のサイズ調整は必要。そのまま出力してしまうとPS1みたいな画面になってしまうので、色合いを調整したり、比率を変更したりして自分の好みに合わせたほうが良い。最近の据置機やPCと比較するとがっかりするグラフィックけど、遊ぶ分には十分なレベル。友人と画面を見ながらワイワイも可能なので、魅せプレイをする際には重宝すると思われる。

わざわざ出力して遊ぶまでもないと思うけど、オレみたいに携帯ゲームが苦手な方にはかなり使える。これならプレイしようかなと思えるだけで十分。

「PSPはゲーム以外にも使えるのが良いよね」
[ 2009/10/05 22:21 ] 雑記 Xbox以外 | TB(0) | CM(0)
プロフィール



コアプレイヤー。クリア後、もしくはクソゲーと判断後に即売却する派。

所持ハードは
・ゲーミングPC
・XboxOne(北米版)
・WP7(IS12T)
・WP8(NOKIA Lumia 930)
・Android(302SH)
・New 3DS LL
・Nintendo Switch

ソフトは楽しめればジャンル不問、同人ソフト、外国産ソフト、大人向けソフト、女性向けソフトなども偏見無しにプレイ。トラウマがあるので、オンライン対戦はしない。

プレイ後、理系のレポートのようなレビューを書いています。

ゲームとは直接関係ないですが、『トランスフォーマー』シリーズ大好きです。特にG1。

当ブログはリンクフリーです。

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
購入予定ソフト(8/26更新)
自分用の購入予定ソフト一覧。
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。
マークは海外での発売日です。
のマークがついているソフトは
18歳未満購入不可能ソフトです。
18歳未満は閲覧しないで下さい。


11/10 Tyranny
てぃらーに


8/29MARIO+RABBIDS
KINGDOM BATTLE


9/28 OCCULTIC;NINE
xbox iconオカルト


10/26 真・女神転生
icon_3ds.gifDEEP


10/27 マリオ オデッセイ
スーパー


11/3 Call of Duty
xbox iconWWⅡ


11/7 XboxOne X
xbox iconハード


11/7 Crackdown 3
xbox iconクラックダウン


2/27 Far Cry 5
xbox iconファークライ
クラウドファンディング
自分が出資したソフトまとめ
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。

Pillars of Eternity
出資日:2012/10/8
出資額:$140
発売日:2015/3/26

Project Phoenix
出資日:2013/9/4
出資額:$120

Mighty No. 9
出資日:2013/9/2
出資額:$60
発売日:2016/6/21

Bloodstained: Ritual of the Night
出資日:2015/5/13
出資額:$120

Tokyo Dark
出資日:2015/5/30
出資額:$15

マイクラサーバー
出資日:2015/8/19
出資額:2000円
発売日:失念

Divinity: Original Sin 2
出資日:2015/8/28
出資額:$26
発売日:2016/9/16

PILLARS OF ETERNITY II
出資日:2017/2/21
出資額:$45
発売日: