箱○が好きじゃけぇの

わしゃ箱○(Xbox360とXbox One)が好きなんよ。じゃけぇ、箱○ソフトについて書いとる。割合は少ないけど箱○以外も書いとるけぇね!(箱○ソフトのレビューがメインじゃけぇ)

2014年を振り返って

2014年にプレイしたソフト一覧とクリア率などのまとめ。自分が2014年にプレイしたソフトなので、2014年以前のソフトもありますし、日本では発売されていない海外版ソフトなども含まれています。



プレイソフト一覧は長くなるので、最後に回して、先に各ジャンルを。パッケ画像をクリックすると自分のレビューページに飛びます。興味のあるゲームがあれば画像をクリックしてみて下さい。


・FPS

   


今年も様々なFPSが発売されたが、特に目を引いたのが世界観を一新した『Call of Duty: Advanced Warfare』とスポーツ系FPSにロボット要素を加えた『Titanfall』だろう。『Call of Duty: Advanced Warfare』は現代戦FPSではあるがマンネリ化が進むシリーズの中で敢えてスポーツ系FPS寄りへと移行したことは驚愕だ。元々、FPSの面白さを理解している製作会社だからこそ、スポーツ寄りにしても面白さは健在であり、X,Y軸だけでなはなくZ軸を取り入れた3次元軌道は面白い。高速3次元軌道とは行かず、敢えて従来性を保つ軌道こそが本作品を象徴している。シリーズ好きには賛否両論あるだろうが、同シリーズが「WWⅡ」から「現代戦」へと移行した時のように、もしかしたら新しい『CoD』の先駆けとなるかもしれない。そういう意味では、今年一押しのFPSと言える。『Titanfall』はガチガチのスポーツ系FPSだ。高速3次元軌道は当然として、スポーツ系ならではのテクニックが要求される。とにかく忙しいソフト。最近では『Halo』しか見なくなったスポーツ系FPSを復活させたソフト。ロボ要素も革新的で、次世代機と同時に新しい風が吹いた。FPSが好きならプレイしておくにこしたことはない。詳細はレビューに書いてあるので割愛するが、昔スポーツ系FPSが楽しまれた理由がわかるソフト。


・TPS
特になし


・RPG
   

『Dragon Age: Inquisition』と『剣の街の異邦人 白の王宮』が別格だった。『Dragon Age: Inquisition』は前作で不評だったロケーションを見直し、劇的に進化した。探索していて楽しいRPGを体現している。豊富な選択はプレイヤーにロールプレイをしている実感を与えてくれるだろう。また戦闘面に関しても実に素晴らしく、試行錯誤を繰り返しながらの戦術性には実に頭を悩まされる。そして自分なりの戦術で困難な局面を突破した際の達成感は病みつきになるレベルだ。それでいて、ポーション運用、装備製作、リプレイ性と凄まじく作り込まれており、ファンタジーRPGの名作と言っても過言ではない。最近では希有なロールプレイ可能な作品だ。海外のレビューでこれから先のRPGの原点と評価されているが、まさに今後の大作RPGの礎となるだろう。『剣の街の異邦人』も同様にDRPGとしては別格だ。キャラをロストする要素が戦略性に影響を及ぼし、自由なカスタマイズ性がロールプレイに拍車をかける。


・ACT



『Sunset Overdrive』しかない。真剣に作られた馬鹿ゲーを表現したソフト。一見どうしようもないゲームに見えるが、中身は恐ろしく作り込まれており、どの動作にも意味がある。アクションゲームらしく、プレイヤーの技量が向上するまでは楽しさを見いだせないが、技量が向上し、思い通りに操作可能になると世界が一変する。ハイスピードで駆け巡りながら、上手く作られた街を足場に、これでもかと派手にミュータント達と戦いを繰り広げる。元々、爽快感の高いアクション性に加え、技量向上に伴うさらなる躍動感は中毒的ですらある。クリアしてしまうのが惜しくなるようなプレイ性は流石の一言。新規IPでありながら挑戦を忘れない姿勢は素晴らしい。続編が実に楽しみな作品。アクション好きなら購入すべしと言いたくなる。


・ADV



科学ADV第4弾。従来のシリーズと異なり、敢えて陰湿な雰囲気を纏ったまま最後まで突っ走った作品(デウス・エクス・マキナ的に終わらせられるのに敢えて終わらせていない)。キャラ攻略毎に真実が少しずつ明らかになるのは大抵のADVと変らないが、その伏線の貼り方が実に上手い。一度クリアして再度読み直すと「あぁ、なるほど」と思える部分が多い。そこは感動する要素ではないのだが、世界観と実に調和しており、読み手に対して「やられたなぁ」と思わせるだろう。読むことに主眼を置いているため、萌え要素はおまけ程度にしかないが、それが合う方には実に読み応えのあるソフトだ。


・SLG
特になし


・RCG



オープンワールドレースゲーの最高峰。車を運転する楽しさをこれでもかと表現したソフト。車種の多さ、カスタマイズ性は従来の作品同様素晴らしい。それでいて、クラウド技術を用いた人間的AIとの対戦はもう未来ゲームだ。自分がプレイしていなくても他プレイヤーと自分のキャラが対戦しているのは不思議な感覚だ。そしてプレイヤーの癖をシミュレートしたAIだからこそ起こりうるレースアクシデントは驚きだ。「そんなアホな?!」と思えることが多々起こる。予め決められたレースではないためレースゲーとしての面白さに拍車をかけている。無論、一人で淡々とこなす要素もバラエティに富んでおり、車をどう最適化して攻略するかを検討しながら、走らせるのは実に楽しい。なんというか、よくぞここまで作り込んだなと思わせる。作り込みが多いと初心者お断りなイメージがあるのだがアシスト機能もあり普段レースゲーをプレイされない方にも敷居が低い点は素晴らしい。名作。


・Kinect



Kinect要素が実に楽しめる作品。従来のKinect作品であれば、表示された部分をなぞる要素が多く、どちらかと言えばプレイさせられている感が強かったが、本作は探索要素がふんだんに盛り込まれており、自分で操作している感が実に強い。Kinect2のおかげで細部にも手が届くようになり、動作がよりフィードバックされている。ストーリーもちゃんと設定してあり、謎を解きながら確信へと迫るのはKinectの没入感と相まり、映画の登場人物になったような気分だ。Kinect2の面白い可能性を見せてくれるソフト。Kinectだけではなく、コントローラーでの操作も可能な点はプレイの幅があり嬉しい点。「最近、Kinectゲーやっていないんだよなぁ」と思いがちの方にはお勧めのソフト。毛色の異なるソフトは実に革新的で良い物だ。続き物なのでシーズン2が楽しみ。


・まとめ
今年は日本でも箱1が発売された。アメリカの発売からほぼ1年経過しての発売だけあってか、ロンチタイトルからして良質なソフトが多い。時間を忘れてプレイしてしまう。特にファーストのソフト群は箱1の機能を使い倒しており、ゲーム性は別格なのが多い。「ハードはプレイしたいソフトのために購入してもらう」が起点にあるのだから、ファーストのタイトルが面白いのは当然なのだが、それにしても品質が良すぎる。おかげで、プレイする時間が足りない嬉しい悲鳴を上げることになってしまった。ローカライズされていなくてもプレイに支障はないが、それでもローカライズされているとわかりやすいので、箱1の日本展開は実に嬉しい。任天堂ソフトも今年は良質なソフトが多く、かなり評価されていただけにプレイしていないのが惜しい。WiiUを買い直したいところだ。箱1は来年も期待できるソフトラインナップ。TVCMなどは無く淡々とソフトが発売されるだろうから、自分も淡々と購入する。


以下、今年プレイソフト一覧。
タイトルの右の○はクリア、×は未クリア、数字はプレイ時間。

1/1 東方玄夢妖譚 × 10
1/1 不思議の大冒険 チルノ見参!2+1 × 3
1/5 Baldur's Gate: Enhanced Edition × 50
1/21 DARK SOULS × 0.5
1/23 Saints Row IV × 2
1/24 Shoot Many Robots × 0.5
1/25 Might & Magic X - Legacy × 10
1/30 闘神都市 × 20
3/2 ペルソナ4 ゴールデン ○ 99
3/13 DARK SOULS Ⅱ ○ 60
4/10 Titanfall ○ 1
4/10 魔都紅色幽撃隊 × 0.5
4/11 不思議の幻想郷3 ○ 55
4/25 天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA ○ 34
4/25 ランス9 ヘルマン革命 ○ 20
5/8 Child of Light × 0.5
5/9 腐界に眠る王女のアバドーン ○ 10
5/15 ルゴール砦の脱出 ○ 3
5/18 Ariadne × 10
5/29 Trials Fusion × 5
6/5 剣の街の異邦人 白の王宮 ○ 60
6/26 Wacth Dogs ○ 45
7/8 Max: The Curse of Brotherhood ○ 8
7/11 Guacamelee! STCE ○ 12
7/16 ファミコンウォーズDS 失われた光 × 3
7/17 Magic 2015 ○ 14
7/24 東京新世録 オペレーションアビス × 6
7/24 超科学脱出ストーリー ~絶海の豪華客船~ × 1
7/25 クラブニンテンドーピクロス ○ 7
7/26 パトルの軍事博物館2~地震兵器の恐怖~ ○ 26
7/30 BattleBlock Theater × 0.5
8/2 Strike Suit Zero × 1
8/4 Trials Fusion ○ 7
8/7 Crimson Dragon × 0.5
8/7 Peegle 2 × 1
8/8 TOMB RAIDER ○ 15
8/12 Battlefield 4 ○ 6
8/16 マリサの霧雨魔法店 × 4
8/17 PicrosE ○ 2
8/18 PicrosE5 ○ 4
8/20 Diablo III: Ultimate Evil Edition ○ 15
8/30 DeadRising3 ○ 6
9/2 BIOHAZARD REVELATIONS UNVEILED EDITION ○ 0.5
9/3 WAEFRAME × 0.5
9/4 Wolfenstein The New Order ○ 14
9/5 Forza Motorsport 5 × 0.5
9/6 Need for Speed Rivals × 1
9/8 PicrosE4 ○ 2
9/9 Zoo tycoon ○ 2
9/10 MURDERED 魂の呼ぶ声 ○ 7
9/12 秘封ぼうえんきょう × 1
9/20 D4: Dark Dreams Don't Die ○ 7
10/2 Forza Horizon 2 ○ 15
10/10 クラブニンテンドーピクロス+ ○ 2
10/13 Divinity: Orijinal Sin × 46
10/15 Legend of Grimrock II ○ 47
10/23 PSYCHO BREAK × 4
10/24 Sid Meier’s Civilization: Beyond Earth ○ 8
10/30 Sunset Overdrive ○ 9
10/30 Borderlands: The Pre-Sequel × 20
11/8  Magic 2015 ○ 6
11/13 Call of Duty: Advanced Warfare ○ 7
11/13 Halo: The Master Chief Collection × 2
11/14 Powerstar Golf ○ 2
11/14 Chariot × 0.5
11/14 Plants vs. Zombies: Garden Warfare × 0.5
11/16 Shadow of Mordor ○ 18
11/21 ポケットモンスター アルファサファイア × 0.5
11/22 Never Alone ○ 3
11/22 Pier Solar and the Great Architects × 0.5
11/25 Volgarr the Viking × 0.5
11/27 Dragon Age: Inquisition ○ 108
11/27 新世界樹の迷宮 2 ファフニールの騎士 × 4
12/16 Valiant Hearts: The Great War ○ 7
12/18 Kalimba × 1
12/19 CHAOS; CHILD ○ 24
12/24 FINALFANTASY EXPLORERS × 3
12/25 Halo: Spartan Assault × 1
12/26 Lara Croft and the Temple of Osiris ○ 6


集計結果
プレイ本数 79本
クリア率 53%

2014年合計プレイ時間  1019時間

2013年 1429時間 
2012年 1383時間
2011年 1089時間 
2010年 1083時間
2009年 1564時間

合計獲得実績 16850
実績解除率 58%

ジャンル分類
FPS/TPS 9
RPG 26
ADV 5
ACT 19
SLG 5
STG 2
RCG 3
ETC 10

国別分類
国産 25
海外産 45
同人 9

日本語版ソフト 68本
外国語版ソフト 11本

お金
購入合計金額 301876
売却合計金額 135272
実費 166604

・感想
私事だが今年は結婚したため、結婚準備に忙殺されていた時期はプレイ本数が少なめ。結果、過去最低のプレイ時間となった。ソフトは箱1のゴールド無料ゲームが多く水増しされている感があるがそれらを除けば過去最低だろう。質の高いソフトが多かったため、プレイ時間は1000時間を超えた。上記でも書いているが箱1に良質なソフトが多く、他のソフトはかすんだ印象が強い。本来であれば『Halo』のリマスターなども考慮すべきなのだろうが、新作以外は特に載せなくても良いと判断した。リマスターされるソフトは過去に評価されたソフトなので敢えて評価する必要はない。それよりも新作が重要だ。今年はSLGやTPSが不作だったのは否めない。SLGは『Sid Meier’s Civilization: Beyond Earth』を考慮したのが、パッチが当たるまではどうにも評価が難しい。面白いと言えば面白いのだが、何故か惹かれない。まさかTPSが一作も無いとは予想外だ。FPSが強すぎたイメージか。多少不足しているジャンルもあるが、1年でみればやはり充実していた年だろう。名作ソフトが多く発売されたのは最高だ。来年も飛躍の年らしいので、期待したい。個人的には『Ori and the Blind Forest』、『ScreamRide』、『Halo 5: Guardians』、『Quantum Break』、『The Witcher 3』、『PSYCHO-PASS サイコパス 選択なき幸福』、『Riot Act』、『Scalebound』、『ミステリートF 探偵たちのカーテンコール』が気になる…ってほぼ全部ですね…期待ソフト大過ぎ。
スポンサーサイト
[ 2014/12/31 00:00 ] 年末まとめ 2014年 | TB(0) | CM(0)

2013年を振り返って

2013年にプレイしたソフト一覧とクリア率などのまとめ。自分が2013年にプレイしたソフトなので、2013年以前のソフトもありますし、日本では発売されていない海外版ソフトなども含まれています。



プレイソフト一覧は長くなるので、最後に回して、先に各ジャンルを。文中のタイトルをクリックするとレビューページに飛びますので興味のある方はクリックしてみて下さい。


・FPS
今年も色々とFPSが発売されたが特筆すべきソフトは『Metro: Last Light』、『Battlefield 4』の2つだろう。『Metro』は名作FPS『S.T.A.L.K.E.R』を開発したチームの作品だけあり、海外のFPSの中でも趣の異なる重厚感のあるFPSに仕上がっていた。それでいて破綻していないシステムはプレイヤーを引き込むには充分だ。一方の『Battlefield』はFPSでのお祭りゲーがどのような物かを体現しているソフトであり、ラグやサーバーの問題がありつつも、誰にでも楽しめるFPSとしてプレイできる下地は非常に評価できる。特に昔の欠点である乗り物での蹂躙やチート対策を考慮している点は老舗ながらの貫禄があると言える。


・TPS
個人的には『Gears of War: Judgment』、『地球防衛軍4』、『The Bureau: XCOM Declassified』が素晴らしかった。『GoW』に関しては説明不要タイトルの外伝なので説明は省く。『地球防衛軍』は前作の正統進化と呼ぶに相応しく、プラットフォームの限界まで表示される敵を粉砕する爽快感は抜群だ。ストーリーも王道でありながら期待を裏切らずアイテム収集も楽しく、友達とも遊べるソフトなためコスパも良い。フルプライスで発売しても問題の無いソフトだ。『The Bureau』は海外版ソフトなので知らない方も多いだろうが、あの名作SLG『XCOM』を題材にしているだけあり戦術性の高さは実に楽しめる。各ユニットが奮闘する状況はコマンダーであるSLGとはまた違った楽しみができるだろう。『ヒドゥン&デンジャラス』や『コマンドス』と言ったパズル的要素の含む作品が減少している中にあって異彩を放つ作品と言える。


・RPG
これは『DiabloⅢ』しかない。PC版を大幅に改良した本作はハクスラの楽しさがなんたるものかを実感できる素晴らしいソフトだ。PC版での作業が全て楽しい操作に変わるのだから、如何にバランスとUIが重要かが解る。他のRPGが霞むほどの濃いハクスラ性と中毒性は絶賛したくなるほどだ。これ以上書くのも無粋なので、敢えて書かないがRPG好きなら購入してほしい。


・ACT
モンスターハンター4』と『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』が秀逸であった。『モンスターハンター4』は有名なシリーズなので説明不要であろう。日本のハクスラと海外のハクスラの違いがよく分かるソフト。『ゼルダの伝説』は昔ながらの古き良きアクション性を備えつつ、パズルを解く楽しさを提供するソフトだ。開発社の自慰的パズルが多い作品が多い中、プレイヤーを楽しませることを目的に製作された本作は、大人でも読める絵本だ。幼き日に読み聞かせてもった本も、成長するにつれて興味が無くなるものだが自分に子供ができ読み聞かせる立場にあるとその良さを改めて実感できるものだ。特に本作はSFC版の前作から20年以上が経過しており当時楽しんだ大人が子供へと与えるソフトとしてはすこぶる相性が良い。このクオリティを維持する任天堂が凄いとも言えるのだが。


・ADV
特に無し


・SLG
特に無し


・Kinect
特に無し


・まとめ
今年も相変わらず箱○と3DSはソフトが多く充実した年であった。箱○は後継機の『Xbox one』(以下箱1)が発売されてもソフトが激減することもなく、淡々と発売されているのが素晴らしい。縦マルチが増える傾向はあると思うが、どちらも楽しめるのが流石Xboxシリーズだろう。(別実績なので実績好きには二度美味しいとも言える)ローカライズに関しては某社が潰れたりと色々あったが海外との発売日も近く文句は無し。去年も書いたが発売されるだけで満足だ。来年は箱1のソフトが増え、箱○と同時に楽しめそうで実に楽しみだ。特に発売と同時にDL可能なので海外版を購入しなくて良いのが嬉しい。箱○、箱1、3DSと実に素晴らしいプラットフォームが揃ったものだ。(WiiUは売却した…)


来年の期待ソフトとしては、箱1の真骨頂を見られそうな新IP『Titanfall』、『Halo』のノウハウを活かしたバンジー作品『Destiny』、日本でDRPGを作らせたら右に出る者は居ないエクスペリエンスの『剣の街の異邦人』と期待度の高いソフト群が並んでいる。PCゲーでは文句無しに『Pillars of Eternity』だ。面白そうなソフトが多い反面、地雷なソフトも多そうなので見極めは間違えないようにしたい。


以下、今年プレイソフト一覧。
タイトルの右の○はクリア、×は未クリア、数字はプレイ時間。

1/1 New 剣と魔法のイムドリア アップグレード版 × 3
1/1 東方カードモンスターズ ○ 19
1/3 東方巫行跡 ~ Nightmare of Sleeping Girl × 1
1/4 みらくる超パーティー-早苗と天子の幻想迷宮- × 28
1/4 幻想の系譜 ○ 58
1/17 Dmc Devil May Cry × 3
1/24 Hitman: Absolution ○ 13
1/25 GEARS of DRAGOON ~迷宮のウロボロス~ × 18
2/2 Akaneiro: Demon Hunters ○ 3
2/7 Dead Space 3 ○ 15
2/8 Omerta: City of Gangsters - 0
2/13 Aliens Colonial Marines × 3
2/13 電脳戦機バーチャロン ○ 0
2/15 Pastel Chime 3 Bind Seeker × 16
2/27 METAL GEAR RISING: REVENGEANCE ○ 5
3/1 智代アフター ○ 1
3/1 マジてん マジで天使を作ってみた ○ 2
3/2 MEGAMIND ULTIMATE SHOWDOWN ○ 4
3/4 NCIS ○ 4
3/5 Rango The Video Game ○ 6
3/5 Battleship○ 6
3/6 Iron Man 2 ○ 3
3/7 SimCity ○ 8
3/7 Crysis 3 ○ 8
3/7 Chronicles of Narnia: Prince Caspian ○ 8
3/8 Green Lantern Rise of the Manhunters ○ 7
3/9 FarCry 3 ○ 14
3/11 CSI Crime Scene Investigation Deadly Intent ○ 6
3/12 Captain America Super Soldier ○ 8
3/14 Happy Feet Two ○ 6
3/18 Rayman Origins × 2
3/18 CSI Crime Scene Investigation Hard Evidence ○ 6
3/20 Legend of the Guardians: The Owls of Ga'Hoole ○ 6
3/21 Gears of War: Judgment ○ 6
3/22 Dark Void × 5
3/22 プリンス・オブ・ペルシャ 忘却の砂 ○ 7
3/25 Rise of the Guardians ○ 4
3/27 SpongeBob's Truth or Square ○ 5
3/28 Ben 10 Galactic Racing ○ 5
3/28 Army of TWO The Devil's Cartel ○ 10
4/3 任天童子 × 1
4/19 Sacred Citadel × 3
4/25 STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム ○ 6
4/26 魔導巧殻 闇の月女神は導国で詠う ○ 63
5/16 マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス ○ 4
5/23 BIOHAZARD REVELATIONS UNVEILED EDITION ○ 11
5/23 真・女神転生 Ⅳ ○ 45
5/30 怒首領蜂 最大往生 ○ 6
6/2 LUNATIC DAWN Passage of The Book × 1
6/4 The Demon's Kingdom 亡国の女達 ○ 3
6/5 State of Decay × 7
6/6 UNDER DEFEAT HD ○ 7
6/8 へべれけ! ~すすめ 赤軍少女旅団!~ ○ 16
6/11 Flowerz ○ 2
6/12 Minesweeper ○ 2
6/13 Final Fantasy × 1
6/14 Doritos Crash Course 2 × 1
6/15 Happy Wars × 1
6/16 The War Z ○ 1
6/17 不思議の大冒険 チルノ見参! ○ 4
6/21 Breeze × 1
6/23 DRAGON SLAVE × 3
6/24 COLLAPSE ○ 1
6/26 Magic: The Gathering - Duels of the Planeswalkers 2014 ○ 7
6/27 新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女 ○ 46
7/4 地球防衛軍4 ○ 59
7/11 Dead Island: Riptide ○ 19
7/13 ピクミン3 ○ 15
7/15 スーパーロボット大戦UX ○ 50
7/21 Uno HD ○ 1
7/25 LEGO CITY UNDERCOVER ○ 12
7/26 Magic Online ○ 5
7/27 ルイージ マンション 2 × 2
7/29 Inplode! × 1
8/1 Metro: Last Light ○ 16
8/2 KILLER IS DEAD × 3
8/12 東方クエスト × 1
8/12 東方バトルレイダーズ × 1
8/13 東方の迷宮 2 × 24
8/21 Flashback ○ 6
8/22 DISORDER 6 ○ 4
8/24 The Bureau: XCOM Declassified ○ 12
8/24 The Wonderful 101 × 10
8/28 Teenage Mutant Ninja Turtles: Out of the Shadows × 8
8/29 LOST PLANET 3 ○ 24
9/3 オトメディウスX ○ 1
9/5 Tom Clancy's Splinter Cell Blacklist ○ 12
9/5 Farming Simulator × 1
9/10 Diablo III ○ 136
9/12 AIR CONFLICTS VIETNAM ○ 6
9/14 モンスターハンター4 ○ 118
9/26 ゼルダの伝説 風のタクト HD × 1
9/26 PAINKILLER HELL & DAMNATION ○ 4
9/27 ランス01 光をもとめて ○ 12
10/8 ROCK OF AGES ○ 5
10/10 Grand Theft Auto V ○ 36
10/12 ポケットモンスター X ○ 21
10/13 新 絵心教室 ○ 1
10/22 Ascend: Hand of Kul × 3
10/22 紅魔城伝説 緋色の交響曲 ○ 1
10/22 紅魔城伝説II 妖幻の鎮魂歌 ○ 1
10/23 アサシン【乱世の死神】サラ 探索型RPG ~宿命の姉妹~ ○ 9
10/23 Magica ○ 7
10/24 How to Survive ○ 11
10/25 Castlevania: Lords of Shadow - Mirror of Fate HD ○ 12
10/30 Teenage Mutant Ninja Turtles ○ 6
11/1 Blood Knights ○ 4
11/2 Vandal Hearts: Flames of Judgment × 2
11/5 薬と魔法のミーリエル ○ 4
11/6 LIFE IS PARADISE 完全版 × 2
11/7 Battlefield 4 ○ 4
11/7 Battlefield 4 ○ 44
11/7 METALMAX4 月光のディーヴァ ○ 50
11/14 Call of Duty: Ghosts ○ 7
11/14 Deadfall Adventures × 2
11/14 デモンゲイズ × 16
11/22 Dead Rising 3 ○ 25
12/5 Batman: Arkham Origins - 0
12/12 パズドラZ × 2
12/26 ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 ○ 15

集計結果
プレイ本数 120本
クリア率 71%

2013年合計プレイ時間  1429時間
(2012年 1383時間
2011年 1089時間 
 2010年 1083時間
 2009年 1564時間)

合計獲得実績 35060
実績解除率 57%

ジャンル分類
FPS/TPS 22
RPG 29
ADV 9
ACT 31
SLG 13
ETC 10

国別分類
国産 38
海外産 64
同人 18

日本語版ソフト 83本
外国語版ソフト 37本

お金
購入合計金額 641498
売却合計金額 285917
ゲーム株の利益 75849
実費 280182

・感想
FPSやRPGは当りが多い反面、SLGやADVは不作だったように思う。去年と比較してプレイ時間は増えた印象だが、長く遊べるソフトとクリアまでに時間がかかるソフトが多いからだろう。実績は1万以上減っているし、クリア率も減少傾向なので去年が量の年とするならば今年は質の年か?来年は諸事情があり、お金をあまりかけられないのと、時間もどうなるか解らないので、レビュー数やプレイの絶対数は減りそう。それでもゲームはプレイしていくので、極力更新できるようにしたいですね。今年も良い年でした。来年も期待したいです。
[ 2013/12/31 15:29 ] 年末まとめ 2013年 | TB(0) | CM(4)

2012年をふりかえって

2012年にプレイしたソフト一覧とクリア率などのまとめ。自分が2012年にプレイしたソフトなので、2012年以前のソフトもありますし、日本では発売されていない海外版ソフトなども含まれています。



プレイソフト一覧は長くなるので、最後に回して、先に各ジャンルを。



・FPS
今年もFPSは色々発売されたが、特筆すべきは『Borderlands 2』、『Halo4』、『Call of Duty;Black Ops 2』であろう。『Borderlands 2』は前作を正統進化させた作品であり、ボリューム、ストーリーの幅とかなりの広がりを見せた。ハクスラFPSの面白さを世に広げた素晴らしい作品だ。DLCが配信されていることもあり、遊び応えは抜群だ。『Halo4』も外せない。製作会社や声優が変化したものの、シングルプレイを通してマルチプレイの要素を学ぶ姿勢は変化しておらず、楽しみながらチュートリアルをプレイできるのは良い。ストーリーばかりに目が行きがちだが、こうしたマルチプレイの下地を作る配慮は素晴らしい。『Call of Duty;Black Ops 2』も流石の一言に尽きる。ストーリーも過去と未来をリンクさせつつ展開していき、前作からの流れを失っていない。代表作になったシリーズなのでFPSならばとりあえずプレイしてほしい作品。


・TPS
TPSは『Max Payne 3』と『Transformes:Fall of Cybeatron』だ。TPSはシリーズ物が多く、特筆すべき進化は無いが、バレットタイムを導入した『Max Payne 3』は、前作プレイ者であれば待ち望んだ続編であり、ハードボイルな中身と併せて満足できる作品であった。従来の難易度故に、評価はあまり高く無いが、システム性においては素晴らしい。開発スタジオ部門の閉鎖に伴い、続編は期待できそうにもないが、システムが残っている限り、別のゲームに継承されて行くだろう。『Transformes:Fall of Cybeatron』は、タイアップ物とは言え、システム面が作り込まれており、元ネタを知らなくて楽しめるゲーム性が素晴らしかった。オンラインも搭載されており、ロボットTPSとしては文句の無いデキだ。『トランスフォーマー』が好きであれば、さらに楽しめる演出も堪らない要素だ。


・RPG
RPGも数多く発売されたが目を引いたのは『Mass Effect 3』と『Diablo Ⅲ』だ。『Mass Effect 3』は集大成と呼ぶに相応しく、スケールの大きさは過去最大であった。TPS部分も重量の概念を取り入れ運用性が増していたのは素晴らしい。選択により最終演出が異なるため3週もプレイしてしまうほどだ。その過程で全解除可能な実績分配も文句無しだ。『Diablo Ⅲ』は、期待された続編だけあり、発売当初の熱狂は凄まじいものがあった。ビルド構築の楽しさは激減したが、新規参入の敷居を下げ、プレイヤー同士が戦術を吟味し合う様は、オンライン系RPGとしての良さを前面に出していた。特にオークションシステムは、時間をゲーム内のお金で買えることができ、プレイ時間が少ない方にもお勧めだ。無論、利用せずともプレイは可能なので、幅を狭める必要はない。


・ACT
『Prototype 2』と『Dishonored』だろう。『Prototype 2』は残念ながら開発会社が閉鎖してしまったが、前作キャラとの確執、縦横無尽に飛び回れるゲーム性、アクションとしての楽しさを追求しており、続きが非常に気になる作品であった。主人公がミュータントな点がアクションに幅を持たせており、自分に見合ったスキルを使用して暴れ回るには良いゲームだ。『Dishonored』はどちらかと言うとFPSであるが、中身はれっきとしたステルスゲーであり、攻略方法の多さが注目された。直接殺害、間接殺害、無効化の要素はリプレイ性を増しており、何度も繰り返しステージを遊べる点が素晴らしい。トライ&エラーの真骨頂と言える。


・ADV
『The Walking Dead』と『ルートダブル - Before Crime * After Days -』を挙げたい。『The Walking Dead』はGOTYを受賞した作品だけあり、ストーリーの魅せ方が素晴らしい。原作の味を損なうことなく、ゲーム化しており、続きが気になるADVだ。簡単な謎解きやゾンビ戦が刺激のスパイスになっており、緩急をつけている点がプレイヤーを飽きさせない。安価性も評価に加味すべきだろう。『ルートダブル - Before Crime * After Days -』は、閉鎖空間での壊れっぷり、そこからの再生への道と、読ませる要素が非常に多く、他ルートとのシナジーも併せて、考える要素の多いソフトだ。あまり注目されなかったソフトだが、科学ADV好きにはお勧めしたい作品だ。


・SLG
『ファイアーエムブレム 覚醒』と『XCOM: Enemy Unknown』が秀逸だった。『ファイアーエムブレム 覚醒』は、自分の分身がユニットと参加できる上に、すれちがい通信の要素を存分に活かした内容であった。表現こそ賛否両論あるだろうが、システム面では既存のシリーズ同様本気で殺しにきていた。これこそ、『ファイアーエムブレム』だろう。良い意味で難易度の高いSLGを遊びたい方にはお勧めしたい作品だ。『XCOM: Enemy Unknown』はリメイク作品だが、昔の要素をそのままにリメイクしており、純粋に楽しめるに作品に昇華している。鬼畜実績と併せて、チャレンジ精神を掻き立てる作品だ。単純なターンベース作品ではあるが、戦略面と戦術面を同時に遊べる希有なソフトでもある。昔のソフトが嫌いでなければお勧めしたい作品だろう。


・Kinect
特に無し。


・その他
ジャンル別けが難しいソフト類はここで紹介する。『とびだせ どうぶつの森』と『わがままファッション Girls Mode よくばり宣言!』が良かった。『とびだせ どうぶつの森』はシリーズ物ではあるが、村を開拓する過程が楽しく、ついつい毎日プレイしてしまう作り込みが半端ない。目的は無くても村を歩きたくなる楽しさを詰め込んだ作品と言える。これは、実に素晴らしいことである。『わがままファッション Girls Mode よくばり宣言!』は、所謂着せ替えゲーなのだが、プレイの持続性を高める要素(ファッションショーなど)を上手く絡めており、飽きの来ない仕様だ。登場する女性キャラも味があり、男性でも充分に楽しめるソフトだ。些細な変化を楽しむ女性向けのソフトではあるのだが、斬新なソフトからお勧めに挙げたい。


・まとめ
今年は箱○、3DSともに多くのソフトが発売され、とても充実した年であった。特に箱○は良質なソフトが多く、発売から7年経過した今も色褪せない強さがあると言える。特に海外の良質なソフトが間を置くことなくローカライズして販売されるのは嬉しい限りだ。この傾向は年々強くなっており、来年に至っては海外と2日しか差がないソフトが多く、非常に良い時代になったと実感させられる。任天堂もWiiUを発売した。3DSとWiiUがあれば任天堂のソフトは遊べるので、据置機、携帯機ともに揃ったと言えよう。来年は箱○の新型機も控えており、今後ゲーム業界がどうなっていくのか非常に気になる。特に今年はソーシャルゲーの台頭があり新しい風を吹き込んだと言える。いずれは、任天堂以外の株も購入したいところではある。


来年の気になるソフトは、グラボ過熱競争時代にトドメを刺した『Crysis』の続編『Crysis 3』、どうなるアイザック?の『Dead Space 3』、現代のPCでどう表現されるのか?『SimCity』と気になる大作が目白押しだ。他にもEidosの『Hitman』、UBIの『Splinter Cell Blacklist』、エクスペリエンスの『剣と街の異邦人』が控えており、来年も充分にゲームライフを堪能できそうである。


以下、今年プレイソフト一覧。
タイトルの右の○はクリア、×は未クリア、数字はプレイ時間。

1/4 ですろり 21話-24話前半 ○ 4
1/17 Fallout: New Vegas Lonesome Road ○ 5
1/17 Fallout: New Vegas Gun Runners’ Arsenal ○ 2
1/19 お姉チャンバラZ ~カグラ~ ○ 6
1/26 ARMERD CORE Ⅴ ○ 10
1/27 Tropico 4 × 0
2/2 Dragon Age Ⅱ ○ 45
2/5 NeverDead × 1
2/9 Fabstyle ○ 15
2/16 BINARY DOMAIN ○ 10
2/22 Alan Wake: American Nightmare ○ 6
3/1 Piaキャロットへようこそ!!4 ~夏の恋活~ ○ 5
3/1 TMNT ○ 4
3/2 W.L.O. 世界恋愛機構 ○ 7
3/5 タユタマ -Kiss on my Deity- ○ 3
3/5 俺の嫁 ~あなただけの花嫁~ ○ 4
3/5 CHAOS; HEAD らぶChu☆Chu! ○ 2
3/5 code_18 ○ 2
3/6 マヴラブ ○ 4
3/7 メモリーズオフ6 ~T-wave~ ○ 4
3/8 メモリーズオフ ゆびきりの記憶 ○ 3
3/8 メモリーズオフ6 Next Relation ○ 2
3/9 のーふぇいと!-only the power of will- ○ 3
3/9 BAJA 1000 : Score international ○ 7
3/10 I Am Alive ○ 6
3/12 Ice Age: Dawn of the Dinosaurs ○ 6
3/13 Hannah Montana The Movie ○ 5
3/14 怒首領蜂大往生ブラックレーベル EXTRA ○ 7
3/15 Mass Effect 3 ○ 49
3/19 SAW ○ 7
3/22 Prison Break: The Conspiracy ○ 10
3/26 Where the Wild Things Are ○ 6
3/27 BOURNE CONSPIRACY ○ 7
3/28 Marvel Super Hero Squad The Infinity Gauntlet ○ 6
3/29 マージャン★ドリームクラブ ○ 14
3/29 Alone in the Dark × 1
4/5 kinect: Star Wars ○ 4
4/8 Fallout × 3
4/12 魔法使いの夜 ○ 24
4/18 Trials Evolution 6
4/19 ファイアーエムブレム 覚醒 ○ 21
4/19 War In The North:The Load of The Ling × 5
4/24 Prototype 2 ○ 12
4/26 BIOHAZARD:Operation Raccoon City ○ 4
4/27 創刻のアテリアル ○ 38
5/9 Minecraft : Xbox 360 Edition ○ 12
5/15 Diablo Ⅲ ○ 48
5/24 Dragon's Dogma ○ 61
5/31 ゆきゆきてモンスター軍 ○ 9
6/6 正義の味方? ○ 2
6/6 剣と魔法のイムドリア × 4
6/11 CapriceDoll ○ 5
6/14 ルートダブル - Before Crime * After Days - ○ 36
6/21 重鉄騎 × 3
6/22 Magic: The Gathering - Duels of the Planeswalkers 2013 ○ 5
6/28 ROBOTICS;NOTES ○ 24
7/5 Ghost Recon Futuer Soldier - 10
7/10 Run Time Pastard ○ 2
7/21 みらくる☆パーティー -不思議の幻想郷2- ○ 7
7/31 TESⅤ:Skyrim Dawnguard ○ 12
8/1 Deadlight ○ 4
8/2 脱出アドベンチャー 旧校舎の少女 ○ 4
8/5 東方ちぇむぶれむ ○ 26
8/10 東方幻想魔録 ~ 祭 × 32
8/12 いらない子ゲーム ○ 5
8/14 野望の幻想郷 ○ 6
8/15 東方ディアブロ トレジャーハンターG × 3
8/17 The Expendables 2: The Video Game × 3
8/18 3M #define ディレクターズカット版 ○ 5
8/20 東方の迷宮 SpecialDisc × 8
8/23 The Witcher 2 Assasin of Kings ○ 36
8/25 Transformes:Fall of Cybeatron ○ 14
8/30 Spec Ops: The Line ○ 10
8/31 デビルサマナー ソウルハッカーズ ○ 22
9/6 Max Payne 3 ○ 14
9/6 Lost Heros ○ 36
9/12 Hitman: Sniper Challenge ○ 1
9/14 宵闇伝説 ○ 5
9/19 REALMS OF ANCIENT WAR × 3
9/21 Torchlight II ○ 22
9/22 Borderlands 2 アジア版 ○ 49
9/27 Sleeping Dogs 香港秘密警察 ○ 21
10/4 BIOHAZARD 6 ○ 21
10/11 Fable: The Journey × 4
10/11 Dishonored ○ 15
10/11 BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRLY ○ 29
10/12 XCOM: Enemy Unknown XBOX360版 ○ 20
10/16 Borderlands 2 Captain Scarlett and Her Pirate’s Booty ○ 12
10/17 XCOM: Enemy Unknown Steam版 ○ 12
10/24 Forza Motorsport 4 × 1
10/24 東方冥異伝GoldEdition × 4
10/25 Borderlands 2 日本版 ○ 0
10/25 Forza Horizon × 4
10/26 Phantom -Phantom of Inferno- ○ 12
10/27 DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION ○ 72
10/30 Transformers Prime: The Game ○ 2
11/8 Halo 4 ○ 8
11/9 とびだせ どうぶつの森 ○ 24
11/13 Assassin's Creed III ○ 8
11/22 Call of Duty: Black Ops 2 ○ 8
11/23 Medal of Honor: Warfighter ○ 6
11/24 ポケモン不思議のダンジョン~マグナゲートと∞迷宮~ × 2
11/24 蠅声の王 ○ 5
11/29 Darksiders II × 8
12/1 わがままファッション Girls Mode よくばり宣言! × 8
12/6 蠅声の王 シナリオⅡ - 1
12/8 モンスターハンター3G HDVer ○ 65
12/9 ZombiU ○ 10
12/13 Port Royale 3 × 2
12/13 Xenoblade × 4
12/16 ファイアーエムブレム 暁の女神 - 11
12/19 脱出アドベンチャー 魔女の住む館 ○ 6
12/22 TESⅤ:Skyrim Dragonborn ○ 8
12/25 The Walking Dead ○ 10
12/27 ファンタジーライフ ○ 16


集計結果
プレイ本数 115本
クリア率 78%

2012年合計プレイ時間  1383時間
(2011年 1089時間 
 2010年 1083時間
 2009年 1564時間)

合計獲得実績 41755
実績解除率 68%

ジャンル分類
FPS/TPS 15
RPG 29
ADV 25
ACT 27
SLG 10
ETC 8

国別分類
国産 45
海外産 52
同人 16

日本語版ソフト 98本
外国語版ソフト 18本

お金
購入合計金額 544741
売却合計金額 224897
実費 319844

・感想
今年は3月半ばにブログを開設したので、モチベーションが上がり、プレイ本数が増えた印象。3月に借りた本数が多いので、実質は100本前後で落ち着くかなぁと。クリア率も78%と去年よりは高め。その分、プレイ時間も増えており去年より200時間増しの1300時間。過去4年の平均値な印象。ソフトが多く発売されたので、どうしても増える印象がある。今年から実績解除率を出してみたけど60%越えているとは思わなかった。数時間で売るソフトは3%とかになるので、かなり解除率は低いと思ったのだけどそうでも無いようだ。20代後半と良い歳になってからは、実績解除が億劫になったきらいがある。あと5分頑張れば解除できると理解していても、そこへやる気がついていかない。故に、実績に拘っている箱○プレイヤーの凄さを改めて実感した年でもあった。スコアが20万を越えている方、解除率90%越えている方など、プレイヤーとして本当に尊敬してしまう。自分には絶対に無理だと解っているので。お金は…去年より10万ぐらい出費が増えているが、毎年廃スペックPCを新調して時代(96年-07年)に比べればマシ。おかげで椅子やモニターにお金を突っ込めるにようになったのは利点。なんにせよ、来年も楽しい年になりそうだ。来年はもう少し他ソフトと絡めたレビューを書きたいなぁ。
[ 2012/12/31 11:26 ] 年末まとめ 2012年 | TB(0) | CM(0)

2011年を振り返って

2011年にプレイしたソフト一覧とクリア率などのまとめ。自分が2011年にプレイしたソフトなので、2011年以前のソフトもありますし、日本では発売されていない海外版ソフトなども含まれています。



プレイソフト一覧は長くなるので、最後に回して、先に各ジャンルを。

・FPS
今年も色々発売されが、FPSでは『Deus Ex: Human Revolution』が非常に面白かった。本作は、『Deux Ex』に原点回帰したソフトであり、従来の4要素(戦闘、会話、ハッキング、隠密)をサイバーパンクな世界観に取り入れ、今日の画像とシステムでプレイ可能となっている。攻略に最適解が無く、常にトライ&エラーを繰り返しながら、自分なりの攻略法を見つけるのは、非常に楽しい。思わぬ隠しルートや主人公の人体拡張に依って変化する難易度は周回性があり、やり込みソフトとしても充分。そして、『Deux Ex』へと繋がるストーリー、文句のつけようがない。多少のバグはあるが…。次回作もお願いします、Eidosさん。

FPSであればやはり外せないのが『Call of Duty: Modern Warfare 3』であろう。MWシリーズの最終作であり、シングルプレイは過去キャラを含めほぼ出演と、シリーズをプレイされた方には堪らない出来。演出も素晴らしく相変わらず引き込まれる。最後も含め、洋ゲーっぽい終わり方が堪らない。とりあえずFPSを遊んでみたいなら抑えておいて間違いないソフトであろう。オンラインはプレイしていないので知らない。


・TPS
TPSは…『Gears of War 3』しか思いつかない。『GoW』シリーズ最終章だけあり、集大成。展開が気になるストーリー、飽きの来ないホード、今尚配信されているDLC、やり込み要素たっぷりな実績と、箱○のDVD要領をフルに使用したソフト。これでもかと作り込まれており、時間を忘れて遊べる。なんと言うか、TPSを遊びたいなら、『Gears of War 3』を買え!としか言えない。ここまでプレイヤーを惹き付けるソフトも珍しい。


・RPG
最初に思いつくのが『The Elder Scrolls V: Skyrim』だ。謎の圧縮技術で4GB弱まで容量を抑えながらの華麗なグラフィック、豊富なクエスト、生きている世界と、よくもまぁ、表現したなと思えるほどの作り込み。前作同様の自由度もあり、本当に『ロールプレイ』可能な作品。傍から見れば、途方もないお使いなのだが、それを感じさせないバランスと演出、バグがあっても続けたくなる中毒性と、数年はこれを超えるRPGは出ないと思われるほどの大作。まさに名作RPGと呼ぶ相応しい。

次は『迷宮クロスブラッド リローデッド』。所謂、ダンジョンRPGなのだが、パッケージからは想像がつかないほどの難易度、豊富なカスタマイズ性、収集するだけで楽しいアイテムの数々と、ダンジョンRPGに必須な部分は全て盛り込まれており、硬派なソフトに仕上がっている。日本のダンジョンRPGメーカーを1つ挙げろと言われて思いつくのは、エクスペリエンスしかなく。他社の追随を許さないほどの丁寧な作り、ユーザーフレンドリーな姿勢は素晴らしいものがある。あまりの難易度故にダンジョンRPG初心者にはお勧めできないが、『Wiz』が好きな方には文句無しでお勧めだ。初心者の方は同社製作の『円卓の生徒』をお勧めする。次回作も非常に気になる。

最後は『METAL MAX 2 リローデッド』。DSと侮るなかれ、『METAL MAX 3』こそバグが多く、酷いデキであったが、今作は致命的なバグも無く、名作『METAL MAX 2』をベースに今日のシステムで甦っており、文句無しに遊べる作品。核戦争後の世界を戦車と犬とで君も探検してみないか?自由度の高さも相変わらずなので、好きなようにプレイできるのも魅力的。正直、開発会社見直した。3作目となる、次回作が出るのかどうかは知らないが、この調子ならば非常に期待できそう。


・ACT
アクションとして最初に思いつくのは『Batman: Arkham City』であろう。バットマンなりきりゲーなのだが、豊富なガジェット、個性豊かなディテクティブコミックのキャラ達、戦うだけで楽しいコンバットモード、頭を使う謎解きと、何というか、プレイヤーが楽しめる要素がたっぷり詰めこまれている。詰め込み過ぎると作業ゲーになりながちなのだが、それを感じさせない演出と世界観は素晴らしいものがある。キャラクター物はハズレが多いとされる中、ほぼ例外的なソフトであろう。バットマンが嫌いでなければ、プレイしてほしい作品だが…バッマンの映画を見た程度だと、キャラがさっぱりなのが辛いところ。

次は『Saints Row: The Third』。これほどまでに、真面目に作られたバカゲーは珍しい。相も変わらず、ギャング同士の構想なのだが、それがあまりにもバカっぽく作られており、遊び心満載なのだ。詳細を具体的に書きたいところが、この手のバカゲー(注:誉め言葉)は、実際に遊んで貰って、解る範囲内でニヤニヤしてもらうほうが良いので、書かないが、バカゲーの響きに何かを感じる人ならば、手を出して損はしない。シリーズ3作目と言うこともあり、バグも少なく、丁寧に作り込まれているのも高評価。

最後は『モンスターハンター3G』。やっぱりモンハンは面白い。結局、モンスターに名を借りたハクスラではないかと言われそうなのだが、敢えて、それに挑戦し続ける姿勢が堪らないのだ。3DSになり、3D表示はともかく、システム周りには非常に良くなっている。1つはターゲットシステム。これにより、変な持ち方をせずともカメラ操作が可能になり、快適にプレイしやすくなった。また、従来の携帯機と比較すると画面こそ小さくなったが、上画面と下画面との情報量が増加しており、滑らかさもあり、解りやすくはなっている。難易度も2Gの頃に戻った印象があり、どちらかと言えば、2Gをプレイされていた人にお勧めしたい。ソロでこれだけ楽しいのだから、複数人でプレイすればもっと楽しそうだ。(お正月は神社で誰かとすれ違ってやる!)


・ADV
アドベンチャーは『遙かなる時空の中で3』。いきなり乙女ゲー挙げるなよと言われそうですが、面白かったんですよ。ジャンル的にはRPGなのかもしれないけど、RPG要素はほぼオマケ状態なので、ADVに入れさせてもらいました。女の子が白龍の巫女に選ばれて、破滅の未来を回避するために時空を超える物語であり、その間に好きな男性を落とすと言うもの。乙女ゲーと侮るなかれ、システム周りはよくできているし、男性でも気になるストーリー展開とかなりのもの。えーと…まぁ…ここはオレが熱く語るよりは、女性のほうが説明が上手いと思うので、気になる方はググってみて下さい。

『INTANT BRAIN』と『ダンガンロンパ』も推理物なので、なかなか楽しめる。どちらも推理パートが簡単過ぎるのはアレだが…。


・SLG
シミュレーションだと、やはり『大帝国』と『神採りアルケミーマイスター』かな。アリスソフトとエウシュリーの難しいSLGシリーズ。少し間違えるだけで詰む難易度は相変わらず。何というか、大人向けのSLG。18禁ソフトなので、これ以上は書かないけど、大人の方で、気になった方はサイトに飛んでみて下さい。やはりと言うか、SLGはPCが強いですね。相性が良いと言うのもありますが。

CSで挙げるなら…『金色のコルダ』。また乙女ゲーかよ!と思われるかもしれないけど、これまた、面白いソフト。本当はADVなのだけど、時間管理の概念が凄まじくシミュレーションよりなので、こちらで。本作は、演奏会で優勝を狙う傍ら、好きな男の子を落とすソフトなのだけど、演奏会で使用する楽譜や物語が学校の中に散らばっており、練習や恋の傍らにそれを集めなくはならなず、同時進行しようものなら、時間が足りなくなる。この時間のやり繰りが非常に面白く、最適解を見つけるまでの過程が男性にも楽しんで貰える部分。但し、難易度は高い。個人的には難ゲー『猟奇の檻』を彷彿とさせた。乙女ゲーだけど、女の子も落とせるし、糖分控えめなので、男性でもプレイできるよ。


・Kinect
『RISE OF NIGHTMARES』かな。キネクトセンサーフル活用、アドベンチャー。全身を操作しつつ、妻を救出するソフトなのだが、動作が多く、非常にやり応えがある。この辺は流石、セガ!何というか、キネクトセンサーってこんな風に使えるのね!と思うような作品。操作性故に、人を選ぶが、キネクトで変わったソフトを遊んでみたい方にはお勧めな1本。Z指定なので、そこは注意。
(キネクトソフトは他にも購入したのですが、他に遊びたいソフトがあってプレイしていません…ごめんなさい)


・まとめ
2011年は名作と呼ぶに相応しいソフトが数多く発売され、非常に充実した年であった。(去年なんか紹介するソフトが1本も無かった…。一昨年と去年も書いているので興味のある方は右側の年度まとめからどうぞ)箱○も成熟期を迎え、そこにキネクトのテコ入りがあり、非常に良い仕上がりとなっている。ソフトも良質な海外産がすぐにローカライズされることもあり、個人輸入したソフトを辞書を引きながら必死に翻訳していた昔とは比較にならないほど、素晴らし時代へと移り変わった。本当、持っていて良かった箱○。ここまで充実したソフト環境を提供してくれていることには、本当感謝している。20年以上ゲームで遊んでいるが、箱○ほど満足させてくれた機種は無かった。勿論、日本人なので任天堂の機種も好きですよ。特に3DSは堪らないものがあります(良い歳して、すれちがい通信に一喜一憂したりね)、年齢層の問題で、遊ぶソフトが少ないですが…。任天堂とMSが今後どのような展開をしていくのか非常に楽しみですね。来年はWii-Uが発売だったかな?


さて、今後のソフトラインナップではあるが、『Mass Effect 3』、『Max Payne 3』、『Diablo Ⅲ』(PC)と海外ソフトは、3作目が多く、3作目は名作が多いとの評判から、非常に期待のできるソフト群になっている。国内では3DSで気になるソフトが多い。個人的には『ファイアーエムブレム 覚醒』かな。まだ、情報が出そろっていないので、不明瞭な点もあるが、今の流れからして、来年も楽しめそうな年になりそうである。


以下、今年プレイソフト一覧。
タイトルの右の○はクリア、×は未クリア、数字はプレイ時間。

1/13 Mass Effct 2 ○ 32
1/24 Doritos Crash Course ○ 3
1/27 Dragon Age: Origines ○ 60
2/10 円卓の生徒 Sutdents of Round ○ 35
2/17 Two World 2 × 8
2/24 遥かなる時空の中で5 ○ 8
3/2 遥かなる時空の中で3 ○ 12
3/9 Dragon Age 2 ○ 24
3/28 モミジは紅くその身を染めて ○ 10
3/31 魂々 ○ 8
4/7 Dragon Age: Origins - Awakening ○ 18
4/14 ペルソナ2 罪 × 2
4/14 HOMEFRONT ○ 6
4/14 金色のコルダ ○ 6
4/18 亜人王の城 ~女戦士レヴィアの冒険~ ○ 2
4/19 天制覇外伝 ベロニカナイン ○ 8
4/22 神採りアルケミーマイスター ○ 45
4/24 キャサリン × 3
4/27 大帝国 ○ 40
4/28 最後の約束の物語 ○ 12
5/4 El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON ○ 10
5/11 Test Drive Unlimeted 2 ○ 24
5/19 グングニル 魔槍の軍神と英雄伝説 × 8
5/19 乙女の悲劇は残酷なキス ○ 5
5/21 FINAL FANTASY 14 ○ 1
5/27 Minecraft ○ 10
5/27 City in Motion × 1
6/2 Dance Central × 0
6/4 ダンジョン アーミー × 3
6/9 Red Fuction: Armagedon ○ 8
6/11 銃声とダイアモンド ○ 8
6/12 大番長(DL版) ○ 10
6/13 Fortunat the first ○ 3
6/16 ダンボール戦機 × 8
6/26 Transformers Dark of the Moon ○ 6
6/29 Shadow of the Damned  ○ 8
7/7 L.A.Noire ○ 22
7/7 EARTH DEFENCE FORCE:INSECT ARMAGEDDON ○ 7
7/21 Alice: Madness Returns ○ 18
7/21 F.E.A.R 3 × 1
7/28 Dungeon Siege Ⅲ ○ 20
7/30 Zill O'll infinite plus × 1
7/30 Unreal Tournament 3 × 1
7/30 X-Blades × 1
8/13 The Witcher 2 × 4
8/18 グローランサー Ⅳ オーバーリローデッド × 12
8/25 Hunted:The Demon's Forge ○ 15
8/25 ランスクエスト × 24
8/31 Fallout New Vegas: Honest Hearts ○ 5
9/1 グランナイツヒストリー × 2
9/2 ダンガンロンパ ○ 10
9/7 Crimson Alliance ○ 4
9/8 Rise of Nightmare ○ 7
9/15 Dunamis 15 ○ 12
9/11 Torchlight ○ 8
9/22 Gears of War 3 ○ 8
9/29 デッドエンド Orchestral Manoeuvres in the Dead End ○ 8
9/29 英雄伝説 碧の軌跡 ○ 36
10/6 Rage × 4
10/12 Guardian Heroes ○ 5
10/13 デッドライジング 2 オブ ザ レコード × 3
10/13 ACE COMBAT ASSAULT HORIZON ○ 6
12/15 CROSS†CHANNEL ○ 12
10/20 Dead Island ○ 20
10/20 Dues Ex: Human Revolution ○ 24
10/27 Warhammer 40,000: Space Marine × 1
10/27 マヴラブ オルタネィタブ ○ 8
10/28 STEINS;GATE 8bit ○ 4
10/31 Harms Way ○ 1
11/2 Battlefield 3 ○ 7
11/9 STORM of BULLET I - 新たなる戦場へ - プレイ中
11/10 INSTANT BRAIN ○ 20
11/10 迷宮クロスブラッド リローデッド ○ 92
11/17 Halo: Combat Evolved Anniversary × 0
11/17 Call of Duty: Modern Warfare 3 ○ 7
11/17 Saints Row: The Third ○ 24
11/23 BATMAN: ARKHAM CITY ○ 16
12/1 Ever17 ○ 10
12/6 Fallout New Vegas: Old World Blues ○ 6
12/8 METAL MAX 2 リローデッド ○ 48
12/8 The Elder Scrolls V: Skyrim ○ 72
12/8 Kinect: ディズニーランド・アドベンチャーズ 積みゲー
12/10 モンスターハンター3G ○ 44
12/13 Gears of War 3: RAMM's shadow ○ 4
12/15 ユアシェイプ フィットネスエボルヴ2012 積みゲー
12/22 ディヴィニティII ドラゴンナイトサーガ × 0

集計結果
プレイ本数 82本
クリア率 76%

合計プレイ時間 1119時間
(去年 1083時間 一昨年 1564時間)
合計獲得実績 23245

ジャンル分類
FPS/TPS 15
RPG 29
ADV 18
ACT 14
SLG 7
ETC 3

国別分類
国産 32
海外産 42
同人 8

日本語版ソフト 77本
外国語版ソフト 5本

お金
購入合計金額 439893
売却合計金額 211200
実費 228693


プレイ時間が1100時間前後で重なるってことは、やっぱりやり込みゲーが少ないのと、遊ぶ時間が減ったってことですかね。去年が、同時間で大したソフトが出なかったことを考えれば、今年の充実度は計り知れないものがあるが。余談だけど、1100時間は浪人生の1年間の勉強時間と同じぐらいだそうな。これを多いと見るか、少ないと見るか…。
[ 2011/12/31 11:46 ] 年末まとめ 2011年 | TB(0) | CM(0)

(ゲーム)2010年を振り返って

今年プレイしたゲームソフトのまとめ。最後にクリア率などを書いてます。

タイトル
機種、クリア状態、プレイ時間、備考の順。
備考に中古、借り物、フリーと書いてなければ新品で購入。

略語
箱○:XBOX360
XBLA:箱○でのDLソフト


Army of TWO : TFD
箱○ クリア済み 8

FINAL FANTASY XIII
PS3 クリア済み 32 PS3・ソフトを借りてプレイ

HEAVY RAIN 心の軋むとき
PS3 クリア済み 8 PS3借りてプレイ 中古

戦場のヴァルキュリア
PS3 未クリア 10 PS3借りてプレイ 中古

Demon's Souls
PS3 未クリア 5 PS3借りてプレイ 中古

ラスト・ピュリファイ
PC クリア済み 8 同人 フリー

NO MORE HEROES
箱○ 未クリア 2

東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚
PSP クリア済み 27

Splinter Cell: Conviction
箱○ クリア済み 8

METAL GEAR SOLID PEACE WALKER
PSP クリア済み 34

戦女神VERITA
PC クリア済み 44 エロゲー

円卓の生徒
PC 未クリア 28

NieR Gestalt
箱○ 未クリア 6

TROPICO 3
箱○ クリア済み 12

Alan Wake
箱○ クリア済み 12

Trials HD
XBLA クリア済み 10

Fifteen Hounds
PC クリア済み 16 同人

Just Cause 2
箱○ 未クリア 9

STEEL
PC クリア済み 30 エロゲー

さくっとパンダ
PC クリア済み 22 同人・フリー

RIOT ACT 2
箱○ クリア済み 8

Transformers: WFC
箱○ クリア済み 12 海外版

LIMBO
XBLA クリア済み 5

モンスターハンター フロンティア オンライン
箱○ 自分の中でクリア済み 100

悪魔城ドラキュラ Harmony of Despair 
XBLA クリア済み 10

METAL MAX 3
DS クリア済み 48 DSを借りてプレイ

すばらしきこのせかい
DS 未クリア 0 DS・ソフトを借りてプレイ

Lara Croft and the Guardian of Light
XBLA クリア済み 8

ドラゴンクエストⅨ
DS 未クリア 33 DSを借りてプレイ

Kane & Lynch 2: Dog Days
箱○ クリア済み 4

モンハン日記ぽかぽかアイルー村
PSP クリア済み 18

コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー
PSP クリア済み 8

女神異聞録デビルサバイバー
DS 未クリア 8 DSを借りてプレイ 中古

華ヤカ哉、我ガ一族
PSP 未クリア 3 中古

真・女神転生 STRANGE JOURNEY
DS 未クリア 48 DSを借りてプレイ 中古

12RIVEN -the Ψcliminal of integral-
PSP 未クリア 2

Dead Rising 2: Case 0
XBLA クリア済み 10

Halo: Reach
箱○ クリア済み 8

FRONT MISSION EVOLVED
箱○ クリア済み 8

蒼い空のネオスフィア
PC 未クリア 6 借り物

遊戯王5D's TAGFROCE 5
PSP クリア済み 10

ガーネットクロニクル 紅輝の魔石
PSP 未クリア 0 中古

JEANNE D'ARC
PSP 未クリア 4 中古

ブレイズユニオン
PSP 未クリア 8 中古

キナナキノ森
PC クリア済み 5 同人・フリー

Dead Rising 2
箱○ クリア済み 12

英雄伝説 零の軌跡
PSP クリア済み 50

Red Dead Redemption
箱○ 未クリア 10

H.A.W.X.2
箱○ クリア済み 8

Medal of Honor
箱○ クリア済み 8

VANQUISH
箱○ クリア済み 9

Scott Pilgrim vs. the World
XBLA クリア済み 6

Fable Ⅲ
箱○ クリア済み 24

車輪の国、向日葵の少女
箱○ クリア済み 24

Civilization Ⅴ
PC クリア済み 12

遊戯王 5D's ディケイドデュエルズ
XBLA クリア済み 4

Fallout: New Vegas
箱○ クリア済み 62 殿堂入り

タクティクスオウガ 運命の輪
PSP クリア済み 24

Mafia Ⅱ
箱○ クリア済み 12

Call of Duty :Black Ops(字幕版)
箱○ クリア済み 7

DanceEvolution
箱○ クリア済み 12

モンスターハンター ポータブル 3rd
PSP クリア済み 87 殿堂入り

Assassin's Creed: Brotherhood
箱○ 未クリア 4

Castlevania ~Lords of Shadow~
箱○ 未クリア 1

YOUR SHAPE FITNESS EVOLVED
箱○ 積ゲー 0

迷宮クロスブラッド
PC プレイ中 12

電脳戦記バーチャロン フォース(限定版)
箱○ クリア済み 2 殿堂入り

Deda Rising 2: Case West
XBLA クリア済み 2 

この世で最も残酷なキス
PC クリア済み 4 同人 フリー

以上、69本


集計結果

プレイ本数 69
新品本数 52
中古本数 10
フリー本数 4
借物本数 3

機種別
箱○ 36
PSP 13
PC 11
DS 5
PS3 4

クリア率
全クリア率 72%
新品クリア率 84%
中古クリア率 10%
借物クリア率 33%
フリークリア率 100%

合計プレイ時間 1083時間
去年 1564時間

ジャンル分類
FPS/TPS 12
RPG 14
ADV 13
ACT 18
SLG 9
音楽 1
その他 2

国別分類
国産 42
海外産 27

日本語版ソフト 68本
外国語版ソフト 1本

お金
購入合計金額 348947
売却合計金額 153390
実費 195557

プレイ時間ランキング
モンスターハンター ポータブル 3rd 87時間
Fallout: New Vegas 62時間
英雄伝説 零の軌跡 50時間
METAL MAX 3 48時間
戦女神VERITA 44時間

感想
2010年はとにかく海外産のローカライズが多く、英語を翻訳しながらのプレイが皆無であり、非常に頭に優しい年であった。必死に辞書を引きながら個人輸入し、さらに辞書を引きながらプレイしていた頃とは比較にならないほど、海外産ゲームの認知度が上がっており、良質な海外産ソフトが日本語で遊べるのは嬉しいことだ。去年と比較して500時間以上プレイ時間が減っているところをみると、やりこみ系は少なくなっているのかもしれないな。国産ソフトも、名作と呼ぶに相応しいソフトは皆無であったが、佳作クラスのソフトは多く発売されており、値段相応に遊べたと思う。ゲーム業界も据置機、携帯機、電話と市場が分散しており、旨味が少なくなりつつあるが、潰れない程度に面白いソフトを発売してほしいものだ。

来年は『TDU2』、『TES5』、『Dragon Age2』、『Mass Effect3』、『Gears of War 3』、『DiabloⅢ』(でるのか?)、『英雄伝説○の軌跡』、『Deus Ex』と期待の続編が勢揃いしており、続編好きには楽しそうな年になりそうである。

「来年は吟味してからソフト買おう…お金はともかく時間が…」
[ 2010/12/31 11:26 ] 年末まとめ 2010年 | TB(0) | CM(0)
プロフィール



コアプレイヤー。クリア後、もしくはクソゲーと判断後に即売却する派。

所持ハードは
・ゲーミングPC
・XboxOne(北米版)
・WP7(IS12T)
・WP8(NOKIA Lumia 930)
・Android(302SH)
・New 3DS LL
・Nintendo Switch

ソフトは楽しめればジャンル不問、同人ソフト、外国産ソフト、大人向けソフト、女性向けソフトなども偏見無しにプレイ。トラウマがあるので、オンライン対戦はしない。

プレイ後、理系のレポートのようなレビューを書いています。

ゲームとは直接関係ないですが、『トランスフォーマー』シリーズ大好きです。特にG1。

当ブログはリンクフリーです。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
購入予定ソフト(3/29更新)
自分用の購入予定ソフト一覧。
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。
マークは海外での発売日です。
のマークがついているソフトは
18歳未満購入不可能ソフトです。
18歳未満は閲覧しないで下さい。


11/10 Tyranny
てぃらーに


4/20 ファイアーエムブレム
もうひとりの英雄王


5/27 天結いCマイスター
エウシュリー第18弾


6/22 アライアンス・アライブ
アラアラ


6/29 ラジアントヒストリア
パーフェクトクロノジー
クラウドファンディング
自分が出資したソフトまとめ
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。

Pillars of Eternity
出資日:2012/10/8
出資額:$140
発売日:2015/3/26

Project Phoenix
出資日:2013/9/4
出資額:$120

Mighty No. 9
出資日:2013/9/2
出資額:$60
発売日:2016/6/21

Bloodstained: Ritual of the Night
出資日:2015/5/13
出資額:$120

Tokyo Dark
出資日:2015/5/30
出資額:$15

マイクラサーバー
出資日:2015/8/19
出資額:2000円
発売日:失念

Divinity: Original Sin 2
出資日:2015/8/28
出資額:$26
発売日:2016/9/16

PILLARS OF ETERNITY II
出資日:2017/2/21
出資額:$45
発売日: