箱○が好きじゃけぇの

わしゃ箱○(Xbox360とXbox One)が好きなんよ。じゃけぇ、箱○ソフトについて書いとる。割合は少ないけど箱○以外も書いとるけぇね!(箱○ソフトのレビューがメインじゃけぇ)

Borderlands: The Pre-Sequel

『Borderlands: The Pre-Sequel(ボーダーランズ プリシークエル)』をプレイした。

(←画像をクリックすると公式サイトに飛べます)

タイトルから解る通り『Borderlands』シリーズ。

時系列は

『Borderlands』

『Borderlands: The Pre-Sequel』

『Borderlands 2』


概要
ハクスラ系FPS


ストーリー
月を救え!



美点
本作は『2』とシステムが一部変更されFPSではあるがスポーツ寄りだ。月面設定上、空気が無く酸素を考慮しながらの戦闘。酸素キットを活かしたブーストなどスポーツ系FPSに代表される操作を重点的に行いながら攻略していく。この要素が今作の良さだ。特に戦闘の幅の広がりがある。『2』までは平面移動での戦闘がメインで高低差はさほど気にする必要がなかったが、今作ではブーストからの近接攻撃など敵味方混ざっての動ける範囲が拡大しており、お祭り的な展開になりやすい。この辺が如何にも『Borderlands』だ。当然、攻撃方法も変化しておりブーストジャンプからの着地攻撃など一気に距離を詰められる展開も斬新。近接、遠距離問わず戦いながらのアイテム収集は実にハクスラ系FPSだ。使用キャラにクラップトップがいるのもファンには堪らない。


欠点
言い方は悪いがファンディスクの枠を抜け出せていない。シリーズをプレイしていないとキャラが全く解らない。ミッションも雇われているからかお使いで単調。



相性
シリーズ好きにのみお勧め。本シリーズが気になる方はセーブデータ特典もあるので前作をお勧めする。ゴア表現はマイルドだけど気になる方は注意。


実績と時間
実績は、クリアして400前後。
時間は、8割方サブクエストを消化してメインストーリーをクリアして24時間前後。



個人的感想
面白いけど途中で飽きた。前にもプレイしたなぁと思うクエストが多い。ハクスラの醍醐味は味わえるけど、ストーリーが前日譚なのでどうにも感情移入できない。キャラ忘れているのも問題か。とはいえゲームとしては面白くできているのでそこは大丈夫。ハクスラ系FPSしたい方はどうぞ。
スポンサーサイト
[ 2014/11/08 17:05 ] レビュー Xbox360 | TB(0) | CM(0)

TOMB RAIDER

『TOMB RAIDER(トゥームレイダー)』をプレイした。

(←画像をクリックすると公式サイトに飛べます)

タイトルから分かる通り『Tomb Raider』シリーズ。

時系列は

『TOMB RAIDER』(本作)

『Rise of the Tomb Raider』(次回作)

『Tomb Raider』シリーズ


概要
探索系アクション


ストーリー
島から脱出しろ!



美点
本シリーズの魅力は探索にあるのだが本作も例に漏れず探索メインだ。冒険者になる前の主人公を描いているため、とんでもないギミックを攻略したりすることはないが、マップの隅々まで探索しつつのアイテム収集。ちょっと頭を使う謎解きと押さえる点は押さえている。戦闘も抜かりなくTPSとして充分に楽しめる。ドラマ的な演出を施しながら、細部までちゃんと作られている点は評価できる。あどけなさの残る主人公が成長していく過程もファンには堪らないだろう。無論、シリーズ未経験者でも楽しめる。戦闘、探索と緩急つけていて飽きさせないのも流石。

欠点
TPSのためかアクションが平凡。従来の無茶なジャンプなどは体験できない。プレイヤーによっては制約が多いと感じられる。



相性
従来のアクション性を期待していると肩透かしを食らう。あくまでもTPS系の探索ゲー。とは言え、作りは良いのでシリーズ好きなら楽しめる。シリーズが初プレイの人にもお勧め。謎解きも簡単なのでデビュー作には向いている。一方でグロシーンや流血もあるので苦手な方は注意。


実績と時間
実績は、収集などを無視してストーリーを進めて400前後。収集とマルチを独りで頑張る気があれば900は固い。
時間は、クリアして15時間前後。



個人的感想
セールの時に購入して積みっぱなしだったソフト。プレイしてみると意外の他面白くすぐにクリアした。ララの初々しさや2丁拳銃へと変わる瞬間などシリーズ既プレイ者であれば感慨深いものがある。舞台が日本なので収集物も日本ちなんだものが多く楽しめた。収集物が日本に関係あると言えば『FarCry3』だけど、本作もまさにそんな感じだ。そして、まさかの続編発表。本作はギリギリ黒字だったらしく、次回作は見込めないと思っていただけに嬉しい発表。ただ、時限独占はしなくて良いかなぁと。どうせなら箱○版と箱1版とPC版は同時に出して欲しい。『Titanfall』みたいに箱の後にPCだとPCユーザーが気の毒だし、ゲームの内容を一緒に語れないのは残念だ。
[ 2014/08/17 22:07 ] レビュー Xbox360 | TB(0) | CM(0)

Magic 2015 Duels of the Planeswalkers

『Magic 2015 Duels of the Planeswalkers(マジック デュエルズ オブ ザ プレインズウォーカーズ)』をプレイした。

(←画像をクリックすると公式サイトに飛べます)

タイトルから解る通り『Magic: The Gathering - Duels of the Planeswalkers』シリーズ。前作『2014』のレビューはこちら


概要
カードゲーム『Magic: The Gathering』の入門用ゲーム


ストーリー
パッケの絵の人物から逃げろ!



美点
本作はカードゲーム『Magic: The Gathering』(以下MTG)の入門用ソフトだ。カードゲームの性質上、対人戦がメインとなり、実際に遊んではみたいが見知らぬ他人は苦手な方にお勧めできるソフトとなっている。簡単操作で基本的なルールが学べ、数多くのカードをプレイできる。音声付きの丁寧な解説、学んだルールを即実践できるストーリーキャンペーン、対人戦も可能なオンライン、現実でカードがもらえるプロモーションキャンペーンと入門ソフトとしては素晴らしい作りだ。販促用ソフトは見た目だけの物が多い中、何度もリリースされているソフトだけあり、徐々にUIが洗練されている点も評価したい。また、従来では不可能であった0からのデッキ構築も可能になっており、デッキビルダーとしても使用できる。繰り返しになるが入門ゲームとしては実に良い出来だ。


欠点
従来より改善されているとは言え、ロードの遅さ、レスポンスの悪さは健在。カードゲームの性質上、相手が長考するため時間がある程度とれないとプレイするのがきつい点もマイナス評価だ。



相性
『MTG』に興味のある方、実際に遊んだことがある方には文句なしでお勧め。ジェイスなどのキャラが好きな方にも合う。至極当然だが『MTG』に興味が無ければ苦痛ゲーでしかないのでお勧めしない。実績解除ソフトとしては対戦100回が含まれるため、よっぽどの対戦好きでない限りお勧めしない。


実績と時間
実績は、クリアして50前後。対戦実績以外は解除方法が解れば簡単。
時間は、ストーリーキャンペーンをクリアして10時間前後。デッキ構築とプレイングでかなり変わる。



個人的感想
毎年発売されるので、遊んでいるシリーズ。引退して長いが新しいカードを見るの楽しいのでやっぱりプレイしたくなるソフト。狂った性能のカードを見て驚いたり、ブースター(カードパック)を開けて、クソレアカードを引いてはがっかりできるのは相変わらず。ゲームとしては特に進化もないが、安定してデュエルを楽しめるのは良いことだ。現役プレイヤーよりも自分みたいな引退組のほうが楽しめるかもしれない。と言うのも実際の勝負だと簡単なプレイ手順もゲームだと複雑化してしまうので、煩わしいことも多いと思われる。あとはプロモカードが貰えることか?前回まではPC版と箱○版で貰えるカードが異なっていたが、今回はどうなのだろうか?こうやってプレイ人口を増やそうとする姿勢は大切だと思う。次の『Magic 2016』が楽しみである。箱1版も販売されるようなので、購入するのもありかな。
[ 2014/07/22 12:33 ] レビュー Xbox360 | TB(0) | CM(0)

Watch Dogs

『Watch Dogs(ウォッチドッグス)』をプレイした。

watchdogs.jpg(←画像をクリックすると公式サイトに飛べます)


概要
サイバーパンクな『Assassin's Creed』

ストーリー
復讐を果たせ



美点
本作の楽しさはスマートフォンを用いての様々なハッキング要素だろう。目的達成のためにターゲットの位置を割り出して追跡を行う、カーチェイスで相手をクラッシュさせるために信号機を操作する、銃撃戦で有利になるために停電を起こす、ステルス時の情報収集にカメラを遠隔操作するなど如何にもサイバーな感じの攻略法が可能になっており、目新しさとパズル性も相まり凝った仕様になっている。スマホ1台で状況をひっくり返すのは万能感があり妙に弄りたくなるだろう。また、全てのハッキングが最初から可能ではなく徐々にできることが増えていくなかでの運用はかなり戦術性にも富んでいると言える。良い意味で新要素が綺麗に纏まった作品であり、同社製作の『Assassin's Creed』とは差別化が図られており、ハッカーとして街を駆け抜けたい人にお勧めのソフトだ。

欠点
リトライ時のロードが長い。サブミッションで指示ミスが何ヶ所かある。カメラワークが若干甘い。ボス戦での会話が長い上に死亡すると最初から聞かなくてはならない。



相性
世界観が合う方にはお勧め『Assassin's Creed』のアニムスがかっこ良いと思われた方や『Deus Ex: Human Revolution』が好きな方には非常に合う。逆にサイバーパンクな世界観が嫌いな方には手間の多い箱庭でしかないのであまりお勧めしない。ストーリーも地味。

実績と時間
実績は、メインストーリーをクリアして、サブミッションなどを埋めて800前後。オンライン必須実績あり。
時間は、ストーリーをクリアして、サブミッションを埋めて40時間前後。



個人的感想
最初はかったるい印象な作品だったけど、途中から面白くなり結局、サブミッションを含めて全部終わらせた。基本的にやっていることはスマホの操作だけなのに、なんかこう、続けたくなる気持ちになるソフト。あまり期待せずにプレイされたほうが楽しめるかもしれない。『Assassin's Creed』の敵会社のCEOが出てきたり、『RAYMAN』をプレイしている市民がいたりと同社のゲームをプレイしているとニヤッとできる要素があるのも良い。これでもう少しストーリーが面白ければなぁと。なんていうかほとんどお使いさせらているだけなので地味。とは言え、ゲームとしてはよくできているので箱庭ゲーが好きな方はプレイしてもらいたい。
[ 2014/07/08 16:47 ] レビュー Xbox360 | TB(0) | CM(2)

剣の街の異邦人

『剣の街の異邦人』をプレイした。

(←画像をクリックすると公式サイトに飛べます)

時系列は

『円卓の生徒』

『剣の街の異邦人』

『デモンゲイズ』


概要
エクスペリエンスDRPGの集大成

ストーリー
異世界に迷い込んだので現代に帰ろう!



美点
本作はDRPGメーカーとして高い評価を誇るエクスペリエンスが製作した難易度の高いDRPGだ。自由度の高いキャラメイク、キャラが死亡すればロストが近づく恐怖感、それに伴う戦闘の緊張感と戦術性、DRPGの醍醐味であるアイテム収集、そして、ストレスフリーな戦闘仕様とどれをとっても隙が無く、非常に高いレベルで纏められている。キャラメイクはポートレイト式であり、自分好みのキャラを製作でき、思い入れが深まること間違いなし。男性キャラでも女性の声を選択可能であり、色々な意味で好きなキャラを製作可能だ。システムとして練り込まれたロスト仕様は『Wizardry』を彷彿とさせる。死亡→即ロストとはならないが、その後の戦闘では常にロストを考慮して戦術を組み立てる必要がある。これが頭を悩ます仕掛けだ。無論、回復も可能なのだが回復期間はそのキャラが前線離脱してしまい、代理キャラが必要となる。これもパーティの編制に頭を悩ますことにあるだろう。これらを含めての戦闘での戦術性、キャラ運用が楽しく、試行錯誤を繰り返して誰も死亡することなくボス戦を突破した際の達成感はDRPGならではだ。アイテム収集も宝箱の解錠がワクワクタイムとなっている。レア度の高い宝箱を開ける際の高揚感はまさにハクスラだ。何度も何度も開けたくなるバランスも素晴らしい。極めつけは高速戦闘だ。大抵のソフトであればエフェクトカットやメッセージスキップ程度だが、本作は本当に高速化されており一瞬で戦闘が終わってしまう。プレイ時には驚愕してしまうだろう。一瞬で終わるならば、戦術を見誤れば一瞬でパーティが瓦解することもあり得るのだ。一瞬でゲームオーバーになる絶望感もこれまた堪らない。あまりにも良い点が多く、詳細をさらに書きたいところだが冗長なきらいが見えるのでここで終わりにする。


欠点
ダンジョンが長く、帰還アイテムもレア品なため、まとまった時間がとれないと探索が進まない。再開したらセーブが消える中断機能は欲しかった。中盤以降はスペルを使用する回数も多く、スペルへのショートカットも欲しかった。



相性
DRPGが好きなら絶対に購入すべきだ。同社製作の『円卓の生徒』や『迷宮クロスブラッド』が合った方にもお勧め。一方で、シナリオはシリアス風味なので苦手な方は注意。難易度もかなり高くDRPG初心者には向きにくい。なお『円卓の生徒』をプレイしていなくても本作に支障はない。プレイしていると多少世界観やキャラが解る。

実績と時間
実績は、1週して900前後。狙わなくても大抵の実績はクリアの過程で解除される。節目に解除されるので実績バランスも良い。
時間は、ストーリーをクリアして60時間前後。アイテム収集やクリア後のダンジョンを考えると80時間前後は必要。

g

個人的感想
実に面白かった。時間を忘れて毎日10時間ぐらいプレイしていた。戦術をミスって一瞬でパーティが全滅し1時間がパァなんてことも多発し、実に難しいDRPGで良かった。ダンジョン探索も楽しく、ついついマップを隅々まで埋めてしまいたくなる。本当にDRPGの良さを詰め込んだ名作。長い間、待ったかいがあった。マルチエンドなので何度も遊べるのも嬉しい。ハクスラは周回プレイでも初回と同じように楽しめるのが良いよね。PC版の発売も楽しみです!
[ 2014/06/25 08:39 ] レビュー Xbox360 | TB(0) | CM(1)
プロフィール



コアプレイヤー。クリア後、もしくはクソゲーと判断後に即売却する派。

所持ハードは
・ゲーミングPC
・XboxOne(北米版)
・WP7(IS12T)
・WP8(NOKIA Lumia 930)
・Android(302SH)
・New 3DS LL
・Nintendo Switch

ソフトは楽しめればジャンル不問、同人ソフト、外国産ソフト、大人向けソフト、女性向けソフトなども偏見無しにプレイ。トラウマがあるので、オンライン対戦はしない。

プレイ後、理系のレポートのようなレビューを書いています。

ゲームとは直接関係ないですが、『トランスフォーマー』シリーズ大好きです。特にG1。

当ブログはリンクフリーです。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
購入予定ソフト(5/3更新)
自分用の購入予定ソフト一覧。
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。
マークは海外での発売日です。
のマークがついているソフトは
18歳未満購入不可能ソフトです。
18歳未満は閲覧しないで下さい。


11/10 Tyranny
てぃらーに


5/27 天結いCマイスター
エウシュリー第18弾


6/22 アライアンス・アライブ
アラアラ


6/29 ラジアントヒストリア
パーフェクトクロノジー


7/21 スプラトゥーン2
イカ
クラウドファンディング
自分が出資したソフトまとめ
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。

Pillars of Eternity
出資日:2012/10/8
出資額:$140
発売日:2015/3/26

Project Phoenix
出資日:2013/9/4
出資額:$120

Mighty No. 9
出資日:2013/9/2
出資額:$60
発売日:2016/6/21

Bloodstained: Ritual of the Night
出資日:2015/5/13
出資額:$120

Tokyo Dark
出資日:2015/5/30
出資額:$15

マイクラサーバー
出資日:2015/8/19
出資額:2000円
発売日:失念

Divinity: Original Sin 2
出資日:2015/8/28
出資額:$26
発売日:2016/9/16

PILLARS OF ETERNITY II
出資日:2017/2/21
出資額:$45
発売日: