箱○が好きじゃけぇの

わしゃ箱○(Xbox360とXbox One)が好きなんよ。じゃけぇ、箱○ソフトについて書いとる。割合は少ないけど箱○以外も書いとるけぇね!(箱○ソフトのレビューがメインじゃけぇ)

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』をプレイした。

レビューを書くまでもなく至高のオープンワールド。

『ニンテンドースイッチ』を所持していて、オープンワールドが苦手で無ければ絶対に購入すべし!

面白さはプレイすれば即座に理解できる。
スポンサーサイト
[ 2017/03/28 21:51 ] レビュー 任天堂系 | TB(0) | CM(0)

BIOHAZARD 7 resident evil グロテスクVer.

『BIOHAZARD 7 resident evil グロテスクVer.』をプレイした、


(↑画像をクリックすると公式サイトに飛べます)

タイトルから解る通り『バイオハザード』シリーズ。


概要
FPSサバイバルホラー


ストーリー
廃屋から脱出せよ!



美点
本作は『バイオハザード』シリーズではあるが、ゲーム形態を一新しFPS(一人称視点)になっている。そのため一人称視点からのホラー演出はラジコン操作視点やTPSの追随を許さず直にプレイヤーに反映する。故に、1つの驚愕演出や些細な影の移動ですらプレイヤーに恐怖心を与える。これはFPSならではの醍醐味であり、ホラー系が好きな方には堪らない演出であろう。一方でサバイバルホラーのジャンルの例に漏れず、恐怖と攻めの緩急はつけてあり、プレイヤーは無力ではなく、資源活用をしながら道を切り開けるのは嬉しい。派手に銃を撃ち、弾切れになって後悔するも良し、逃げ回りホラー性を追求するも良しと、かなりプレイの幅は広い。FPS全般に言えることではあるが、隠しアイテムを発見した際の達成感もある。左右の視界やキャラの後方が見えるTPSとは異なる趣と言える。どちらかと言えば普段FPSをプレイしない方には恐怖演出を堪能してもらえるだろう。


欠点
ロードが長い。視点が前寄り過ぎて酔いやすい。普段FPSをされている方のほうが後方視点になれている分だけ酔いやすいだろう。美点の反対になるのだが、恐怖演出とFPSの射撃のバランスが合わない部分も多い。「見えている=ほぼ対処できる」になっており、視界に入れた瞬間、ホラーではなくなると言うべきか。これは体験されたほうが早いかもしれない。勿論、気にならない方は気にならない欠点。



相性
ゲーム版『SAW』や映画『クライモリ』シリーズが好きな人にはお勧め。そのままなので。逆に、ガチガチのホラーやゾンビを殲滅爽快FPSを求める人には合わない。FPS酔いする人もお勧めしない。中間のホラー演出を味わいながら、銃で何とかしてみたい人向け。体験版があるので、一度遊んでから合えば購入しても良いかもしれない。


実績と時間
実績はクリアして、400前後。マルチエンディングや収集系実績もあり。
時間は、クリアまで8時間前後。FPS慣れしていればボス戦で苦戦することはないのでさらに短縮される。



個人的感想
取り合えずクリアしました感が強いソフト。ホラー演出もお約束、登場人物もお約束、ラスボスもお約束とホラー映画の良いとこ取りをして、FPSに仕上げたようなソフトで、武器を入手するまでの恐怖感はなかなかだった。しかし、如何せんカメラが前寄りなのと、撃っていて面白くないFPSと「なんだかなぁ」感は否めない。プレイヤーのエイム次第で難易度が大幅に変わるので、評価は別れる。初期『バイオ』みたいに、上手く操作できなくて死んだりする辺りが一番楽しいかもしれない。良い意味でも悪い意味でもプレイヤーを選ぶソフト。グロテスクVerはグロい?ので、駄目な人は通常版。実績は別実績なので2つプレイすると美味しい。
[ 2017/01/27 18:20 ] レビュー XboxOne | TB(0) | CM(0)

Shadow Tactics: Blades of the Shogun

『Shadow Tactics: Blades of the Shogun』をプレイした。

(↑画像をクリックするとSteamサイトに飛べます。公式と違い日本語説明有り)


概要
舞台が日本の『コマンドス』(90年代のプレイヤー用)
スニークRTS

ストーリー
暗躍するカゲサマを倒せ!



美点
本作は、見下ろし型のスニーク系のストラテジーだ。忍者、くノ一、侍、忍者見習い、火縄銃狙撃手の5人を操作しながら任務を遂行していく。スニーク系だけあり、見つかれば即座にキャラが殺され、まともに突っ込んでは攻略不可能であり、如何に忍べるかがポイントとなる。この忍(しのぶ)要素が実に戦術的であり本作の魅力だ。敵に視角範囲が設定されており、そこを掻い潜りながら敵を倒すかを考えるのだ。敵雑兵Aを死角から殺しても、別の敵雑兵Bに死体を発見されれば援軍を呼ばれ万事休す。ならば、

くノ一の色仕掛けで敵Bの視線を反らしておき、その間に忍者が死角から敵Aを葬り、死体を茂みに隠す!

と言ったような連携プレイを取りつつ、一人一人確実に葬り、徐々に攻略していく。一見不可能に見える敵の配置であっても、各々のスキルや環境要因(崖から岩を落とし事故死に見せかける、屋根から急襲、牛をけしかける等)を駆使すれば突破可能だ。徐々に攻略していき、最終的にステージをクリアした際の達成感はかなりのもので、病みつきになると言えよう。実に素晴らしい感情なので、是非とも味わって頂きたい。また、本作は日本語ローカライズされており、XBOXコントローラーも使用可能とかなり操作性も良く、オススメしやすい。所々、変な日本語もあるが、それもまた味があると言えよう。


欠点
ステージはかなり緻密に製作されているのだが、屋根から降りたらハマる場所や、歩けそうで歩けない場所などがある。特にハマりは操作不能になりロード必須なのが残念。それ以外は欠点と言える欠点もなく、UIも使いやすい。



相性
『コマンドス』系が好きなら購入して損はしない。また、初めてプレイされる方にも、取っつきやすいソフトなのでオススメしやすいが、一方で、パズル的なものが嫌いな方には敷居が高い。理不尽な要素をどう攻略するかがキモなので、そこが好きかどうかであかなり評価が分かれるだろう。

実績と時間
Steam実績はクリアして半分程度。ある程度狙って取る必要あり。
クリア時間は、『コマンドス』系をプレイ済みなら24時間前後、未プレイでも36時間前後でクリアできる。



個人的感想
実に面白かった。今年のベストゲームの1つ。来年には箱1でも発売されるので、間違いなく購入する。『コマンドス』系は久々でプレイしがいがあった。10年以上プレイしていないので、思い出補正が入っているとは言え、ソフトの出来は抜群なので、皆様に是非お勧めしたいソフト。この手のジャンルが数年置きに発売されれば、嬉しいのだが、作り込みから考えても中々難しそうではある。何度も名称を出している『コマンドス』は海外版が安価に入手可能なので興味が沸いた方は手にとってもらいたい。10年以上前のソフトなので、グラフィックは古くさいが、スニーク系RTSとしては一級品。個人的には初代と2作目をオススメし。3作目の『コマンドス ディスティネーションベルリン』は高低差があり、あまり一般向けではなく、衰退した原因の一つでもあるので・・・。本当、面白かった!早く、箱1版が出て欲しい。実績コンプ目指して頑張る!(タイムアタック系苦手なのでコンプできるか怪しいけど・・・)
[ 2016/12/14 10:03 ] レビュー PC・同人 | TB(0) | CM(0)

Ghost 1.0

『Ghost 1.0』をプレイした。

(↑画像をクリックするとSteamのサイトに飛べます)

概要
SFチックなメトロドイドヴァニラ


ストーリー
宇宙ステーション中村を探索せよ!



美点
石村ではなく中村を探索するアクション。探索アクションよろしく、自キャラを強化しつつ探索範囲が拡大するのは当然として、本作には独自要素が多く、これが探索とパズルアクションの幅を広げている。基本的に日本のアニメやゲームをリスペクトしていることから、キャラの能力も何処か見たものが多い。例えば、主人公による敵ロボットのハッキングだ。自キャラを置き去りににして敵ロボットに入り込み自由自在に動かすことができる。単純にドアロックの解除から、同士討ち、自殺で脅威を排除と言ったゲーム『攻殻機動隊』のような楽しみ方ができる。武器も豊富にあり、最適運用を模索しつつ、探索していくのは流石だ。特定条件を満たすことで出現するアイテムを集めることで、自キャラ強化もでき、探索性を増しているのも評価できる。他にもスキル「こんにちは」やオムニ社のメックなど日本人好みのシチュエーションが多数存在し、妙に日本人にお勧めできるソフトだ。ネタに走りがちな本作ではあるが基幹部分は凄まじく作り込まれており、頻繁にアップデートされているのも高評価。

欠点
アイテム購入後、セーブしないとドロップしてしまう。これは極悪で折角購入したアイテムも死なずにセーブポイントまで持ち帰られないとロストしてしまう。一応、死んだ場所は解るので、ロスト前に取り戻すことは可能だが、即死ゾーンなどで死亡した場合は、どうにもならず、非常に不満が鬱積する。所謂、アイテム取得後の死に戻りもできず、どうにも探索系と噛み合っていない。ヴァージョンアップ前はセーブポイントですら回復されないなどの極悪仕様だったのが改善されたので、今後のヴァージョンアップ次第では改善されるかもしれない。



相性
ヴァージョンアップで多少緩和されたが、それでも難易度は高い。アイテム説明やストーリーは簡単な英語なので中学生レベルの英語力があれば問題ないとは思うが、それでもローカライズされていないので、英語が苦手な方は注意。それらを踏まえて、SFチックな探索アクションを遊びたい方であれば文句無しでオススメ。


時間
クリアして、13時間前後。ほとんど隠しアイテムなどを見つけていないので、100%を狙うと24時間ぐらいか?



個人的感想
日本人の美徳、「こんにちは」のお辞儀ができないだけで殺される希有なソフト。敵味方の判別が挨拶なのがなんともシュール。映画『ロボッコプ2』のオムニ社(日本企業)製メックも登場し、妙に懐かしさと、でたらめな強さを実感できる。石村ではなく中村なのがなんともね。敵ロボットをハックしながらの探索などはよくできていると思う。ゲーム『攻殻機動隊』の時はそこまで動かせなかったので、これだけ動かせると実に楽しい。キャラもバタ臭くないので、とっつきやすくはあると思う。うん、オススメ。安価だし。
[ 2016/06/11 15:20 ] レビュー PC・同人 | TB(0) | CM(0)

Axiom Verge

『Axiom Verge』をプレイした。

(↑画像をクリックすると公式サイトに飛べます)


概要
レトロなメトロイドヴァニラ


ストーリー
気がついたら異世界



美点
本作は、探索型アクションADVだ。異世界に飛ばされた主人公を操作しながら、脱出および異世界の謎を解いていくことになる。概要から分かるとおり、主人公や武器を強化して、ボスを倒しながら探索可能範囲を広げるソフトなのだが、このバランスが実に良いのだ。そこそこの難易度、豊富に用意された武器、コンプを目指したくなる蒐集性と抑えるべき点は全て抑えてある。特にいやらしく隠された通路や隠しアイテムを見つけた際の高揚感は格別だ。難易度からの達成感も折り紙付き。まさに美点だらけのゲームなのだが、実際、よくできている。安価な点も加味できる。的を射ない大雑把な書き方ではあるが、本作はレビューを見て云々よりは自分で、プレイしてその楽しさを実感してもらいたい作品だ。


欠点
特に欠点らしい欠点もない。敢えて重箱を突くなら、アイテムの説明がわかり難い。実際に使用するまでピンとこないのだ。また、キーセッティングが可能なのならば、特殊動作もボタンに割り当ててほしかった。終盤の高速入力などはコントローラーによってはかなりめんどくさい部分がある。



相性
『メトロイド』や『キャッスルヴァニラ』系なので、同系が好きな人にはオススメ。一方でそれなりの難易度、コントローラーの高速操作などが必用になる場面があるので、アクションが苦手な方にはお勧めしにくい。


時間
だらだら探索後クリアして12時間前後。



個人的感想
実に面白かった。久々にメトロドイドヴァニラをプレイしたこともあるが、探索可能範囲が広がりつつ、主人公が強化され苦戦した敵を蹂躙できるのは中々の爽快感。ボスも歯ごたえがあり、トライ&エラーで攻略していくのが良かった。オススメなタイトルです。レトロ調が嫌いでなければ是非!
[ 2016/06/09 10:09 ] レビュー PC・同人 | TB(0) | CM(0)
プロフィール



コアプレイヤー。クリア後、もしくはクソゲーと判断後に即売却する派。

所持ハードは
・ゲーミングPC
・XboxOne(北米版)
・WP7(IS12T)
・WP8(NOKIA Lumia 930)
・Android(302SH)
・New 3DS LL
・Nintendo Switch

ソフトは楽しめればジャンル不問、同人ソフト、外国産ソフト、大人向けソフト、女性向けソフトなども偏見無しにプレイ。トラウマがあるので、オンライン対戦はしない。

プレイ後、理系のレポートのようなレビューを書いています。

ゲームとは直接関係ないですが、『トランスフォーマー』シリーズ大好きです。特にG1。

当ブログはリンクフリーです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
購入予定ソフト(8/26更新)
自分用の購入予定ソフト一覧。
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。
マークは海外での発売日です。
のマークがついているソフトは
18歳未満購入不可能ソフトです。
18歳未満は閲覧しないで下さい。


11/10 Tyranny
てぃらーに


8/29MARIO+RABBIDS
KINGDOM BATTLE


9/28 OCCULTIC;NINE
xbox iconオカルト


10/26 真・女神転生
icon_3ds.gifDEEP


10/27 マリオ オデッセイ
スーパー


11/3 Call of Duty
xbox iconWWⅡ


11/7 XboxOne X
xbox iconハード


11/7 Crackdown 3
xbox iconクラックダウン


2/27 Far Cry 5
xbox iconファークライ
クラウドファンディング
自分が出資したソフトまとめ
タイトルをクリックすると
公式サイトに飛べます。

Pillars of Eternity
出資日:2012/10/8
出資額:$140
発売日:2015/3/26

Project Phoenix
出資日:2013/9/4
出資額:$120

Mighty No. 9
出資日:2013/9/2
出資額:$60
発売日:2016/6/21

Bloodstained: Ritual of the Night
出資日:2015/5/13
出資額:$120

Tokyo Dark
出資日:2015/5/30
出資額:$15

マイクラサーバー
出資日:2015/8/19
出資額:2000円
発売日:失念

Divinity: Original Sin 2
出資日:2015/8/28
出資額:$26
発売日:2016/9/16

PILLARS OF ETERNITY II
出資日:2017/2/21
出資額:$45
発売日: